ようこそ 実力 至上 主義 の 教室 へ キャラ。 「ようこそ実力至上主義の教室へ 2年生編 第1巻」感想 2年生開始。新キャラ登場に早速の特別試験!目が離せないスタートダッシュ

「ようこそ実力至上主義の教室へ 2年生編 第1巻」感想 2年生開始。新キャラ登場に早速の特別試験!目が離せないスタートダッシュ

真鍋 志保(まなべ しほ) 船上の特別試験で伊吹と共に綾小路と同じ兎グループになった女子。 成川多加志• 選抜種目試験では前々からの約束通り綾小路との直接対決にこぎ着ける。 担任の言動や職員室の様子に違和感を覚えた綾小路は過去問の存在を確信し、 櫛田桔梗とともに3年Dクラスの生徒に接触すると、プライベートポイントの譲渡を交渉材料に一昨年の試験問題の入手に成功する。 「まったく、いったいどうしたという. その後は基本的に一人で行動するようになっている。 そのことから帆波から憧れられて目標にされている。 ですから、おそらくそれ以外の 「特別な理由」で学校を欠席していたのではないでしょうか。

Next

『ようこそ実力至上主義の教室へ』がキャラクターコラボクレープ専門店「キャラクレ!」とコラボ実施!

船上の特別試験中、Cクラスの真鍋達にいじめられっ子であったことを見破られた際には激しく動揺し、過呼吸に陥っている。 よう実 2年生編 1巻の内容 ここから先はネタバレを含みます。 綾小路清隆(中央) 主人公。 各クラスの生徒の点数とそのパートナー点数の平均点です。 今後も、綾小路くんの無双的な活躍が楽しみです。 これが綾小路くんをテンプレ主人公から遠ざけている理由であると言えるでしょう。 クラスポイント クラスに属する生徒達を評価したポイント。

Next

『ようこそ実力至上主義の教室へ』の主人公・綾小路の正体と実力をまとめてみた

宇都宮 陸(うとみや りく) Cクラスに所属する男子生徒。 期末試験でのペーパーシャッフルでは須藤たちを指導し、結果Cクラスに勝利して3学期以降のCクラス昇格を確実なものにする。 綾小路からは、桔梗を味方につけようとするなど独自に動いたりすることがあるためか、信用できないと評されている。 鈴音のクールな部分とふと見せる可愛らしい一面を表現。 1年生編 [ ] 小説第1巻(入学 - 1学期中間試験) 入学時に振り込まれた10万prという大金をDクラスの大半の生徒は使い果たし、5月初日を迎えたが、毎月1日に振り込まれるはずである10万prがDクラスの生徒には1prも振り込まれていなかった。 その証拠として、彼が入試で全教科50点を取っている事や、体育祭で身体能力的な本気の一部を出していることが挙げられます。 鬼頭 隼(きとう はやと) 坂柳派の男子。

Next

「ようこそ実力至上主義の教室へ 2年生編 第1巻」感想 2年生開始。新キャラ登場に早速の特別試験!目が離せないスタートダッシュ

綾小路は急患を理由に鈴音を強制的にリタイアさせてリーダーを自分へと変更することで、水面下で蠢いていたと推察される龍園の策略からDクラスを守り、クラスを圧勝へと導いた。 恋愛での心の変化とかそういうものを期待していましたが、彼自身はテンション変わらず成長もなし。 まるで別人のようだ。 特別試験の開始 今回のお話のメインは特別試験になります。 引用: 登場人物 主要な登場人物は変わりませんが、本巻から1年生が新キャラクターとして増えました。

Next

『ようこそ実力至上主義の教室へ』一ノ瀬帆波の実力をまとめてみた

石崎たちを呼び出し、学園側は最初から事件の真相に至っていたという偽の事実を半ば強制的に信じさせると、退学を免れないCクラス側は訴えを取り下げざるを得なくなり、事件は幕を下ろした。 「じゃあ、帰るか」 「うん」 俺たちは寮を目指して歩き出した。 それが大丈夫な方のみ、お読みください。 待ち受けるは試験だけではなく、個性的な新1年生達。 次巻に無理やり押し込むなら、今回の特別試験の最終的な結果は次々巻に繰り越してもいいのではないかなとも思います。 しかし、上述での心の闇から万引きを繰り返してきた彼女にとって、坂柳から手駒扱いであれ必要とされていることには、坂柳の冷酷さへの不満とは別に充実感も持っている模様。

Next

ようこそ実力至上主義の教室へ 最強キャラランキングTOP10

クラスごとに分かれ、1週間のサバイバル生活が始まるが、Dクラスは仮設トイレを巡る男女間の口論や日頃から傍若無人な言動を繰り返す 高円寺六輔の身勝手なリタイアなど前途多難。 ものすごく大がかりな内容になるでしょうから、今までにないハードルを課された次回がこのシリーズの正念場でしょうから。 それに足を運ぶ鈴音と清隆でしたが、様子を少し見たところで特別な動きはせず、クラスへ戻っていきます。 そして綾小路は生徒会長である学と対決、ついに感情の赴くままに実力の一端を披露する。 プロフィールから分かる通り、バランスよく非常に高い能力を持った生徒です。 このため推薦されていない時点で入学は不可能となっている。

Next

『ようこそ実力至上主義の教室へ』の主人公・綾小路の正体と実力をまとめてみた

自身の本性を知っている可能性がある鈴音を陥れるため、船上の特別試験以降、影で龍園と手を組みDクラスを裏切り続けていた。 次の特殊試験の回がどんな面白い回になるか期待してます。 進級前に起きたクラス前投票ではクラスメイトの退学を前提とする試験内容に追い詰められ、綾小路にたびたび相談を持ち掛ける。 綾小路に平田の事について相談する。 堀北 鈴音(ほりきた すずね) を参照。

Next