ハイパーソニック・エフェクト

[ハイパーソニック・ピュア] オリジナル音源自体に複雑性をもつ32kHz以上の超高周波が豊富に含まれ、配信ファイルの典型的な15秒間のFFTスペクトルにおいて40kHz以上の成分の存在が明瞭に認められるもの。

Next

ハイパーソニック・エフェクト

「音が良い」はただの「プラシーボ」 「CDは音質が悪い」と考えている人は、なにもウソを言っている訳じゃなくておそらく本当にそう考えているのだと思います。 この高周波が及ぼす脳への活性作用は、音楽のみならず自然界の環境音でも確認できる事実で、なんと、最も芳醇な音響環境にあるのは森の中だったりすることも明らかになっている。 たしかに、コンクリートの壁で自然界の音から遮断された暮らしは、人間的とは言い難い気がします。

Next

ハイパ-ソニック・エフェクト / 大橋 力【著】

理論的に基幹脳の活性化が高度に期待されます。

第6回 なぜ人は「神経神話」を信じてしまうのか

(音の数は少ないですが、曲は長く出来るので、効果があるかも?)• なんと、砂漠である。 参考: より(大橋力氏が所長。 自然界には、まだまだ私たちの知らないことがたくさんありそうです。

Next

身体で味わう音

理性よりも感性を信じたニーヴのコンソールからは、今もなお非常に心地よいサウンドが飛び出してくる。

Next

“肌で聴く”ハイパーハイレゾとは?「交響組曲 AKIRA 2016」の音の秘密を山城祥二氏に訊く (1/4)

2.プリアンプ、パワーアンプ アンプ類が超高周波成分を忠実に再生できなければならないことはいうまでもありません。

Next