コロナ ウイルス 生物 兵器。 新型コロナウイルスは生物兵器なのか? 中国政権による細菌戦争の意図とその可能性を探る

「新型コロナウイルスの陰謀論5つ」真偽を全まとめ! 生物兵器、ビル・ゲイツのワクチン、遺体の大量焼却…!

董宇紅氏は、前述したインドの研究チームによる誤った査読前論文と、中国科学院パスツール研究所の崔傑研究員の論文を参考にしてインタビューに答えているが、メインは前者だ。 また実験の過程でコウモリから生きているダニが採取されたという。 当の中国当局をはじめ、感染者が確認された日本や米国、台湾など各国・地域でも対応に躍起だが、その一方で、猛威をふるう新型ウイルスについて、米メディアなどでは「現地の病源体研究機関から漏れた」「中国の生物兵器」とする指摘や疑念も提示されている。 台湾のニュースサイト 「呷新聞(イートニュース)」 は、中国人民解放軍海軍工程大学が 1月2日付 で 「原因不明の肺炎の予防と管理の実施、および、キャンパスへの出入りの厳格な管理に関する通知」 を内部文書として通達したことを報じた。 ワシントンタイムスによる報道ってのが何とも・・・ねぇ ー。 同紙は統一教会(世界平和統一家庭連合)が発行する政治的右派のローカル紙。 その発生源を巡って、今もさまざまな憶測が飛び交っているが、ここに来て、アメリカの生物兵器だとする説がにわかに注目され始めている。

Next

(2ページ目)「新型コロナは全人類抹殺のため中国が作った生物兵器」日本人医師が断言! 治療法なし、ウイルスは体内に永遠に残る!

研究を率いているのは、中国科学院に属する武漢ウイルス学研究所の「周鵬」という名の科学者で、ウイルス研究の世界では中国のトップクラスの人のようです。 画像は「 」より そのため、今回のウイルスも同施設で作られたものではないかと考えられているわけだ。 2012から2013年にかけて、ハンタウイルスの進化の歴史を解読するために、Tian Junhua氏という名前の疾病管理および予防研究者が、10,000匹近くのコウモリを捕獲してサンプリングした。 憶測を呼ぶ断片的な情報が噂となり、インターネットを通じて世界に拡散されたのだ。 開発中の生物兵器が意図したほどうまく機能しないという事実は、生物兵器ではないという証拠にはならない。 もしそうであったとしても中国政府は、本当のことを発表しないでしょう。 新型コロナウイルスが生物兵器だと言う説は、ほぼ確実にデマです。

Next

【コロナ兵器】「日本はすでに手遅れ」生物兵器の世界的権威が緊急来日して断じる 「武漢で実験中のウイルスが不手際で漏出」

実験過程で生じた動物の死骸などのサンプルは病原体になり得る。 2016年以来、中央軍事委員会は、軍の脳科学、高度な生体認証システム、生物学的情報と資源の収集、人間の身体機能向上、などの「新しい生物工学」に関する研究プロジェクトに資金を提供してきた。 ただ、中国の国内にその原因はある訳で、 彼等は、発生源を一日も早く公表せねばならない。 《(新型コロナウイルスはコウモリ由来とされるが)コウモリは武漢の海鮮市場では売買されていない》 《市場に飛んでくる可能性も非常に低い》 《他に感染経路はあるのか?》 《われわれは、2つの研究所を特定した》 《第1の研究所は、海鮮市場から280メートル以内にある「武漢市疾病予防管理センター」》 《研究目的で動物を確保し、病原体収集と識別を専門にしていた》 《過去2年以内にコウモリを湖北省から155匹、浙江省から450匹調達している》 《第2の研究所は、海鮮市場から約12キロメートルのところにある「中国科学院武漢病毒研究所」》 《この研究所は、中国の馬蹄コウモリが、重度のSARS(重症急性呼吸器症候群)の大流行を2002年から03年に引き起こしたと報告している》 《誰かが、コロナウイルスの進化に関係していた》 《ウイルスや、その誘導体が実験室から漏れる可能性はある》 《ウイルスはおそらく、武漢の研究所で発生した》 もう一つ、このリポートで注目すべきは、 《武漢市疾病予防管理センターは、医者らのグループが最初に感染した協和病院に隣接している》 という部分である。 習近平が前代未聞の 強行手段をとっている 非常に怪しい なにかあるな• ・客観的な視点が欠いている ・原因を外のせいにするので意見が本末転倒になる。

Next

燻る「新型ウイルス=生物兵器」説、専門家が解説 コロナウイルス問題の背後に「中台対峙」の可能性示唆(1/3)

」と言って赤点取るような心性です。 中国の科技部(科学技術省)や政府系ファンド・国家自然科学基金から何度も研究費助成を受け11件の特許を保有する細胞バイオメカニクスやナノ医学生物学の若き権威だ。 もっとも、ガーツ記者が書いたワシントン・タイムズの記事でも、ショーハム氏はあくまで可能性のひとつとして指摘したとされており、具体的な根拠となる情報があるわけではないことが明記されている。 議員発言の直後より、ウイルス研究者たちから異論が噴出した。 ・最初の感染犠牲者は、同研究所の「黄」という女性。

Next

新型ウイルス「中国が秘密開発した生物兵器」トンデモ説が駆けめぐった一部始終

ただ、 「リサーチゲート」 に掲載された肖氏らのリポートは削除されてしまった。 その発信源は、中国科学院武漢病毒研究所だというのです。 しかし、ベッドフォード博士は「新型コロナウイルスに遺伝子操作された痕跡はない。 菅生医師が言うように今回の新型コロナウィルスも「事故によって漏れた」可能性は十分あるだろう。 結局のところ、事実は中国共産党が転覆でもしない限り表に出てくることはないだろう。 中国当局の関与も疑われている。

Next

次々と積み上がる中国の新型ウイルスが「生物兵器」である証拠。そして、武漢のバイオ研究所で研究されていた可能性のある「あらゆる人が免疫を持たない悪夢のコロナウイルス」

なお、現在の新型ウイルスが、仮にこの研究所から漏洩したものだとしても、それは故意ではなく事故だったと思われます。 では、なぜ生物兵器説という陰謀論が出るのか、それぞれ説明していこう。 千差万別あるウイルスの中から生物兵器を創るのに,コロナウイルスを 選ぶことはありません。 と言うことはバイオ兵器の可能性は低く、 仮にそうだとすればミスによる漏出でしょう。 2月に英文で発表されたが、すぐ削除されたのだ。

Next

新型コロナウイルスが中国製の生物兵器だとする論拠はいいかげんなものだった

— Yu ちゃん Yu15039988 新型コロナウイルスに HIVエイズウイルスのタンパク質が挿入されている事を インド大学の科学者が発見しています。 日々のニュースから人々が強い警戒心を抱くのもうなずける。 たとえば、2004年にはSARSウイルスが北京の研究所から2回流出しており、病気の流行を引き起こしている。 Screenshot of Daily Mail ではなぜ今回「新型コロナウイルスは生物兵器だ」との説がネット上に飛び交っているのか。 明らかに証拠隠滅です! これが本当なら 生物兵器説はかなり信憑性が高くなります。 こうしたなか、カギを握る、あるリポートが注目されている。 なお、上の 4番目にある「 STING 」というのは、2019年3月のネイチャーの記事によれば、 STINGは、細胞質中のDNAに対する自然免疫応答に重要な役割を担うタンパク質 だそうで、 RNA ウイルスおよび DNA ウイルスの感染に対する生体防御機構に重要な機能を与えるものだそうです。

Next

新型コロナと生物兵器 : 読売クオータリー : まとめ読み : ニュース : 読売新聞オンライン

同種の施設は国際規格で物理的な遮蔽度などセーフティーレベルがP1 からP4に分類されるが、 武漢はもっとも厳重なP4だった。 mofa. 恐ろしい。 まだ、可能性の話ですが、 映画のバイオハザードが起きた可能性もある。 com]。 しかし、今回の新型コロナウイルスについては、ゲノム編集の痕跡などは発見されておらず、自然発生のものとみられている。

Next