第一種フロン類充塡回収業者の新規(更新)登録/京都府ホームページ

フロン排出抑制法第30条第2項で準用する第27条第2項、同第28条、同第29条• (なお、A~Cの区分の資格を有していない場合、法施行後1年前後でA~Cの資格を取得することが推奨されています。

Next

第一種フロン類充填回収業者登録について

日頃の業務において、業務用冷凍空調機器についてフロンの回収だけでなく、フロンの充塡・回収・点検を行う冷熱技術者の方は、今後の資格取得をご検討下さい。

第一種フロン類充填回収業者変更届出書 — 山形県ホームページ

条件とは、点検と充填に関して業務用エアコンの圧縮機電動機又は動力源エンジンの定格出力25kw以下の機器までしか点検資格ありません。 ) 充塡に関する知見を有するもの (いずれか) A冷媒フロン類取扱技術者 B以下のいずれかの資格を有し、 を受講した者 ・高圧ガス製造保安責任者(冷凍機械) ・冷凍空調技士(日本冷凍空調学会) ・冷凍空気調和機器施工技能士 ・高圧ガス保安協会冷凍空調施設工事事業所の保安管理者 等 C3年以上の実務経験(日常的に第一種特定製品の充塡を実施)を有し、 を受講した者 (証明者は登録を取っている事業者となります。

Next

フロン排出抑制法|技術情報|株式会社明治機械製作所

最寄りの保健所または県庁(循環社会推進課)で申請を受け付けています。 登録は、充填、回収を行う機器が設置されている都道府県ごとにそれぞれ登録しなければなりません。 原則として機器の漏えい箇所を修理した後でないとフロン類を充填してはいけないなど、充填に関する基準が定められました。

Next

第一種フロン類充塡回収業者登録

) 登録申請手続き案内・記入例 更新登録申請書 【注意】 【謹告!】第一種フロン類充填回収業者の皆さまに、フロン排出抑制法の周知に御協力をお願いします! 埼玉県では業務用冷凍空調機器からのフロン類の回収率が低迷している現状を打開するために、機器のユーザー(管理者:所有者、使用者など)に適正管理の意識を強く持っていただくことが重要と考えています。

Next

第一種フロン類充填回収業者の登録について

(宮崎県内における事業所の有無に関わらず、宮崎県内で充塡回収業を行う場合には宮崎県知事の登録が必要です。 4 契約を強要する悪質な業者がいることの注意喚起、また、悪質な業者と勘違いされないように節度のあるアドバイスをお願いします。

Next