佐藤 焼酎。 佐藤酒造

焼酎「佐藤」を解説。3Mなどの有名銘柄を超えるとも言われる魅力とは

少し落ち着きましたが、まだ価格は高いようです。 多くのプレミア焼酎がそうであるように、「佐藤酒造」の造りに対するこだわりが「佐藤」を生み出し、それ故に数に限りがある、プレミアな逸品が仕上がっていくのです。 「 佐藤 麦」は、原料に 麦を使用。 これぞ麦焼酎と言える逸品で、 麦の旨味・香りがストレートに伝わってきます。 お好きな商品を選び「カ-トに入れる」ボタンを押してください。 香りのイメージままに、香ばしい麦のような程よい苦味をともなった味わいが口の中に広がります。 代表銘柄「佐藤の他に、 ブランド銘柄「さつま」を造っています。

Next

黒麹仕込みのプレミア焼酎「佐藤 黒」その人気の秘密に迫る!

味わいの特徴 濃厚で厚みのある味わいです。 配達時間指定がある場合は買い物カゴにてご指定ください。 佐藤は3Mではありませんが、この3Mと肩を並べるほど絶品な焼酎であることから人気を集めている銘柄。 焼酎の本場、 鹿児島県霧島市に蔵を構えるのが「 佐藤酒造」です。 贈答品として用いられることも少なくないようです。 佐藤 黒麹仕込み 25度 芋焼酎 720ml 1673円 1800ml 3355円 白麹仕込みの焼酎に対し、しっかりとした太いボディを構成できる黒麹仕込みの焼酎は、サツマイモ独特の香ばしい香りを持ちながら、サツマイモの甘味を持つという特性をもっています。

Next

佐藤・さつま(店頭販売) 銘酒の通販 酒のたかしま

飲み比べてみると、「佐藤 黒」は白に比べて 透明感があり、 芋の味わいがしっかりと伝わってきます。 お蔵さんの喜び、消費者さまの喜び、私共の喜び、是非共有したいと思います。 水割りやお湯割りにすると、飲みやすくなり、麦の香りが柔らかく甘みも感じられるようになります。 「佐藤」という銘柄には、芋焼酎の「黒麹仕込 佐藤」と「白麹仕込 佐藤」、そして麦焼酎の「佐藤 麦」の3種類がラインナップされています。 この記事を読んで、焼酎「佐藤」の魅力を知った上で、呑む「佐藤」の味はまた変わってくるかもしれませんね。 インターネットではご紹介だけにとどめさせていただいています。 それを過ぎますと、返品、交換のご要望はお受けできなくなりますので、ご了承ください。

Next

黒麹仕込みのプレミア焼酎「佐藤 黒」その人気の秘密に迫る!

com 「佐藤」を造るのは、明治39年(1906年)に創業した鹿児島の酒造メーカー、佐藤酒造。 目の前は東京湾。 入手困難なことで知られている「プレミア焼酎」。 もともと芋焼酎で知名度が高かったので、すぐに人気となりました。 カート画面で商品と金額を確認し「購入手続きへ進む」ボタンを押してください。

Next

プレミア焼酎「佐藤 白」人気の理由を徹底解説!

光を閉じ込め水の魔法は銀に輝く。 鹿児島県にある佐藤酒造によって作られています。 芋の香りがさらに増し、素直に広がる芋本来の香りは、上品で落ち着いたひとときを演出しますよ! 「佐藤 白」はギフトにもピッタリ! いかがでしたでしょうか?プレミア焼酎 「佐藤」シリーズは、焼酎玄人から初心者まで、どなたにもオススメできる逸品です。 原料芋「コガネセンガン」の香ばしい香りとインパクトのある甘味をあわせ持った「佐藤 黒」は、やわらかな仕上がりの「佐藤 白」とは対照的に、黒仕込み特有の力強さとしっかりとしたボディを表現。 黒麹らしい、 どっしりとしたボディと味の膨らみが、力強く広がります。

Next

【楽天市場】佐藤麦 25°1800ml 【佐藤酒造】 〜佐藤黒・白に負けない人気!〜:ビッグリカーズ

記 1.株式取得の理由 佐藤焼酎は、1905年(明治38年)宮崎県延岡市において創業、「天の刻印」ブランドに代表される麦焼酎の他、米や芋の各焼酎も手掛ける酒造メーカーです。 酒の質を保つためにも大量生産がされておらず、製品に懸ける佐藤酒造の思いが人気に火をつけたのかもしれませんね。 プレミア焼酎として名高い「佐藤」の魅力は分かられましたか?佐藤酒造が真心込めてつくっている焼酎であることも再確認できたのではないでしょうか。 その中にも感じられる しっかりとしたコクは、芋焼酎初心者〜玄人まで、幅広くオススメできる味わいです。 これによってガツンと辛口系の黒麹の焼酎とは異なり、やわらかな甘みを感じることができます。 飲料水としても注目を集めている、この澄みわたった名水を仕込み水に用いることで、サツマイモや麦の素材感が生きてくるのです。

Next

鹿児島の焼酎【佐藤(さとう)】芋焼酎3Mに匹敵する、プレミアム級の味わい|たのしいお酒.jp

ハッキリとした芋の甘みを感じることができ、同じシリーズの白麹仕込みの「佐藤」と比べ、重厚な味を楽しめるのが「佐藤 黒」のクセになるポイント! ロックで楽しむのも良いですが、私が オススメする飲み方は「お湯割り」です。 芋焼酎の本流・芋焼酎本来の旨さを追求しています。 麦の風味をしっかり感じる銘柄の方が、香ばしさと甘みによってアルコール感を感じにくくなり 飲みやすくなります。 佐藤酒造がある霧島は「水がおいしいところ」としても有名で、蔵で使用しているのは霧島山系の水です。 全体的には麦の風味が濃く、まろやかな口当たりです。 「佐藤・麦」の香りと味わい ここでは筆者が感じた「佐藤・麦」の香りと味わい、特徴などを挙げていきます。

Next