シリコンハウスへようこそ:ナムコ、気持ちいいよ。

当時は普通に受け入れてましたが、こうやって改めてナムコゲームを見返してみると、独創性において数あるゲームメーカーの中でも群を抜いていたことが分かります。 本書の発売当時はインターネットなど存在せず、アーケードゲームの情報が活字となってメディアに掲載されるのも極めてまれなことだった。

Next

「オールアバウトナムコ復刻版購入!」gs4339hのブログ | (。・ω・)ノ゙

最初はスキャンしたものをそのまま出そうかと思ったのですが、プロの方にお話を聞いたところ「文字化けが大量に出てしまいますが、OCRで取り込んだほうがきれいにできますよ」とアドバイスをいただいたので、じゃあそうしようと。 当時はは「すごいコンピュータを出す」、は「めちゃくちゃむつかしいアクションを出す」、は「むちゃくちゃむつかしいシューティングを出す」、は「ゲームメーカーの模型」と個性を感じていたが、は「のゲームを出す」と別格に輝いて見えた。 オリジナル版に無かった新しい点は、巻頭にある多田太郎の「復刊によせて」という挨拶文と、いくつかの広告のみ。

ALL ABOUT NAMCO ナムコゲームのすべてのまとめ

それにしても、(当時の本を見ながら)こんなことよくやりましたね。 スイッチで遊べるのを待っています。

Next

パックマンのパターン、オールアバウトナムコ版

また、今の人たちにとってはゲーム媒体が「カセットテープ」だったということにも驚かれるかもしれません。

『ベーマガ』同窓会その③(最終回) 『ALL ABOUT namco』の制作裏話

面白いことに、『ALL ABOUT namco』がきっかけでゲーム業界に入ったという方が、スポンサーの方々にもいっぱいいらっしゃったんですよね。 他機種への移植情報や、楽譜・ドット絵などのページは収録されていない。

「オールアバウトナムコ復刻版購入!」gs4339hのブログ | (。・ω・)ノ゙

LIBBLE RABBLE(リブルラブル)• 僕も、スクウェアのディスクシステム用ソフト・水晶の龍のウソテクに騙された一人です…。

Next