労働基準法での比例付与という有給休暇の付与方法

企業の労務管理の中でも、年次有給休暇(以下有休)に関する誤認識や制度と実態の乖離はなかなか悩ましい問題です。 (例) 労働日数・時間が増えた場合や正社員転換した場合でも、勤続年数はそのまま引き継がれます。

Next

パート社員を正社員登用した場合の年次有給休暇の付与日数はどうなる? | 社会保険労務士事務所しのはら労働コンサルタントBlog

表1 一般の労働者 週の所定労働日数が5日以上又は週の所定労働時間が30時間以上の労働者. 一定の要件とは以下のようになっています。

兵庫労働局

具体的な付与日数は表3のとおりです。 そのため、所定労働時間が「1日10時間、週3日勤務」の場合や、「1日4時間、週5日勤務」の場合は、比例付与とはならず、通常どおりの付与日数になります。

Next

有給休暇比例付与とは?日数の計算方法・パートやアルバイトどうなる

勤怠管理システムには、有給休暇の消化状況をリアルタイムで把握可能な機能もあるため、改正後の労働基準法にも対応できます。 第1は「月単位、年単位等で所定労働日数を定めている」労働者、第2は「年間の所定労働日数を算定し難い」労働者です。 ファシリティマネジメント• 関連記事: 3. リスクマネジメント総論• 付与することは必須になっておりますので、ご注意下さい。

Next

年休の比例付与

この時季を指定する権利を時季指定権と言います。

週4日勤務の契約でも年次有給休暇の比例付与とならない場合がある?

これを「比例付与」と言います。

Next