予言 コロナ ウイルス。 レイ・ダリオがコロナ後の世界を予言「復興は3年以上先」

コロナの収束見込み、スピリチュアル予測・予言まとめ!いつ終息か占いで分かる?

松原照子さんは、 2019年2月号の雑誌「ムー」で新型ウイルスが流行するという記事を書いています。 このラボでは、国内で発見された不自然な死の原因を究明している。 「内部の闘争を続ければ痛みはさらに増すことになる。 もっと早いぞ。 「人々はソーシャルメディアの至る所で、そして主流メディアでさえも、新型コロナウイルスは5月29日に終わると述べた私の予言について書きましたが、新型コロナウイルスは5月29日に終わるわけではありません。 記事の内容は新型インフルエンザについてですが、コロナウイルスのことを言っているようにも感じます。 180億ドルの資産を保有し、世界で46番目の富豪であるダリオは、マスクや人工呼吸器が中国で生産されていることが、米国の弱さを象徴していると述べた。

Next

新型コロナウイルスの出現を示唆した予言者・占い師・未来人はいるのか?

コロナウイルスの最盛期がまだ来ていないとも言われており、 一向に収束する気配を感じさせません。 2062年から調査にやってきていると発言し、「2062氏」と呼ばれていました。 それが5月11日に起こるとされている大地震です。 今回は2062年からきた未来人とは何者か?そしてその予言内容とは何か?についてまとめます。 11)が的中してしまった事から一躍有名になりました。 本当に数多く世見を書いてきた松原氏ですが、そのなかで気になるのが「 新型コロナウイルス」と「 東京オリンピック」に関するもの。

Next

新型コロナウイルスの出現を示唆した予言者・占い師・未来人はいるのか?

ミコトの同僚・ 東海林夕子(市川実日子)はウイルスにたどり着く以前に、こう言った。 2020年代後半までにドーム型の都市が建設され、最終的には裕福な人たちだけがそこに住む。 その予言とはどんなものがあるか気になりますよね。 これは2008年に出版された「End of days」の中の新型コロナウイルスに関して言及していると思われる部分。 確かに、 2010年の掲示板の書き込みで、東京オリンピックには感動したと書き込んでいます。 — 勇者けんた bravekenta. 今最も大事なのは、いかにして共に生き延びるかを考えることだ」とダリオは続けた。 そのいくつかを紹介しよう。

Next

聖徳太子2020年の予言は「新型コロナウイルス」だった! 首都は東北に移転か…秋山眞人氏の予言解釈が大的中!

アジアの大半がインドになっている。 今の日本ではクルーズ船での菌の蔓延、厚労省の初動ミスが原因のいくつかに挙げられている。 全米の半数近くの州が、信託基金の50%を取り崩し、失業給付金の支払いにあてている。 今回のコロナウイルスの予言は大爆発する前に言い当てていますし、発生時期も正確に当てています。 。

Next

聖徳太子2020年の予言は「新型コロナウイルス」だった! 首都は東北に移転か…秋山眞人氏の予言解釈が大的中!

スポンサーリンク 2062年から来た未来人が熊本地震も予言? もう勘の良い方はお気づきになったかと思います。 この時点で2020年に東京オリンピックを開催するとの設定がありますね。 ただ、『首都感染』の新型ウイルスは致死率60%の強毒性ですが、コロナは約3%(WHO)と言われています。 その女性とは、霊能者のシルヴィア・ブラウンさん。 確か第一話でウイルスのことをテーマにしていた。 そして、ウイルスの脅威は全世界へ拡がっていく……。 しかもカードの意味は「放射能事故」。

Next

コロナの第二波はいつ頃来る?このやばい予言をあなたは信じる?

11の時に知って、よくスレを見ていた記憶があります。 大きな地震に関しては許される範囲内ならば答える。 また、• 松原照子氏は、東京オリンピックは「 ない」と明言しています。 ただ、2062年から調査の為に来たただの男だ。 コロナウイルスにより様々なイベントやライブの中止、テーマパークの休園や店舗の営業停止など経済を悪化させる一方ですね。

Next

2020年に新型コロナウイルスの発生を予言したシルビア・ブラウンが見た未来の世界とは?

世界で初めてウイルスが確認された武漢の建物に似た建造物と 感染源とされているコウモリが一緒に描かれています。 とても信じられないですが、今まさに日本が陥っている状況化を予言・予想したかのように漫画に描写しているのです。 物語では当初、会社員男性がサウジアラビアの出張時にウイルスに感染。 ぜひとも大成功を収めてほしい東京オリンピックが2020年に迫っています。 日付を見て下さい、2010年11月14日ですよね。 2020年の肺炎と似た疾患についての予言も、2003年頃に世界中で流行したSARSにインスパイアされたものだとも考えられる。 なるほど、そうなると確かに「恐怖の大王」の意味が成り立ちます。

Next

新型コロナウイルスにまつわる5つの予言と噂、報道の矛盾を調べてみた|ソクラテスのつぶやき

自然災害に関しては、言う事が許されない。 予言・予想も気になりますが、まずは自分にできることをして対策することが重要ですね。 ですがこれまでの予言をみると信じがたいようで信じることをせざる負えない気もしますね。 「この世で一番恐ろしい毒って何か知っている?(中略)名前のない毒」 コロナは名前こそついているけれど、ワクチンは開発されていない。 。 2020年に大地震が起きるとは思っていないとしながらも、オリンピック開催については気になっているというのです。

Next