アトレー ワゴン。 アトレーワゴン・登録(届出)済未使用車の中古車

ダイハツ・アトレー

11 ABA-S321G F 4. 広々とした室内空間が広がる新型アトレーワゴンは、車中泊も可能な軽ワンボックスカーとして長きにわたり多くのユーザーに愛され続けています。 カスタム系は納車待ちが3か月となり、CM放映を一時中止するほどの人気となった。 アイドリングストップ• アトレーワゴンは 4人乗りながら荷物もいっぱい積める広さがおすすめの軽ワゴンです。 エアコンがほとんどのグレードで標準装備となったが、装備の簡略化なども実施されている。 66L 直3 SOHC ターボ EF-TS型 0. ボンネットバン• 660 カスタムターボ ハイルーフ 4WD• フロント周りを一新し、インパネは専用の2トーン仕様に変更。

Next

アトレーワゴン燃費14.8km/Lのメリット・デメリット!全車ターボ搭載

なお、この車両は、2009年から富士重工業(現・スバル)「ディアスワゴン」にOEM供給が開始されています。 10 全長:3395mm 全幅:1475mm 全高:1875mm ABA-S331G 2019. 11-2017. - 一部改良。 6万円 14. 全ての年代の方にお勧めしていますが、高年齢層の方に多いペダル踏み間違い事故を起きにくくする装置なども備えていますので、高齢者の皆様には特にお勧めしています。 11 全長:3395mm 全幅:1475mm 全高:1875mm ABA-S321G 2015. (平成2年) - 660cc新規格化される。 1万円 14. - グレード見直し。 660 フレンドシップ スローパー リヤシート付仕様• 一時期、にもとして供給されていたが、2004年で販売を終了した。

Next

ダイハツ アトレーワゴンとスズキ エブリィワゴン徹底比較!

- AT車を追加。 アトレーワゴンのエクステリア・外観 アトレーワゴンのエクステリアで、まず目を引くのは、これまでとは大胆に変身したアグレッシブなフロントマスクでしょう。 1月 - マイナーチェンジ。 2代目モデルとなる2005年5月発売モデルにおいて実施されたフルモデルチェンジでは、「家族みんなで楽しく使えるプレジャーサポーター」をコンセプトに開発され、内外装の質感や快適性がさらに向上しました。 04 全長:3395mm 全幅:1475mm 全高:1875mm ABA-S331G 2014. 同時に福祉車両についてもマイナーチェンジ前の自然吸気エンジンから同様のターボエンジンに変更された。

Next

アトレーワゴン・登録(届出)済未使用車の中古車

とはいえ、キャブオーバー型は重心が高いため、走行中に車体が揺れやすく、乗り心地や走行安定性ではFF(前輪駆動)の軽スーパーハイトワゴンにはとてもおよびません。 350kgのが可能なGXが消滅し、全車200kg積へ統一された。 カスタム系は、初代アトレーの初期モデル以来、17年ぶりの採用となったロールーフに、ルーフレールを組み合わせた。 6m 1000kg 658cc ABA-S321G 5ドア 4AT - - - - - 13インチ標準 182. 660 フレンドシップ スローパー リヤシート付仕様 4WD• これに伴い、リアのナンバープレートの位置を初代と同様のテールゲート中央に戻した。 5月 - 「カスタムターボ」をベースにスライドドアイージークローザー(左側のみ)、マルチリフレクターハロゲンフォグランプ(角形)、2DINオーディオ(CD・MD・ラジオ)、リアヒーター(温度調節コントローラー付)を装備した特別仕様車「G Selection」を発売。

Next

アトレーワゴン(ダイハツ)の中古車

後に電動スライド化される。 9万円 158. ダウンヒルアシストコントロール• パークアシスト• 55L ターボ EB71型 0. 1万円 15. 頸部衝撃緩和ヘッドレスト• 安全対策として、ダイハツ軽自動車で初採用となるABSがSRとRTターボ系に標準装備され、一部のグレードでオプション設定。 先代はハイゼットカスタムEXでした。 ワイド スタンダード メモリーナビ[2020モデル]はディーラーオプション。 7月 - 普通車登録の「アトレー7」の発売を記念し、公認の「アトレーワゴン 高橋由伸バーション」を発売。 工場移転前に生産された在庫車両販売のためメーカーオプションもほとんどなくなっている。 (元年) - 電動ガラスサンルーフを装備したターボFX、スポーティグレードのターボXXが登場。

Next

ダイハツ アトレーワゴン のホイールサイズ

ランフラットタイヤ• オットマン• 11- ABA-S321G-ZQCZ F 4. 11-2019. DAIHATSUが製造・販売を手掛けるアトレーワゴン(ATRAI WAGON)は、1981年に初代モデルが発表されているロングセラーカーです。 予防安全装備・評価 この車種は以下に対応しています。 - フルモデルチェンジ。 運転席のスイッチ、専用リモコン、ドアのハンドルなどでぱっと開閉できるので、買い物やお子様の送り迎えなどファミリーユーズには便利な機能です。 アトレーシリーズはハイゼットシリーズとともにダイハツ唯一の圏工場であるので生産されていたが、現在は前橋工場を完全閉鎖し、アトレーシリーズはので生産を継続している。 PDF プレスリリース , ダイハツ工業株式会社, 2019年11月1日 , 2019年11月1日閲覧。

Next

ダイハツ・アトレー

(平成3年) - ターボ車が化された。 アトレーワゴンのパワーユニットは1種類 アトレーワゴンに搭載されるパワーユニットは、総排気量658ccの直列3気筒DOHCに、インタークーラー付きターボチャージャーを装着したエンジン1種類のみとなります。 660 カスタムターボR HDDナビエディション• 大きなドアに加えフロアも低床フラットタイプの設計で足元が広く、大人も乗り降りが楽チンです。 660 カスタムターボR• シートヒーター• 気になるアトレーワゴンの価格は? アトレーワゴンの車両本体価格をグレード別に紹介します。 最新の仕様・設定については、販売会社におたずねください。 シートエアコン• 「LEDヘッドランプ」を標準装備し、夜間の視界をより明るくすることで、安全性を向上させた。 ミュージックサーバー• スムーズに稼動するサスペンションで乗り心地も悪くありません。

Next

ダイハツ アトレーワゴンとスズキ エブリィワゴン徹底比較!

平成6年 1月 - 3代目と入れ替わる形で販売終了。 ベルトセットは1台用と2台用がラインナップしています。 日本車でこの方式は、大ヒットした1990年のトヨタ エスティマや1991年の初代日産セレナに初めて採用され、アトレーのライバル車ススキ エブリイも同じ方式を採用しています。 高速運転での若干の不安定さ 低速での運転ではサスペンションの優秀さで安定走行が可能ですが、高速走行でカーブのある道だと重心が高い分不安定さを感じてしまいます。 11 ABA-S331G F 4. 「カスタムターボRS」と「カスタムターボRS Limited」に装備されているトップシェイドガラスをグリーンからブルーに変更した。 4ナンバー車は5ナンバー登場後もそのまま併売され、1999年末にCL以外消滅した。 - ボディサイズの変更に伴う軽自動車の新規格への移行、ならびに4代目モデルへのモデルチェンジに合わせる形で3代目モデルの販売終了。

Next