関西万博のロゴマーク、最終候補から一際異彩を放つ細胞意識のデザインが選ばれる

渋谷区内に設置された「透明トイレ」がネットで話題だ。 集合体恐怖症というのは小さな穴や斑点の集合体を見ると嫌悪や恐怖感を抱く(ひどい場合は吐き気やめまいなどを催す)症状のことです。 そんな 大阪万博のロゴが実はパクリなのでは?と話題になっています。

Next

大阪万博のロゴはパクリなの?何に似ている?怖くて気持ち悪いと不評!|NORI MEDIA

また、ツイッターでは「コロシテ」がトレンド入り。 。 コンセプトは細胞。

Next

大阪万博のロゴマーク決定

とのこと。

Next

【衝撃】大阪関西万博ロゴが合体失敗したキャラメルコーン風で大好評「シテ…コロシテ……」「いのちの輝き」 | バズプラスニュース

関西とも、大阪府ともとれるフォルムを囲んだメインシンボルだけでなく、CELLたちは、文字や数字を描きだし、キャラクターとしてコミュニケーションする。

Next

つかみはOK、大阪万博ロゴ 賛否両論も……創作意欲かき立てる?

35 ID:TYa3o3jg0. 一度見たら忘れないであろうインパクトのあるロゴではないでしょうか? 2025大阪万博のロゴは集合体恐怖症の人には苦痛でしかない 大阪・関西万博のロゴ「いのちの輝き」がただ不気味では済まされない人たちがいます。

Next

松本人志、大阪万博ロゴマークに「気持ち悪さがこれでも足りないぐらい」

開発はまだのでようですが、大阪万博2025に向けて着々と開発が進んでいくものと思われます。 10 ID:TG1671pS0. 弾んでいる。 大阪・関西万博のテーマ「いのち輝く未来社会のデザイン」は、一人ひとりが、自らの望む生き方を考え、それぞれの可能性を最大限に発揮できる社会、こうした生き方を支える持続可能な社会を、世界が一体となって実現していくことを目指すものです。

Next