コロナ 生物 兵器。 「新型コロナは全人類抹殺のため中国が作った生物兵器」日本人医師が断言! 治療法なし、ウイルスは体内に永遠に残る!

コロナは人工的?人口削減・生物兵器・陰謀説を検証【宗教・フリーメーソン・貧困】

上の記事では、2017年にロシア政府の宣伝報道機関であるラジオ・スプートニクで、ショーハム氏が「IS(イスラム国)が、西側諸国に潜むスリーパーセル(潜伏工作員)に化学兵器の技術を移転した可能性がある」との トンデモ説を示唆した前歴が指摘されている。 最初にこの脅威を指摘したのは、 イスラエルの元軍事情報官(上級アナリスト)の ダニー・ショハム氏です。 しかしそこに政治的な優先順位がつかない。 次に猿(霊長類)に感染させました。 英紙「Express」(3月6日付)によると、米・ニューヨーク州ロングアイランド沖にある高度隔離施設プラムアイランド動物疫病研究所こそ今回のウイルスの出所かもしれないというのだ。

Next

【緊急】11月までに米中戦争勃発へ!! 「新型コロナは生物兵器」亡命学者が証言し、ついに米国が本気モード(解説:ケロッピー前田)

アルカイダもIS(イスラム国)もアメリカが作った。 生命科学分野の研究は近年、その進歩と同時に、医療目的で作られた技術が誤用・悪用されてテロ目的に使われかねないというデュアルユース性(両面性)の問題が大きなジレンマになっている。 まず、 新型コロナウイルスは飛沫感染の「ヒト・ヒト感染」で、デング熱やマラリヤのように蚊などの動物を媒介したものではない点。 SARSの研究所 この研究所は、SARSの研究をしていると言われているらしいのです。 44~、著者・福島香織氏)として、同じような論調で新型コロナ=生物兵器説を扱っている。 一度、中国共産党指導者らが生物兵器を完成させたとき、彼らは世界的支配者となる「チャイナドリーム」を達成するために脅威的なパンデミックを解き放つことをためらうだろうか?共産党の指導者がそのような「暗殺者の矛」を使用するとは考えられないと疑う人は、どのような道徳心や倫理観が彼らを自制させるのか明確に説明してほしい。 これは民間の研究施設ですが、中国の防衛施設とも繋がりがあり、SARSウイルス(BSL-3)も保有・研究している疑いがあると言います。

Next

コロナは人工的?人口削減・生物兵器・陰謀説を検証【宗教・フリーメーソン・貧困】

人工生物兵器の証拠!? 証拠隠滅か!? あの志村けんもコロナに負けてしまった(涙) コロナは英国米国、さらには東大が関与!? 専門用語について【生物兵器】とは? 生物兵器禁止条約(BWC; Biological Weapons Convention)は,生物兵器の開発・生産・保有等を包括的に禁止する唯一の多国間の法的枠組みです。 出典:WiLL20年4月号、P. タイトルがものすごく長いのだが、「 中国は武漢にSARSやエボラの研究施設を建設。 それが自然発生でなく、テロリストによって拡散されたものである可能性は常に排除できない。 公衆衛生と安保の連携 新型コロナの軽症者を受け入れる埼玉県熊谷市のホテルで、自衛隊員から防護服の着脱方法を教わるスタッフ(2020年4月29日撮影) 新型コロナでは、自衛隊中央病院(東京・世田谷区)がクルーズ船「ダイヤモンド・プリンセス」の集団感染による陽性者100人以上を受け入れても、院内感染を一切起こさなかったことで注目された。 (了). が、根本的な認識=新型コロナは研究所から漏れた生物兵器説は、全員が変わらない。

Next

「新型コロナは全人類抹殺のため中国が作った生物兵器」日本人医師が断言! 治療法なし、ウイルスは体内に永遠に残る!

今回の感染拡大でも、空港での検疫や、帰国者が空港からPCR検査の結果が出るまで滞在するホテルなどへの輸送、宿泊先での生活(食事配分や廃棄物の処理など)といった様々な現場で自衛隊の知見を生かした支援が行われていた(注8)。 ただしこの報告はちゃんとした論文ではなく、その前段階の原稿を公開するプレプリントサーバー上にアップロードされたものです。 」 この論文が掲載されたあとに、アメリカの生物学、医学業界が激震が走りました。 しかし筆者が読んだところでは、この記事は「飛ばし」が比較的少ない健康面の担当記者が書いており、よく調べられている。 合言葉はひとつ、ただひたすらに生き残れ! 大好評だった 「新型コロナウイルスの時代」の続編を今後数回にわたって連載する。 実は当時、中国のACE2編集技術はまだ力不足だったので、石正麗研究員がACE2編集技術の本場である、アメリカの北カロライナ州の医学チームと提携しました。

Next

「新型コロナは全人類抹殺のため中国が作った生物兵器」日本人医師が断言! 治療法なし、ウイルスは体内に永遠に残る!

ウイルス攻撃は10年前から予告されていた? 新型コロナのパンデミックは世界征服計画の開始の合図か?. Screenshot of Washington Times ガーツ記者は1月24日の記事を皮切りに関連情報を次々と執筆している。 高見沢氏は大使時代、ジュネーブで開かれる生物兵器関係のセミナーや会合に厚労省など日本の各省庁も職員を派遣して国際的に発信を行い、有益な知見を得る機会とするよう呼びかけてきたと話す。 3%まで落ちる()。 (中略)このように台湾そして欧米の有識者には、このたびの武漢発のパンデミックに関して、もはやタブーはない。 ただし、コロナウイルスが作為的であるかどうかを考える上では、武漢研究室からの流失について肯定派の報道があることも把握しておいてよいかと思います。 その日程は、トランプ大統領の発言とも符合するものだ。

Next

新型コロナ生物兵器説に踊らされないために…陸自特殊武器専門家が解説する「生物兵器の常識」|日刊サイゾー

つまり、中国政府は今回のウイルス感染・拡大を国防問題として対処しているということになります。 通常兵器や核・化学兵器と異なる特徴としては、使用してから発症まで数日から数週間の潜伏期間があるため使用の事実を確認するのも困難で、攻撃された側はどうしても対応が遅れ、その間に感染がさらに広がってしまうのもやっかいな点だ。 つまり、お金のない人は教育の機会も奪われるということになります。 そんななかでもアメリカは感染者数死者ともに世界ダントツ首位(感染者数約457万人超、死者数15万人超/2020年8月2日現在)で、これからどうなってしまうのか、まったく予想がつかない。 またそのサリンの100倍の毒性を持つとされるVXは、実際に2017年、マレーシア滞在中の金正男(キム・ジョンナム)氏暗殺に際して使用された。

Next