日産 オーテック 新型 セレナ e

3 」に備わっている「アクティブレーンキープ」によって高速走行(時速65km以上)時には実用化されていたが、時速約60km未満での操舵及び走行時の車間制御を実現したのは日本初、1. ブルーのステッチも見た目のお洒落感が見え隠れしています。 香港仕様• 両側スライドドアオートクロージャーを全車標準装備し、オーディオレス仕様となった。

Next

新型セレナ オーテック スポーツスペックの内装の魅力とは!?【実車画像レビュー】

フルモデルチェンジ時に一旦廃止した「ハイウェイスター」を再設定。 プレスリリース , 日産自動車株式会社, 2016年11月16日 , 2016年11月16日閲覧。 内装はインストルメントパネルに「グライディングウィング」デザインを採用。

Next

【試乗インプレ】オーテック「セレナ マルチベッド」、車中泊OKで休日のお出かけがもっと楽しくなる1台 / フロアパネルやベッドマットをセットにした「マルチベッドシステム」の使い勝手は?

への名称でOEM供給を開始。 ランプシグネチャーは型となった。

Next

オーテック、車中泊仕様のセレナ「マルチベッド」。323万1800円から

1を獲得したことを発表。

日産純正の車中泊仕様車爆誕! 新型NV350キャラバンにオーテック「マルチベッド」登場

特別仕様車「J-Vパック NAVIエディション」と期間限定車「バージョン」を発売(「コールマンバージョン」は2001年12月末までの期間限定販売)。 日産車全体で見ると、(前期型)に次いで2例目。 また、座り心地もこのオーテックとノーマルモデルでは異なる感じが…。

Next

オーテック、車中泊仕様のセレナ「マルチベッド」。323万1800円から

世界初のなど、先取りした内容が多かった。 このロングボディ版は中国大陸ではとの合弁企業であるが東風ブランド車「御軒」として製造・発売している。 外観の一番のアクセントになっているのは、大きな専用フロントグリルだろう。

Next

オーテック、車中泊仕様のセレナ「マルチベッド」。323万1800円から

オーテックはのような公式カスタマイズメーカーで、日産では既にNISMOがありますがオーテックではNISMOのスポーティーさとは違ったカスタムを手掛けていくようです。 これまで非装備だったエマージェンシーブレーキとLDW(車線逸脱警報)を新たに標準装備(メーカーオプションでレス設定も可能)。 ただし、なかなかそこまで思い切れない人も少なくないはず。

Next

日産・セレナ

2006年 特別仕様車「20G HDDナビエディション」を発売。

Next