ホンダ アクセス s2000。 S2000パーツカタログ │ 開示予告 │ Honda

ホンダ S2000「20年目のマイナーチェンジ」、発売20周年記念純正アクセサリー発売へ

リアストレーキ 未塗装(プライマー処理済み) 08F04-PH6-000 33,000 30,000 1. 「ありがたいことに、われわれにはHonda車を長く乗っていただいているファンの方々がたくさんいます。 もちろん風で飛ばされることもない ボディーカバー ハーフタイプは、S2000発売時にも用意されていたアクセサリーだが、長年使えばボディーカバーの保護機能も薄れるというもの。 新開発されたフロントエアロバンパーに加え、スポーツサスペンションなども設定されている。 ビートよりは新しいが、S2000もクルマとしては熟年期。 2001年のマイナーチェンジでは、ソフトトップのリアスクリーンが熱線入りのガラスに変更された。 肩肘は抜きながらも締めるところは締める。

Next

「S2000の進化は終わらない!」ホンダアクセスが20年目のアップデートを敢行【PR】

たとえば有志によるモータースポーツ活動に補助を出したり、年初に幕張メッセで開催される世界最大級カスタムカーイベント「東京オートサロン」の会場で、同社の従業員活動「N Lab. 「S2000」は1999年4月に338万円で発売されて以降、10年間に渡って生産されたホンダのFRスポーツ。 スポーツサスペンションは500セット、オーディオリッドは2000個の数量限定販売。 縦置きされたF20C型 2L直4 VTECエンジンは、リッターあたり125psというレーシングエンジン並みの出力をマーク。 内容面では、最新の製品安全の考え方を反映し、正しい使い方をより分かりやすく伝える事を念頭に、この度すべてのマニュアルを見直しました。 バンパー下部のタイヤ前には複数のスリットが設けられていますが、これは5月28日に発表された「FREED Modulo X」にも採用されているエアロボトムフィンと同じく、ホイールハウス内を整流します。 川村氏も「Moduloの乗り味である、意のままのコントロール性、4輪で舵を切る感覚は一貫しています。

Next

ホンダS2000<20周年記念純正アクセサリー装着車>(前編)

5万kmと若干短縮しているが、平均価格は3カ月前の約256万円から約252万円へとわずかに値落ち傾向となっている。 渡部氏も「フロントエアロバンパーの造りこみについては1週間ほどデザイン、開発、設計者などチームで缶詰めになって確認しました」と労作であることを語った。 全世界で約11万台を販売した後、後継車が無いまま2009年8月に生産終了。 フロアマットは2分割式で、車両にジャストフィットするのはもちろんのこと、底面にはズレ防止加工がなされているので、スポーツドライビングにも十分に対応する。 また、幌の劣化防止に欠かせないハーフタイプの「ボディカバー(1万8700円)」を、販売当時のブルーからブラックに変更し記念ロゴのタグを付与。

Next

images.dujour.com:成人式を迎えた「S2000」をさらに進化させるホンダアクセス入魂の新パーツを徹底チェック! (1/4)

」(エヌラボ)で造られたコンセプトカーの展示するほか、一見本業とかけ離れたように見える活動を行なっている。 とくに今回は20年前のクルマ。 色々大変そうでしたが、製品を購入いただいたオーナーのみなさまにとても喜んでいただいて。 「東京オートサロン2013でS2000 Modulo Climaxを提案したことはあったのですが、いよいよ20周年も目前というタイミングになっても、社内で商品化の動きもない状況でした。 S2000にスイッチ類が少ないのは、そもそも現在のクルマで常識となっている装備が付いていないからだ。 これからも「世代をつなぐ」S2000を愛して乗り続けてもらうため、オーナーの声を開発に反映した、エアロバンパーやサスペンション、オーディオリッドなど、20周年記念アイテムを装着する。

Next

ホンダアクセス、『S2000 20th Anniversary』純正アクセサリーを発売開始!

そうだった。 1999年の発売当初も、S2000は特異な存在だった。 この時はオーナーのみなさんに喜んでもらえるモノづくりがしたい! という事以外、ノープランでした 笑。 すでに完売しているアイテムもございます。 フロアカーペットマット ブラック(クロスメンバーカバー付) 08P16-PH6-010 30,800 28,000 0. こうして、S2000 20thプロジェクトはスタートした。 高速道路で直進性が高いと感じたのは、空気の流れを整えたことが効いているからかもしれない。

Next

images.dujour.com:成人式を迎えた「S2000」をさらに進化させるホンダアクセス入魂の新パーツを徹底チェック! (1/4)

なお、『S2000 20thアニバーサリー』に与えられたパーツ群は、厳選された8アイテムが一般販売 6月26日 に向けて予約受注を開始しているが、すでに完売状態の製品もあるという。 フロントバンパーほか新規開発された製品のほか、フロアマットやオーディオリッド、スポーツサスペンションはリニューアル(仕様変更)、そしてリアストレーキやトランクスポイラーといった、S2000の新車当時に設定されていた人気アクセサリーは復刻版として発売される。 さらに、ボディ剛性の強化やサスペンションの見直しなどを行い走行安定性は向上している。 受注の状況によってはさらに時間がかかる場合があります。 しっかりと修理されていないと本当のパフォーマンスが発揮できないからだ。 ただ、時代が変わって何が失われたのかを思い出すことには意義がある。 ロアグリル部は、ベルリナブラックで塗装したもの。

Next