メトグルコ 錠 250mg。 【糖尿病のお薬】メトグルコ錠®(ビグアナイド系)の作用・副作用、服用の注意点などを解説

メトグルコ錠250mg、メトグルコ錠500mg、メトホルミン塩酸塩錠500mg MT「JG」が自主回収に!

1. 臨床使用に基づく情報 インスリン又は経口血糖降下剤の投与中にアンジオテンシン変換酵素阻害剤を投与することにより、低血糖が起こりやすいとの報告がある。 4参照] 16. 1、10. 1、1. なお、高齢者等、特に慎重な経過観察が必要な場合には、より頻回に確認すること。 いずれの薬剤も併用により薬物動態に臨床的意義のある薬物相互作用はみられなかった(外国人データ)。 1. 次に示す患者[乳酸アシドーシスを起こしやすい]〔1. 1.1参照〕[乳酸アシドーシスを起こすことがあるので、本剤の投与中は過度のアルコール摂取(飲酒)を避けること(肝臓における乳酸の代謝能が低下し、また、脱水状態を来すことがある)]。 1、9. , 253, 321-323, 1961• この作用も、血糖の上昇を抑えてくれるため糖尿病の改善に役立ちます。 73㎡未満の患者には、治療上の有益性が危険性を上回ると判断される場合にのみ投与すること〔7.用法及び用量に関連する注意の項、8. 1 重度の肝機能障害のある患者 投与しないこと。

Next

メトグルコ:高用量投与が可能なメトホルミン製剤:日経メディカル

3.ビグアナイド系糖尿病薬での副作用、注意点 ビグアナイド系の糖尿病薬を使用していて注意すべき副作用は乳酸アシドーシスという副作用です。 1.4. 横紋筋融解症(頻度不明):筋肉痛、脱力感、CK上昇、血中ミオグロビン上昇及び尿中ミオグロビン上昇を特徴とする横紋筋融解症があらわれることがある。 >糖尿病と診断されて、メトホルミン250mg1錠を朝晩食後に飲むように >言われています。 (禁忌) 2. 〕 4 重度の肝機能障害〔肝臓における乳酸の代謝能が低下する。 5参照] ・腎機能や脱水症状等患者の状態に十分注意して投与の中止や減量を検討すること。

Next

メトグルコ通販|メトホルミン|2型糖尿病薬|効果・副作用

次の副作用があらわれることがあるので、観察を十分に行い、異常が認められた場合には投与を中止するなど適切な処置を行うこと。 1参照〕。 ・低血糖症状を起こすことがあるので、高所作業、自動車の運転等に従事している患者に投与するときには注意すること。 (保管上の注意) 室温保存。 1、10. メトグルコは肝臓のグリコーゲンがグルコースに分解されて血液中に放出されるのをブロックします。 73㎡))、また、投与にあたっては、1日量を1日2〜3回分割投与すること]• 本剤の適用はあらかじめ糖尿病治療の基本である食事療法、運動療法を十分に行った上で効果が不十分な場合に限り考慮すること。 含まれている成分はメトグルコ錠と変わりありません。

Next

メトグルコ錠における新たなPTPシート製剤の出荷について

万が一に備えインスリンの余力を残しておいた方が良いのです。 4%(42例)、食欲不振14. 食欲不振• 利尿作用を有する薬剤により、体液量が減少し脱水状態になることがある。 飢餓状態• 食事療法・運動療法のみ又は食事療法・運動療法に加えてスルホニルウレア剤で効果不十分な2型糖尿病患者に、1日500mgより開始し、1日750~2,250mgを2~3回に分割して54週間投与した結果、HbA1c(NGSP)値、空腹時血糖値及びグリコアルブミン値は改善し、良好な血糖コントロールが維持された。 副腎皮質ホルモン[併用により血糖降下作用が減弱することがあるので、患者の状態を十分観察しながら投与すること 副腎皮質ホルモンによる肝での糖新生促進等が考えられている ]。 食事は基本的に、揚げ物以外の和食が良いです。 1参照] 9. 2参照]• もしなら、自己血糖測定器を購入して自分で測定するのも良いかと思いますが、何せお金が掛るので・・・・。 1、1. 9%(17例)、腹痛15. ・アドレナリン、副腎皮質ホルモン、甲状腺ホルモン、卵胞ホルモン、利尿剤、フェノチアジン系薬剤など 血糖減少作用が弱まる恐れがあります。

Next

メトグルコ錠250mgの後発薬・ジェネリック一覧

〕 3. 脱水状態• 相互作用 本剤はほとんど代謝されず、未変化体のまま、主にhOCT2を介して尿中に排泄される〔16. (肝機能障害患者) 肝機能障害患者:肝臓における乳酸の代謝能が低下し、乳酸アシドーシスの発現リスクが高くなる可能性がある〔1. 1、9. 1参照〕。 重症感染症、手術前後、重篤な外傷のある患者[インスリン注射による血糖管理が望まれるので本剤の投与は適さない、また、乳酸アシドーシスを起こしやすい]〔1. 1参照〕。 1、10. 1参照] 11. 妊婦又は妊娠している可能性のある婦人〔「妊婦、産婦、授乳婦等への投与」の項参照〕 6. 病院に行くまでわからないのが、現状ですね。 副作用発生リスクを上げない生活をしましょう 副作用は出やすい人と出にくい人があります。 大日本住友製薬資料:小児患者を対象とした長期投与試験• 1、2. 患者の状態を十分観察しながら投与すること。 2. 処置 過量投与時、アシドーシスの補正(炭酸水素ナトリウム静注等)、輸液(強制利尿)、血液透析等の適切な処置を行う。

Next

メトグルコ錠のすべて

飢餓状態• 1、16. Pharmacol. 73m 2未満)のある患者又は透析患者(腹膜透析を含む)[9. 血液中に乳酸がたまることによって、血液が酸性に傾きすぎるために起きる症状です。 維持量は効果を観察しながら決めるが、通常1日500~1,500mgとする。 1、2. 73m2未満)では、メトホルミンの血中濃度が上昇し、乳酸アシドーシスの発現リスクが高くなる可能性があるため、以下の点に注意すること。 しっかりと把握していないと同じ薬でも規格、商品名が異なって処方してしまうと医療過誤になってしまうので注意が必要です。 妊婦さんや産婦さん、授乳婦さんへの使用も医師への相談が必要です。 動物実験(ラット、ウサギ)で胎児への移行が認められており、一部の動物実験(ラット)で催奇形作用が報告されている。

Next

糖尿病と診断されて、メトホルミン250mg1錠を朝晩食後に飲むよう...

厚生労働省の要請を受けた検査の結果、一部で基準を超える発がん性物質が検出されたため。 副腎機能不全• インスリンは、血液中の糖(血糖)を筋肉などの末梢組織に移動させることで血糖を下げます(そして末梢組織に運ばれた血糖は、生命活動のためのエネルギー源となります)。 組織に取り込まれた糖分はエネルギー源となり、身体活動をするためのエネルギーとして使われます。 1参照] 9. また、炭水化物(=糖質)の摂取量についてですが、取りすぎはもちろんよくないので節制はしないといけないのですが、糖質制限については、勧める先生もいますが、糖質をやめるとたしかに痩せるし血糖は良くなりますが、栄養バランスの偏りが体に悪影響を与えないか、よく分かっていないと言うのが多くの専門家や学会の意見だと思います。 4%(92例)、悪心15. 1.2. 感染症:乳酸アシドーシスを起こすおそれがある〔8. 横紋筋融解症 などが生じる可能性が稀ながらあります。 肝臓において糖新生という働きを抑制することで体内の血糖値を下げる働きがあります。 軽度〜中等度肝機能障害• 8%)、腹痛(11. 1参照] 9. 運動療法、食事療法で効果がなかったとき 血糖値の上昇を抑制するためにまずいわれるのが食事療法と運動療法です。

Next