平成 30 年 賃金 構造 基本 統計 調査。 賃金センサスによる「平均賃金」

賃金センサス 平成30年 男性

5 1,541 2. 第4表• 統計データの高度利用• 平均給与 給与支給総額を給与所得者数で除したものである。 1時間当たり所定内給与額(単位:円)、年間賞与その他特別給与額(単位:千円)• 並べ替えを多用してご利用する際に適しています。 1 21,723 0. これが信頼できる調査結果といえるのか? 歯切れの悪い公表と感じてしまいます。 7 35~39歳 5,527. 給与 平成29年における1年間の支給総額 給料・手当及び賞与の合計額をいい、給与所得控除前の収入金額である。 6 32,880 3. 6万件(0. 1 1,523,442 2. 8 87,160 11. 6 1,974,043 1,845,833 85,124 4. 0 1,790 2. 1 4. URL Email maeno united-law. 1年未満勤続者 「1年を通じて勤務した給与所得者」以外で、12月31日現在在職している者をいう。 ご回答いただいた内容については、統計以外の目的で使用することはありませんので、調査関係書類が届きました事業所におかれましては、調査の目的をご理解いただき、ご協力をいただきますよう、お願いいたします。 1 1,623,351 4. 円未満の端数は四捨五入している。

Next

平成29年分民間給与実態統計調査結果について|国税庁

0年)、「正社員・正職員以外」が20万9400円(同0. 6 110,651 10. 1日当たり所定内実労働時間数、1日当たり超過実労働時間数(単位:時間)• 9 28 男 5,211 0. 1 10,350 2. 職種別、職種・性別• 5 28 男 1,491,579 1. 7 3,505 0. 3 1時間あたり所定内給与額 各個人別ごとに月間所定内給与額を月間所定内実労働時間で除したもの。 1 26 3,509 0. 7%の増加となった。 4 22 4,120 1. である。 第6表• 5 製造業 5,195 2. 56 4. 投稿日:2019年6月1日(土) 厚生労働省が3月、「平成30年賃金構造基本統計調査」の結果を発表しました。 3 11,546 2. 6 54,739 1. 09 25 2,003,597 4. 7年)という結果に。 3 4,869 0. 2%の増加となった(第5表)。

Next

「平成30年賃金構造基本統計調査」のお願い

…提供分類や表題といったメタ情報 付属情報 を検索します。 6 22,530 3. 1 1,162,729 2. 7 198,723 3. 2 40~44歳 4,598. 0 卸売業,小売業 3,732 2. 95 2 1年を通じて勤務した給与所得者 イ 給与所得者数 1年を通じて勤務した 給与所得者数は5,026万人であり、前年に比べ 1. この調査は、労働者の賃金等の実態を産業、地域、企業規模、性、学歴、年齢、勤続年数等別に把握できる唯一の調査です。 37 24 45,556 38,375 84. 3 26 47,563 2. 6 11. 9 13. 5 4. 4 11. )に勤務している給与所得者(所得税の納税の有無を問わない。 4 1,721 0. 0 360,712 2. これを男女別にみると、 男性545万円、 女性293万円で、前年に比べて、 男性は2. 弁護士に依頼するこ とによるメリット・費用等をわかりやすく説明しますのでお気軽にご連絡下さい( 完全後 払いも可)。 4 55~59歳 8,552. これを男女別に見ると、男性では「正社員・正職員」の35万1100円(同0. 5 55,923 1. 31 4. 労働者数(単位:十人)• 1%の増加となった。

Next

グラフで見る賃金構造基本統計調査結果(愛媛)

8 22 45,520 1. 65%となった(第2表)。 10 (参考) < 給与所得者全体に関する主な結果 > 項 目 平成29年分 a 平成30年分 b 伸び率 b - a 1 給与所得者数 % 4,945万人 5,026万人 1. 3 54,273 0. ・「空白」または「and」…すべてのキーワードを含むページが検索されます。 0 5,035 2. 5%の増加、 女性は2. 1 計 47,940 0. 8 25~29歳 4,529. 【問い合わせ先】 鳥取労働局労働基準部賃金室 (〒680-8522 鳥取市富安2丁目89-9) 電話番号:0857-29-1705 FAX番号:0857-23-2423 なお、厚生労働省ホームページに 「平成30年賃金構造基本統計調査のお願い」、 「調査対象事業所に選ばれた事業主の方へ」が掲載されておりますので、参考として下さい。 8 79,211 5. 例えば、複数の事業所から給与の支払を受けている個人が、それぞれの事業所で調査対象となる場合、複数の給与所得者として集計される。 64 26 47,563 40,259 84. 2 24 3,502 0. 「運輸業、郵便業」などで高い伸び率 同調査の結果によれば、一般労働者の賃金(月額平均)は、男女計30万6200円(年齢42. 上記表の給与額は,各年度の「賃金構造基本統計調査」中の「全国産業大分類」の「 1 年齢階級別きまって支給する現金給与額、所定内給与額及び年間賞与その他特別給与額」(産業計・産業別)のExcelファイルの表をダウンロードし,同表の「企業規模計(10人以上)」の欄で,男女計・学歴計,男性労働者・女性労働者各別の 1 学歴計, 2 中学卒, 3 高校卒, 4 高専・短大卒, 5 大学・大学院卒の項に従い,次の算式で得た額をまとめたものである。

Next

賃金センサス 平成30年 男性

2 26 1,974,043 2. 6 3,477 4. 4 年間賞与その他特別給与額 調査対象年の前年1年間 原則として1月から12月までの1年間 における賞与、期末手当等特別給与額をいう。 大企業については、行政機関や民間研究機関等で各種の調査が実施され、調査結果が公表されているものの、企業数の大半を占める中小企業については、必ずしも十分とはいえない状況です。 きまって支給する現金給与額、所定内給与額、年間賞与その他特別給与額(単位:千円)• 2 1兆408億円 内納税者 199兆3,510億円 206兆8,614億円 3. 9 30~34歳 5,586. 7年)でした。 8 79,211 5. 2 60~64歳 5,753. 8 29 男 1,560,453 4. 2 20~24歳 3,167. 86 23 1,957,997 0. 6 81万人 男性 2,936万人 男性 2,946万人 0. 0 65~69歳 3,161. 第2表• 第3表• (最終更新:2016年5月) 短時間労働者・臨時労働者 短時間労働者 常用労働者のうち、一般労働者でない者を指します。 税額 給与所得者に支給される給与について、源泉徴収された所得税額 平成25年分から、復興特別所得税を含む。 5 12. 給与所得者 「1年を通じて勤務した給与所得者」と「1年未満勤続者」の両方を合計したものである。

Next

平成28年賃金構造基本統計調査

2 標本の抽出は、標本事業所については国税庁長官官房企画課が行い、標本事業所に勤務する給与所得者については標本事業所が行っている。 コードに対応する項目名で検索できます。 前年と比較して、男女計、男性、女性ともに0. 1 1,623,351 4. 職種別 資料• 9 1,549,335 1. 9 1,921,498 1,787,114 82,907 4. 1 70歳~ 6,052. 8 29 男 29,357 2. 89 (参考) <1年を通じて勤務した給与所得者に関する主な結果> 項目 平成28年分 a 平成29年分 b 伸び率 b - a 1 給与所得者数 % 4,869万人 4,945万人 1. 産業別や雇用形態別などから見た賃金について紹介します。 例えば、複数の事業所から給与の支払を受けている個人が、それぞれの事業所で調査対象となる場合、複数の給与所得者として集計される。 源泉徴収された所得税額(以下「税額」という。

Next

平成28年賃金構造基本統計調査

8 7兆5,104億円 3 一人当たり 平均給与 432万円 441万円 2. 5 10,770 4. これを男女別にみると、男性156兆453億円、女性57兆6,714億円で、前年に比べ、男性は4. 6 女 19,626 0. 3 20~24歳 3,364. 41 4. 賃金センサスによる「平均賃金」 実務の友資料 年 男女計 学歴計 性別 学歴計 中卒 高卒 高専・短大卒 大・大学院卒 2019年 平成31-令和元年 5,006,900 男 5,609,700 4,114,600 4,835,500 5,165,100 6,714,600 女 3,880,000 2,778,800 3,201,600 4,065,500 4,720,400 2018年 (平成30年) 4,972,000 男 5,584,500 4,128,200 4,811,100 5,104,700 6,689,300 女 3,826,300 2,736,800 3,175,100 4,023,900 4,625,900 2017年 (平成29年) 4,911,500 男 5,517,400 4,128,700 4,764,300 5,042,000 6,606,600 女 3,778,200 2,679,100 3,137,600 3,943,100 4,603,300 2016年 (平成28年) 4,898,600 男 5,494,300 4,028,300 4,693,500 4,947,000 6,626,100 女 3,762,300 2,638,700 3,092,800 3,968,900 4,572,300 2015年 (平成27年) 4,892,300 男 5,477,000 3,990,200 4,699,400 4,974,600 6,637,700 女 3,727,100 2,590,900 3,101,200 3,932,100 4,546,500 2014年 (平成26年) 4,796,800 男 5,360,400 3,906,300 4,663,500 4,874,900 6,487,100 女 3,641,200 2,555,700 3,053,300 3,852,600 4,479,800 2013年 (平成25年) 4,689,300 男 5,241,000 3,902,800 4,540,800 4,775,400 6,405,900 女 3,539,300 2,446,200 2,959,400 3,769,300 4,406,600 2012年 (平成24年) 4,726,500 男 5,296,800 3,839,600 4,585,100 4,841,300 6,481,600 女 3,547,200 2,426,500 2,942,300 3,812,100 4,434,600 2011年 (平成23年) 4,709,300 男 5,267,600 3,883,100 4,588,900 4,775,500 6,460,200 女 3,559,000 2,410,100 2,957,700 3,830,600 4,482,400 2010年 (平成22年) 4,667,200 男 5,230,200 4,019,500 4,619,000 4,700,300 6,332,400 女 3,459,400 2,469,900 2,940,600 3,762,800 4,284,900 2009年 (平成21年) 4,705,700 男 5,298,200 3,966,600 4,613,800 4,724,000 6,544,800 女 3,489,000 2,473,000 2,957,200 3,775,000 4,400,000 2008年 (平成20年) 4,860,600 男 5,503,900 4,275,500 4,877,200 4,954,800 6,686,800 女 3,499,900 2,490,800 3,011,600 3,845,700 4,384,300 2007年 (平成19年) 4,882,600 男 5,547,200 4,312,400 4,924,000 4,913,100 6,807,600 女 3,468,800 2,495,300 3,005,200 3,774,600 4,461,200 2006年 (平成18年) 4,893,200 男 5,554,600 4,395,400 4,926,500 5,019,600 6,767,500 女 3,432,500 2,551,800 2,971,700 3,781,700 4,401,100 2005年 (平成17年) 4,874,800 男 5,523,000 4,382,000 4,903,400 4,939,500 6,729,800 女 3,434,400 2,544,300 2,961,500 3,787,000 4,429,000 2004年 (平成16年) 4,854,000 男 5,427,000 4,521,100 4,901,300 4,838,500 6,574,800 女 3,502,200 2,680,100 3,123,400 3,769,300 4,374,800 2003年 (平成15年) 4,881,100 男 5,478,100 4,598,600 4,972,700 4,936,600 6,587,500 女 3,490,300 2,665,200 3,118,100 3,791,200 4,458,900 2002年 (平成14年) 4,946,300 男 5,554,600 4,649,600 5,027,100 5,011,200 6,744,700 女 3,518,200 2,712,100 3,167,400 3,833,400 4,465,000 2001年 (平成13年) 男 5,659,100 4,852,300 5,197,800 5,018,300 6,804,900 女 3,522,400 2,728,000 3,230,300 3,791,600 4,530,100 2000年 (平成12年) 男 5,606,000 4,854,800 5,193,300 4,934,700 6,712,600 女 3,498,200 2,742,300 3,233,500 3,779,100 4,485,400 1999年 (平成11年) 男 5,623,900 4,873,800 5,204,400 5,009,500 6,774,400 女 3,453,500 2,701,500 3,217,500 3,750,800 4,450,900 各年度の賃金構造基本統計調査結果は,「e-Stat(政府統計の総合窓口)」から検索できる。 調査の内容は、「賃金」、「賞与」、「諸手当」、「初任給」、「モデル賃金」等で、「退職金」と「労働時間」については、隔年で交互に調査しており、本年は「退職金」について調査しました。 3 13. 2 7,893 3. 9 37千円 非正規 164万円 非正規 167万円 1. 4 68千円 非正規 172万円 非正規 175万円 1. 9 65~69歳 3,537. 6 31,822 1. 0 28千円 非正規 8万円 非正規 9万円 8. 7 44. コード一覧と照らし合わせてご利用ください。 5 55,923 1. 6 73千円 正規 487万円 正規 494万円 1. 第7表• 私も顧問先の調査票を作成するなどの関わりがあり、また、人事制度・賃金制度設計をする際にもよく利用していますので、なじみの深い調査です。 1 10,350 2. 役員 法人の取締役、監査役、理事、監事等をいう。

Next