国立研究開発法人新エネルギー・産業技術総合開発機構の業務運営、財務及び会計並びに人事管理に関する省令の全文・条文

このような背景のもと、国立研究開発法人新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)は、「カーボンリサイクル実現を加速するバイオ由来製品生産技術の開発」プロジェクトの研究開発項目【1】および【2】の実施者を公募し、3件のテーマを採択しました。

ムーンショット型研究開発事業

本部は。

Next

産総研:国立研究開発法人 産業技術総合研究所、国立研究開発法人 新エネルギー・産業技術総合開発機構、国立大学法人 熊本大学と熊本県が新産業創出促進による創造的復興に関する協定を締結

)の取締役、会計参与、執行役、業務を執行する社員、会社法(平成十七年法律第八十六号)第五百九十八条第一項の職務を行うべき者その他これらの者に相当する者及び使用人 三 その他監事が適切に職務を遂行するに当たり意思疎通を図るべき者 3 前項の規定は、監事が公正不偏の態度及び独立の立場を保持することができなくなるおそれのある関係の創設及び維持を認めるものと解してはならない。 変更した際には当サイト上に掲示します。 アルコール製造事業は許可制のもとに一般開放されるが、NEDOのアルコール製造事業は暫定的に継続された。

Next

産総研:国立研究開発法人 産業技術総合研究所、国立研究開発法人 新エネルギー・産業技術総合開発機構、国立大学法人 熊本大学と熊本県が新産業創出促進による創造的復興に関する協定を締結

(監査報告の作成)第二条 機構に係る通則法第十九条第四項の規定により主務省令で定める事項については、この条の定めるところによる。 )」と、新法第27条第1号中「第15条」とあるのは「第15条及び改正法附則第2条第1項」と、附則第4条の規定による改正後の特別会計に関する法律(平成19年法律第23号)第88条第1項第2号中「ヨ 附属諸費」とあるのは「. 二 第3条 (独立行政法人石油天然ガス・金属鉱物資源機構法 (以下 「機構法」という。 2 前項の規定により機構が同項に規定する業務を行う場合には、新法第二十条の規定にかかわらず、機構に係る独立行政法人通則法(平成十一年法律第百三号)における主務大臣及び主務省令は、当該業務に関する事項については、それぞれ経済産業大臣及び環境大臣並びに経済産業省令・環境省令とする。

国立研究開発法人新エネルギー・産業技術総合開発機構の採用情報・募集要項

イ 中長期計画及び年度計画の実施状況 ロ 当該事業年度における業務運営の状況 ハ 当該項目に係る指標がある場合には、当該指標及び当該事業年度の属する中長期目標の期間における当該事業年度以前の毎年度の当該指標の数値. 略称 NEDO(ネド、 New Energy and Industrial Technology Development Organization)。

Next

国立研究開発法人新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)「ムーンショット型研究開発事業」の研究開発プロジェクトに採択されました。

)に限る。 第十八条 (昭和三十年法律第百七十九号)の規定(罰則を含む。

Next