渓流釣りルアーロッドの選び方とおすすめの竿はこれだ!

トラウトロッドの長さ• 渓流用と銘打たれたアイテムを選べば間違いはありません。 もし読者様が行こうとされている川が「本流」に近いようであれば遠投が必要になるので、6ft以上、硬さはMLくらいの竿が良いのだそうです。 ビッグトラウトが狙える大きめのフィールドでは、遠投が圧倒的に有利なケースが多いはずです。

Next

渓流ルアーロッドおすすめ10選!長さや硬さなど選び方も解説

) ですので、道具マニアの友人にロッド選びについて教えてもらったことをしたためます。

Next

最初の1本はコレ!トラウトロッドの選び方の基準とおすすめロッド10選!│釣りを始めたい!釣りをもっと楽しみたい人の釣りメディア【釣りホリック】

粘らないことが重要 渓魚は警戒心が強く、何度も投げ続けて釣れることは滅多にありません。 このあたりの判断は、やはり地元の釣具店の店員さんの方が、その河川に適したロッドを知っているので、ぜひ相談してみてください! 渓流ルアーロッドのおすすめは? さて、ここでは、基本的にビギナーの方を対象におすすめロッドを紹介したいと思います。

Next

渓流のルアーフィッシングのロッド

淵尻も渓魚がエサを求めて付く場所なので必ず狙うべきポイントです。

Next

【渓流ルアー完全攻略!】釣り方と揃えるべきおすすめタックル|アウトドア用品・釣り具通販はナチュラム

軽量でありながら価格も7,000円前後。 長さ:6フィート• XRFS-642ULは、管理釣り場でのトラウトフィッシングはもちろん、バスフィッシングや、海でのメバル釣りにも使えるモデル。 渓流でトラウトフィッシングをはじめたいという場合には、おすすめできるトラウトロッドです。

渓流ルアーってどれを選べばいいの?ネイティブトラウトゲームにおすすめのタックル特集

管理釣り場のおすすめトラウトロッド 管理釣り場でロッドを1本だけ持って行く、あるいは1本だけ購入するとしたら、私はこのようなスペックのトラウトロッドを選択します。

Next