国税庁 コロナ。 国税庁 定期人事異動後のコロナ禍での税務調査はどうなる!?

国税庁「「国税における新型コロナウイルス感染症拡大防止への対応と申告や納税などの当面の税務上の取扱いに関するFAQ」の更新」等を公表<その他(災害関連)>

の場合については、取得期限と居住期限が延長されますので、その延長後の取得期限( 令和4年3月15日)までにその家屋を取得し、延長後の居住期限( 令和4年12月31日)までにその家屋に居住すれば、この特例の適用を受けることができます。 )までに、「純損失の金額の繰戻しによる所得税の還付請求書」を所轄の税務署長に提出する必要があります(所得税法142条1項)。 子育て世帯臨時特例給付金(措置法41条の81項2号)• 東京都認証保育所の保育料助成金(所得税法9条1項15号) 問9-2 学生に対して大学等から助成金が支給された場合の取扱い〔5月15日追加〕 私は、都内の大学に通う学生ですが、新型コロナウイルス感染症の影響による学生支援策として、大学から次の助成金等を受領しました。 実際に期限延長の取扱いを適用する場合には、必ず顧問税理士か所轄税務署へご相談・ご確認ください。 在宅に戻すべきだ」と怒りの声が上がっている。 (参考)1 新型コロナウイルス感染症等の影響に関連して国等から支給される主な助成金等の課税関係(例示) 非 課 税 【支給の根拠となる法律が非課税の根拠となるもの】• 問1 企業が生活困窮者等に自社製品等を提供した場合の取扱い 当社では、新型コロナウイルス感染症に関連して、今般の感染症の流行が終息するまでの間の緊急支援の取組として、自社製品(食料品)を学童保育施設、子供食堂、社会福祉施設、生活困窮者支援団体、フードバンク活動を行う団体などに対して無償で提供し、施設へ通う子供たちや生活困窮者等への支援を行う予定です。

Next

(前編)国税庁:オンライン請求による納税証明書の取得を呼びかけ!

令和2年5月15日、国税庁ホームページにて「新型コロナウイルス感染症に関連して使用人等が使用者から支給を受ける見舞金の所得税の取扱いについて(法令解釈通達)」が公開されました。 休業期間中に支払う人件費• また、国税不服審判所ホームページ及びe-Taxホームページでも同様の案内がされています。 〔参考〕• 新型コロナウイルスの影響による業績悪化と、これに伴う役員報酬の減額については、これまでは取扱いが明示されていませんでしたが、 国税庁FAQ(「国税における新型コロナウイルス感染症拡大防止への対応と申告や納税などの当面の税務上の取扱いに関するFAQ)が 令和2年4月13日に更新されており、 この取扱いについて掲載されました。 (全般的なお問合せ)• また、源泉所得税においては、納付を行う際に所得税徴収高計算書の「摘要」欄に「新型コロナウイルスによる納付期限延長申請」である旨を付記する。 その見舞金の支給額が、慶弔規程等や過去の取扱いに照らして相当と認められるものであるかどうか。 他方、受取った法人側は返上された金額を益金として処理することとなります。 感染発生の防止のため、配備するマスク、消毒液、空気清浄機等の購入費用• 飲食業者等の食材(棚卸資産)の廃棄損• 新型コロナウイルス感染症の影響で、試合数の減少や無観客試合の増加によって、広告宣伝価値が減少したことから、当初の契約で定める掲出条件が満たせなくなり、当社はクラブに対して、スポンサー料の一部の返還を求めることが可能です。

Next

国税庁 新型コロナ対応で法人税申告など延長も

〔災害により生じた損失等(翌年以後に繰り越される損失等)に該当する例〕• 問4 賃貸物件のオーナーが賃料の減額を行った場合〔4月30日更新〕 当社は、店舗用物件やテナント等を賃貸する不動産貸付業を行っています。 研修生からは「クラスター(感染者集団)が発生する危険を冒してまで、集まって実施する必要があるのか」と疑問の声が出ている。 そこで、当社では、社内規程である慶弔基準を改定し、「新型コロナウイルス感染症に対する緊急事態宣言下において介護サービスを実施する従業員については、5万円の見舞金を支給する。 この取組については、 指定商品の売上金額の一定割合を寄附金額とすること、 寄附先、 寄附日などをあらかじめ設定し、指定商品を購入するお客様にご理解いただけるよう店内ポスターやホームページなどで広く一般に周知するとともに、寄附をした後には、その旨も同様に周知することとしています。 新型コロナウイルスによる経済活動低迷などの影響で大幅に地価(時価)が下落した場合、相続税や贈与税の算定に使う「路線価」を減額修正できる措置を国税庁が検討していることが6 月23 日、関係者の話で分かった。

Next

国税庁/新型コロナウイルス感染症に関連して使用人等が使用者から支給を受ける見舞金の所得税の取扱いについて

)については、会計期間開始の日から3月(法人税法第75条の2第1項の規定(以下「申告期限の延長特例」といいます。 〇 ただし、「災害に基因するやむを得ない事情」により、取得期限までに新築等ができなかった場合又は居住期限までに居住ができなかった場合には、それぞれの期限が1年延長され、特例の適用を受けることができます(租税特別措置法70条の2第10項、第11項)。 この度、予定どおり医療機関に寄附をしましたが、この支出は、事業所得の金額の計算上、必要経費に算入することはできますか。 資本又は出資を有しない法人又は個人は従業員1000人以下の場合 ただし、大企業の子会社等(下記のいずれかの要件に該当する企業)は対象外となります。 (令和2年7月16日時点) 申請書 ご提出いただく申告書様式は、対象設備の所在する各地方自治体が定める申告書様式となりました。 質疑応答事例(法人税)「フードバンクへ食品を提供した場合の取扱い」• 災害時の税制措置は、地震等の自然災害、火災等の人為的な災害、申告等をする方の重傷病など、災害その他やむを得ない理由により、申告・納付等を期限までに行うことが困難な事情がある企業に対して、税務署へ申請することにより申告期限等が個別に延長される制度(国税に関する期限の個別延長制度)。 (令和2年6月26日現在) 令和2年4月20日に閣議決定された新型コロナウイルス感染症緊急経済対策における税制上の措置では、新型コロナウイルス感染症のわが国社会経済に与える影響が甚大なものであることに鑑み、感染症及びその蔓延防止のための措置の影響により厳しい状況に置かれている納税者に対し、緊急に必要な税制上の措置を講ずることとしています。

Next

中小企業庁:新型コロナウイルス感染症の影響で事業収入が減少している中小企業者・小規模事業者に対して固定資産税・都市計画税の減免を行います

(3)納付の猶予制度関係 問2.新たに設けられた特例猶予制度とこれまでの猶予制度 (6)新型コロナウイルス感染症緊急経済対策における税制上の措置 問2.納税の猶予制度の特例• (外部サイト、別ウィンドウで表示) 所得税に関する取扱い 問8 個人事業者の事業所得に赤字(損失)が生じた場合の取扱い〔4月13日追加〕 私は、居酒屋を営む個人事業主です。 新型コロナウイルス感染症に関しては、災害時のように資産等への損害や帳簿書類等の滅失といった直接的な被害が生じていないものの、感染症の患者が把握された場合には、濃厚接触者に対する外出自粛の要請等が行われるなど、自己の責めに帰さない理由により、その期限までに申告・納付等ができない場合もある。 このように当社が取引先等に対して、復旧支援のため、賃料の減額に応じた場合に、その賃料の減額分については、法人税の取扱上、寄附金として取り扱われるのでしょうか。 原則があれば、例外があります。 国税庁から、「法人税及び地方法人税並びに法人の消費税の申告・ 納付期限と源泉所得税の納付期限の個別指定による期限延長手続に 関するFAQ(令和2年4月8日)」が公表されました。

Next

国税庁、新型コロナに係る税務のFAQを公表

(令和2年8月7日更新)• 〔災害損失欠損金に該当しない例〕• 〇 法人税の取扱いにおける「業績悪化改定事由」とは、経営状況が著しく悪化したことなどやむを得ず役員給与を減額せざるを得ない事情があることをいいますので、貴社のように、業績等が急激に悪化して家賃や給与等の支払いが困難となり、取引銀行や株主との関係からもやむを得ず役員給与を減額しなければならない状況にある場合は、この業績悪化改定事由に該当することになります。 このテナントへの賃貸(資産の貸付け)については、消費税率等の経過措置(旧税率8%)の適用を受けていますが、上記の理由により賃料を減額した場合、引き続き、経過措置が適用されるのでしょうか。 このような場合、租税条約による源泉所得税の免除は受けられないのでしょうか。 また、純損失の金額の全部又は一部を前年分に繰戻し、繰り戻さなかった損失の金額を翌年以後に繰り越すことも可能。 関連リンク• 新型コロナウイルスの影響により業務や資金繰りに影響が出ている場合、申告期限を延長したり、納税の猶予を受けたりすることが可能です。

Next