忠義の騎士の新たなる人生

「葛城一尉、今回の使徒を殲滅する為の計画、君に任せる」 汗を拭った冬月がミサトに言い、彼女は無言で敬礼した。

Next

バン!

自分でも情けないほどの正直さで、したたかに射精するだけだった。 もう十年も前のことだけど」 「じゃあ、やっぱここって…」 「うん。 いや…着替えてるとこすら見たことが無い…?」 その言葉に、緑間はドキっとした。

Next

球体間接は項垂れる

「ありがとう、月君」 「いえ」と言い微笑む月君は、とても綺麗だ。 「これはボクの祖母の受け売りですが、人はたくさん転んで傷をつくって成長するんだそうです。

#黒バス【腐】 きみはまだ転び方を知らない【赤黒】

蘭の腕に鳥肌が立っている事に気付いて、リビングの窓の事を思い出した。 じゃあね、ナナコ」 「キャハッ何か照れるーばいばーい望」 僅か数分の間にメールアドレスを交換し、互いの下の名前で呼び合うまで至る彼の業は最早尊敬に値するが、ああなりたいなどとは絶対に思わない。

Next

この世で一番怖いモノ 〜 地震・雷・火事・親父?? 〜 : Refuge

シンジは全てを吐き出すかのようにアスカを求め、アスカは全身を使ってシンジを受け入れた。

覚めて、冷めた。

『緑間さんが努力家で、決して才能だけでバスケをしてるわけじゃないのは知ってます。 「・・・はい」 「はい」 返事をし、歩き出す僕達。 引き出しの一つから、窓から、ドアから…そうだなぁ、ざっと26箇所?」 「ウソっ!その管理コード、全部覚えてるの?」 「え?あぁ。

Next