白色ワセリンの副作用・使い方の解説

また、たこを取ったところに痛みが出る場合があります。

Next

サリチル酸ワセリン軟膏の威力!!

白色ワセリンは乾燥肌を守る保護材 白色ワセリンは、原材料である石油から精製されたワセリンから不純物を取り除いた上で製品化されている保護材です。 サリチル酸の特徴 皮膚の角質を薄くして柔らかくする働きを持つサリチル酸。 しかし実はサリチル酸は副作用も強力であり、胃腸障害(吐き気・胃痛など)をはじめ、サリチル酸中毒(めまい、発汗、意識障害など)が生じる事もあり、このような理由から徐々に解熱鎮痛剤としては使われなくなってきました。

Next

角質増殖傾向の著明な足白癬に対するゼフナートクリーム、サリチル酸ワセリン軟膏併用療法の臨床的検討

イボ取りに効くサリチル酸とは? サリチル酸はイボ取りに効くとされていますが、とても万能な成分として医療現場でも知られています。 皮膚科ではメスやハサミのようなもので固くなったたこを削り取ります。 例えば皮膚に悪さをする菌としては、ニキビの原因となりやすいアクネ菌(細菌)や水虫の原因である白癬菌(真菌)の増殖を抑える作用も持ちます。

サリチル酸ワセリンの効果と副作用【角質軟化薬】

かえって赤みやカユミがひどくなる場合は早めに受診してください。

Next

サリチル酸ワセリンの効果と副作用【角質軟化薬】

不思議なのは、中央の大きなイボにはサリチル酸ワセリン軟膏を外用していません。 また、夜寝る前に塗ったワセリンは塗りっぱなしにはせずに、翌朝よく泡立てた洗顔料できちんと落としておくことも大切です。 ニキビの原因菌の繁殖を防ぐ ニキビを引き起こすのがアクネ菌という細菌です。

Next

サリチル酸ワセリン軟膏の威力!!

一度にたくさんのサリチル酸を塗ってしまうと皮膚への負担が大きくなるため、肌荒れを引き起こす可能性が高くなります。 また真菌・細菌に対する抗菌作用もある程度有してはいますが、• 数日痛みがとれない場合は、たこの角質部分を取ったところに細菌が感染している可能性があるため、病院を受診してください。