「サーキュラー・エコノミー(循環型経済)」は環境問題解決と経済成長を両立させる

5兆米ドルに成長すると予測されています。

Next

警備服のサーキュラーエコノミー。「環境も守る」警備業への挑戦

サーキュラーエコノミーへの移行を現実のものとするためには、企業・政府ともに長期を見据えた思考を凝らし、将来必要となるスキルを培うことを復興策の一部としなければならない。

Next

無駄を富に変える:サーキュラー・エコノミーで競争優位性を確立する|アクセンチュア

左は「生物的サイクル」、右は「技術的サイクル」。 100%サーキュラーエコノミーは実現可能でも最適解でもない• バタフライダイアグラムの循環に基づき、化学合成の新建材や接着剤は一切使わず、国産木材や土壁など自然素材を使った循環型の家づくりを手掛ける。 「サーキュラーエコノミー」という言葉が普及し始めるきっかけとなったのは、2015年に、欧州委員会が採択した「サーキュラーエコノミー・パッケージ(サーキュラーエコノミーの実現に向けた政策)」でしょう。

Next

サーキュラーエコノミーは、資本主義史上“最大の革命” 環境・経済・社会の課題を統合的に解決する、その仕組みとは

製品寿命の延長:製品を回収し保守と改良することで、寿命を延長し新たな価値を付与する。 その他、製造業では、ドイツのSiemensが、今たぶんもっとも先進的な取り組みができています。

Next

サーキュラーエコノミーとは?無駄を収益に変えるビジネスモデル

サーキュラーエコノミーの流れを表す代表的な図のひとつに「バタフライ・ダイヤグラム」というものがありますが、この外側のサイクル(リサイクルなど)よりも、内側のサイクル(メンテナンス・リユースなど)が優先されることを示しています。 上位には米総合板紙メーカーのグラフィック・パッケージング・ホールディングス(GPK)や、オランダの医療技術会社コ-ニンクレッカ・フィリップス(PHIA)、米飲料用アルミ缶製造会社のボール(BLL)などが入っている。 また、こうした変革が人口増加や希少資源不足を迎える見込みのこれからの世界において、長期的に強固な企業体制を整えることにもつなげられています。

Next

オランダ在住の研究家が解説する「サーキュラーエコノミー」~価値あるものを長く大切に使うオリックスのビジネスとは~

パリ協定、SDGsなどをきっかけにして、日本においても「サステナビリティ」が企業経営の重要テーマとして認識されてきています。

Next

ダイキン、ミツカン、ブリヂストン…日本の先進企業11社【連載サーキュラーエコノミー4】

が発表した、サーキュラーエコノミーを実践する100団体(CE100)にも有力なグローバル企業が参画しています。

Next