「勤める」と「努める」の違いとは?分かりやすく解釈

取り組む(熱心にことにあたる)• 信頼回復に努めて参ります。 「勤める」とは? 例2) 明日の会議に備えるべく、今日は1日 企画書の作成に勉める。

『務める』『勤める』『努める』の意味の違いと使い分け例

目標の達成に向けて全身全霊をかけて邁進することです。 「つとめる」という漢字は他にもあります。

Next

【務める】 と 【努める】 と 【勤める】 はどう違いますか?

例えば「弁護士」や「医師」などの仕事に励むという意味では「務める」ですが、その職業として弁護士事務所や病院に勤務しているなら「勤める」です。 なんというか、ブラック企業とか、社員を使い捨てにするとか、鬱になって壊れてやめていく人が多い会社とか、そういう会社がなんでやっていけるのか、よくわからない。 努力する といった意味になります。

Next

努めるの意味と使い方!勤める・務める・勉めるとはどう使い分けるの?

努めるの努の字を使った別の言葉としては、古風な表現ですが「努努」(読み方:ゆめゆめ)があります。 では、「業務」「職務」「司会」……。

Next

『務める』『勤める』『努める』の意味の違いと使い分け例

・会社に勤めて一生を終えるなんて絶対に嫌だ。 「勉める」という言葉は、「努める」と同じ意味を持つ同義語になります。

間違いやすい「努める」の意味と務める・勤めるとの違い

「務める」は与えられた役割や任務を果たすために力を出すという意味ですので、当てはまります。 不動産会社に「勤める」。

Next

【務める】 と 【努める】 と 【勤める】 はどう違いますか?

特に仕事に限らず、広くいろいろなことに対して使います。 一方、詐欺的なこととか泥棒とか犯罪行為によって得られる利益というのは、社会に貢献はしていないよね。 「勤める」の「勤」は、「勤務」「通勤」「勤労」「勤勉」などの熟語でも使われていますよね。

間違いやすい「努める」の意味と務める・勤めるとの違い

「努める」は一生懸命行うことです 「努める」は語源が「奴」が「女奴隷」を意味していますので、転じまして一生懸命に努力する、力を尽くす意味となりました。