中国 コロナ 兵器。 武漢病毒研究所がコロナウイルスの感染源?米紙「生物兵器を漏らした」可能性を指摘

新型コロナウイルス「生物兵器論」は本当なのか

しかし、重要な点が1つある。 チョスドフスキー氏は、陰謀論の世界ではかなりの有名人だ。 潜伏期間が短いものは戦場で敵兵を殺すのに使い、潜伏期間が長いものは戦争状態にない敵国を滅ぼすために使われるとのことだ。 論文を批判した者たちは、HIVが挿入されたと仮定しても、新型コロナウイルスにはヒト免疫系を傷つけることはできないと主張した。 加えて今回の新型ウイルス問題発生後、米国のCDC(疾病コントロールセンター)が伝染病の専門家を武漢に派遣し、感染拡大阻止に協力したいと申し出たことに対し、 中国側が対応しなかったことも、「中国側には知られたくない事情があることが疑われる」とみる。

Next

新型コロナウイルスは中国の生物兵器から流出?! 米国ガン研究所の専門家が陰謀論を全否定|FINDERS

多くの人が関心を寄せている。 その結果、日本は国内の感染者からコロナウイルスを確保して研究をすすめているそうです。 Make public your data! 趙立堅氏のツイートに「もしかしたら中国は何か情報を握っているのでは」と考える向きもあるようだが、情報の根拠は基本的にこの程度のものにすぎない。 これらは根拠に欠ける記事が多い。 同発言はネットの反響を呼んだ。 ワシントン・ポストをはじめとする多くの主流メディアは、新型コロナウイルスは陰謀などではなく自然の産物だとわれわれを納得させ、それに反対する人々を頭のおかしい陰謀論者に仕立て上げた。

Next

【中国コロナウイルス】中国の生物化学兵器(コロナウイルス)が流出か?武漢からの動画(日本語字幕)

多くの途上国やテロリストには 大人気の兵器である。 。 com]した専門家(Richard Ebright氏)を頻繁に利用していたが、その専門家はウイルス研究所から流出した可能性については: But Richard H. 感染源について、中国当局は「海鮮市場で売られていた野生動物」としているが「生物兵器用ウイルスが流出した」という見方もくすぶる。 しかし、果たしてそれは可能なのだろうか? 中国が生物学的超兵器の作成に必要な遺伝子編集を可能にするクリスパー(CRISPR)技術を習得していることは広く知られている。 このことをイスラエルの生物化学兵器の専門家が、この新聞で述べています。 否定されるとムカつくから嫌だからブロックすれば良い でもそれって多様な意見を一切受け入れない自殺と一緒だと思いますけどね。 それが開発中の生物兵器かどうかにかかわらず、新型コロナウイルスが武漢ウイルス研究所から流出したことを疑う理由はほとんどない。

Next

新型コロナウイルスが人口削減のための生物兵器の可能性高まる

ここから外部に漏れたという説は根強い。 「」(3月26日) WSJによると、趙立堅氏が引用した2本の記事の執筆者であるローレンス・デルビン・ロマノフ氏は70代後半のカナダ人で、ほぼ常に反米・親中国の論調で記事を発表しているという。 The laboratory is the only declared site in China capable of working with deadly viruses. その後、2月に死亡した。 自然界で突然変異でできたものか、それとも人為的に合成されたものか 故意にばらまかれたものか、意図せず広まってしまったのか ワクチンはすでに存在するのか、しないのか いろいろ見解とその根拠は示されるものの決定的なものは出てないし、これからも出ないかもしれない。 漏洩でない保証にはならない ・ウイルスが自然発生した ・ウイルスが人工的に作られた ・ウイルスが研究所から漏れた この3つは分けて考えなければならない。 こうした肩書きから、陰謀論を語る他の反米・反グローバリゼーション活動家よりは「格上」と見なされている。

Next

「新型コロナは中国のバイオ兵器」発言のインド野党幹部を中国メディアが批判(2020年3月23日)|BIGLOBEニュース

武漢には危険な病原体を扱えるP4(BSL4)施設を備えた国立研究所があるのですが。 また、遺伝子を元にした感染経路分析では、2019年11月ごろに動物から人間への感染が起こったことも推定できるという()。 皆が、自分たちに都合の良い考えを 勝手にどんどん広めてしまう。 中国人ジャーナリストの李文瑞氏によると「P4施設から問題の海産物市場までは約30キロほど離れていますが、 ウイルスが漏れても単独で感染源までたどり着くのは難しく、施設内で感染した人間が広めたと考えられます。 世界各国に協力の要請をし、 早期解決に向かったはずだ。 TEL:03-6806-8902 FAX:03-6730-2861• 新型コロナが生物兵器でなかったとしても、 「ワクチン開発のため」といいながら、 他の生物兵器を開発していた可能性はある。 また、科学誌「Nature」のニュース記事(2017年2月23日付)では、米ラトガース大学の分子生物学者リチャード・エブライト氏が、過去に北京の実験施設から何度もSARS(重症急性呼吸器症候群)ウィルスが漏洩していたと警鐘を鳴らしている。

Next

新型コロナウイルスが人口削減のための生物兵器の可能性高まる

生物化学兵器の専門家の意見 ワシントン・タイムズの記事の中で、イスラエルの生物化学兵器の専門家は、新型コロナウィルが、おそらく、SARSの変形したもので、それがこの研究所から、漏出してしまったのか、それともこの研究者から人へ感染してしまったのかのどちらかではないかと述べています。 Screenshot of Global Research ところで、実は趙立堅氏は前述したツイートの翌日、新型コロナウイルスの起源を知るうえで参考になるとして、2本のウェブ記事を紹介するツイートを投稿している。 メルケルは、側近が感染したため自主的に2週間の隔離状態にあった。 執筆者:Steven W. インフォウォーズの ジョーンズ氏は前述のチョスドフスキー氏に匹敵する陰謀論界の「スター」だ。 結論として、中国には生物兵器を作成するために必要な技術、設備、および生体材料がすべてそろっていたということになる。 その元となった中国のニュースレポートの内容は次の通りだ。 11テロは米中央情報局(CIA)の自作自演。

Next

新型コロナウイルス「生物兵器論」は本当なのか

こちらは神罰説から発展した。 2012から2013年にかけて、ハンタウイルスの進化の歴史を解読するために、Tian Junhua氏という名前の疾病管理および予防研究者が、10,000匹近くのコウモリを捕獲してサンプリングした。 新型コロナウイルスが流出した中国の生物兵器であるという理論を証明する最後の証拠がある。 同論文によると、新型コロナウイルスにはSARS(重症急性呼吸器症候群)を引き起こしたコロナウイルスにない、4つの新しい遺伝子配列が挿入されていて、その配列はエイズ(後天性免疫不全症候群)を引き起こすHIV(ヒト免疫不全ウイルス)と共通するという。 その後、事態の深刻さに気付いた中国はウイルスに関する遺伝子コードをオンラインに公表しました。 インド人ウイルス学者らが、新型コロナウイルスにはHIV遺伝子配列に類似したものが含まれていることを示唆する論文を発表すると、激しく攻撃され撤回を余儀なくされた。 We also know that just a few miles away from that food market is China's only Bio Safety level 4 super laboratory that researches human infectious diseases. 「長年経ってもSARSのワクチンすらできていないのに、新型コロナのワクチンだなんて冗談だろう」 「最も基本的な医学常識もない。

Next