福祉用具プランナー

5H 対人援助技術【演習】 3. 0H 1 福祉用具専門職の役割 2 福祉用具概論 3 福祉用具の情報提供・相談技術 4 相談援助のためのプランニングの理解 5 相談援助のためのプランニングの実際 6 介護保険におけるケアマネジメント 7 対人援助技術 8 職業倫理 9 認知症の理解 10 福祉用具供給の業務 11 福祉用具供給に係わる法律関係 12 介護保険制度と福祉用具 13 福祉用具供給のリスクマネジメント 14 高齢者の身体特性 15 ADLの理解と基本の動作 16 起居関連用具 17 ADLの理解と基本の動作 18 起居関連用具 19 移乗関連用具 20 移動関連用具(車いす/杖・歩行器) 21 床ずれ防止関連用具 22 入浴関連用具 23 排泄関連用具 24 食事・更衣・整容関連用具 25 社会参加関連用具(自助具含む) 26 コミュニケーション関連用具 27 住宅改造総論 28 構造とメンテナンス 【集合研修】:52. 福祉用具の専門家との連携で患者の自立支援を強化 連携成功のために知っておきたいポイント (1) 患者さんに適した福祉用具を支援するために伝えるべきこととは… (2) 患者さんの病状に変化があった場合は… (3) 院内スタッフに福祉用具プランナーの資格を取得させるメリットとは… 障がい者やADLが低下した高齢者の自立支援・QOL向上を図るために開発・販売されている福祉用具は、年々その数が増えています。 *「リフトリーダー養成研修」の開講式は、 2020年11月6日(金)のAM9:45です。 5H 排泄関連用具【実技】 3. 正しい使用方法や使用頻度• そのなかでも、福祉用具専門相談員、福祉用具プランナー、福祉住環境コーディネーターという職種をご存知でしょうか。

Next

福祉用具プランナー情報|公益財団法人テクノエイド協会

福祉用具専門相談員のカリキュラム 福祉用具専門相談員の講習は50時間で、カリキュラムは次のようになっています。 5H 生活における基本動作・ADLの理解 1. 5 福祉用具の情報提供・相談技術 1. 福祉用具専門相談員になるには、「福祉用具専門相談員指定講習(50時間のカリキュラム)」を修了する必要があります。 日程に変更があった場合は、こちら のHPに至急掲載いたします。

Next

福祉用具プランナーホームヘルパー2級福祉用具専門相談員福祉住環境コーディネー...

5H 高齢者の身体特性【演習】 1. 上記1. そのため、自院のスタッフに福祉用具関連資格の取得を促すなどをしてみてもいいでしょう。 5 最新情報【講義】 1. 福祉用具専門相談員と福祉用具プランナーの主な業務内容は、以下の4つです。 合格率はとても高くなっていますので、しっかり勉強していれば大丈夫です! 他の教育機関において福祉用具プランナー研修修了試験は受験できます。

Next

福祉用具プランナー研修|名古屋市総合リハビリテーション事業団

相談援助のためのプランニングの実際(1. 研修条件 [編集 ]• 福祉用具に関する一般的相談• 31)第194条に定める、厚生労働大臣が指定した講習会の課程を修了した者、若しくは都道府県知事がこれと同程度以上の講習を受けたと認める者• 0h 指定された場所に集まり、実技と演習を中心としたカリキュラムをこなす。 この研修では、アセスメント手法と身体機能に合わせた福祉用具の選定や活用方法を学び、介護支援に携わる専門職等の資質向上を図ることを目的にしております。

Next

福祉用具プランナーってどんな資格?資格の取得方法まで詳しく解説!

0H 介護保険制度と福祉用具 1. 0H 認知症の理解 1. 看護師• 5h 相談援助のためのプランニングの実際 1. ケアマネジメントにおける福祉用具プランナーの役割は、福祉用具サービスを利用しようとする方が適切に利用できるよう、専門的な見地から支援することです。

Next

「福祉用具専門相談員」「福祉用具プランナー」「福祉住環境コーディネーター」 それぞれの違いや仕事内容は?

ジョブメドレーでは、このような福祉現場で活躍できる職種も多数あります。

Next

福祉用具プランナーってどんな資格?資格の取得方法まで詳しく解説!

* 駐車場の使用は出来ません。 0 時間• 使用後の利用者のチェック• ここでは、福祉用具専門相談員と福祉用具プランナーの仕事内容をご紹介します。