オペラを楽しむ

たとえミノタウロスを倒したとしても、迷宮から出ることができなければ、無事に帰ることはできません。 陶酔と官能の極みと言えるこの演奏は、長い年月を経ても輝きを失うことはありません。 新規で本国のオリジナル・アナログ・マスターテープから最新復刻。

Next

歌劇『ナクソス島のアリアドネ』全曲 サンユスト監督、ベーム&ウィーン・フィル、ヤノヴィッツ、グルベローヴァ : シュトラウス、リヒャルト(1864

ここで、二人のヒロインの興味深い対照についてぜひ書いておきたい。

Next

『ナクソス島のアリアドネ』全曲 ケンペ&シュターツカペレ・ドレスデン、ヤノヴィッツ、ゲスティ、他(1968 ステレオ)(2CD) : シュトラウス、リヒャルト(1864

このDVDでは、ヤノヴィツ、コロといった当時全盛のキャストに加え、コロラトゥーラ・ソプラノの難所で知られるツェルビネッタ役に、グルベローヴァが出演。 作品の分析力と音楽的なインスピレーションの深さでは他を圧する才能(オケが認めたのもこれ)は誰もが認めたものの、高性能のプロフェッショナル集団の機能維持という側面にも責任を負う立場に就任した以上は、トレーナーとしての才能も求められる。 このために、18歳になると「大学へ行って実益のある学問をしろ」という父親のアドバイスに従ってパドゥア大学薬学科に進学。

Next

アリアドネ (ありあどね)とは【ピクシブ百科事典】

このオペラは、それまでに書かれたどんなオペラとも似ていない。 出演者変更にともなうチケットの払い戻し、公演日・券種の変更はお受けできません。 個人的には前衛に走り過ぎた演出だと、却って興醒めになり、繰り返し観たいとは思わない。

Next

オペラ公演ラインアップ「ナクソス島のアリアドネ」

私は熱心なオペラファンじゃないので、歌劇を観に行くのは年に数回です。

Next

ルドルフ・ケンペ/リヒャルト・シュトラウス: 歌劇「ナクソス島のアリアドネ」(歌詞対訳付)<タワーレコード限定>

シュトラウスとホフマンスタールの二人は、この「オペラ」を演劇との融合のうちに、象徴的なドラマとして、すべての孤独な女性への親愛なメッセージとしても書いたのだと思う。

ルドルフ・ケンペ/リヒャルト・シュトラウス: 歌劇「ナクソス島のアリアドネ」(歌詞対訳付)<タワーレコード限定>

シュトラウスの最後のオペラとなったこの素敵にオシャレで美しい作品も、いずれぜひ二期会に取り上げてもらいたいものだ。