ヨコハマ ブルー アース gt。 CenárioMT

取付工賃キャンペーン(ヨコハマ ブルーアースGT AE51)

この剛性が非常に高いレベルまで補填されているが故に、現状の低燃費コンパウンドにややグリップ不足と感じてしまう。 ブルーアースGTは、旧型のブルーアースAからモデルチェンジした新製品です。 このあたりからでは、雨に強いヨコハマ の主張が始まったのは。 靴であれば空気を使って衝撃をやわらげる技術や、自動で靴ひもを結ぶ機能などが登場した。 メルセデス・ベンツ Cクラスからトヨタ ヴェルファイアまで、さまざまなクルマに装着されたBluEarth -GTを試乗したが、走りの手応えはどのクルマも確かなものがあった。 従来のブルーアースAに「もっとシッカリ感があればなぁ」なんて思っていたユーザーにはピッタリのタイヤだろう。

Next

取付工賃キャンペーン(ヨコハマ ブルーアースGT AE51)

「ブルーアースGT」はミニバン専用タイヤではありませんが、しっかりした乗り味を確保しています。 低燃費タイヤ指標で転がり抵抗性能を「AA」と1段引き上げつつ、最高のウェットグリップ性能「a」を確保。 たとえば今回の試乗車であるアウディ A4やメルセデス・ベンツ C200といった本格ツアラーでブルーアースGTを走らせると、もう少しだけ高いコンパウンド性能が欲しくなってしまうのだ。 ブルーアースGTでは、ブルーアースAに比べサイドのカーカスの最頂部を引き上げてあり、それによってタイヤ全体の剛性が高まる方向になっている。 また操縦性は、ハンドルセンターから切り始めでほんの少しタイムラグがあってから曲がっていく感じがあるものの、コンフォート系タイヤとしてグリップ力の不足は感じなかった。

Next

ヨコハマ BluEarth

続いては後継のブルーアースGT。 多くの試乗車のなかからまずはブルーアースGTを装着したレガシィB4に乗ってみる。 当該商品の返送および再送に要する送料等は、当社負担とします。 それともアルミが重かったからなのか? 静粛性はロングドライブの疲労軽減につながるので、これもGTのネーミングに相応しい。 ブルーアース・エースはコンパウンドや構造のしなやかさをもって、操舵に対する曲がりやすさを導いていた。 BluEarth -Aも、乗るとなかなかバランスの良いタイヤで、音、乗り心地、ハンドリングなど全方位であまり不満はなかった。 4WDのセダンへのマッチングは非常にいい。

Next

横浜ゴム、低燃費性能を向上させた「ブルーアースGT AE51」。全サイズウェット性能「a」獲得のグランドツーリングタイヤ

トレッドパターンは左右非対称のデザインを採用。 ステアリングをすっと切れば、すっとクルマが回頭していき、微少な舵角にもきちんと反応してくれる。 この特性は、今回のようなワインディングでのステア追従性はもちろんなのだが、高速道路での直進安定性向上や、レーンチェンジ時の正確性に高い効果を発揮するだろう。 (ヨコハマはエコタイヤの取り組みが比較的早かったのでこの辺のバランスがいいタイヤが多い印象ですが) >上の二つのタイヤが人気があまりないのはなぜでしょうか。 先代にあたるブルーアースAはドライ性能や静粛性、乗り心地など全体的にバランスが取れたタイヤで、ウェット性能も高かったことからさまざまなクルマにマッチングするタイプのタイヤでした。 微少舵角のコーナリングフォースはしっかりしていますがその発生はゆったりしたものとなっていました。 これは簡単なようでなかなか難しい。

Next

ブルーアースGT AE51 価格表

2019年2月1日から発売開始。 リアから感じるグリップ感も高いため、ステアリングを切ることで発生する前輪のコーナリングフォースを、リアが妙にずれることなく受け止めてくれ、クルマ全体で気持ちよく曲がっていける。 ブルーアースAもしっかり転がるタイヤだけに、明確な差を感じることは難しかった。 どんなにオシャレで、スタイリッシュな靴でも魚の目や靴擦れはゴメンだ。 発売初期こそウェットグリップ性能「b」に甘んじていたものの、2013年7月に「a」にグレードアップ(全てではない)しています。 従って走りもそうだけれど乗り心地や静粛性など長距離(長時間)に耐えられる性能に拘る、ということかと。 今回のモデルチェンジではそうした要望に応える形で、14インチから19インチまで全57サイズを設定。

Next

タイヤウェイ

ルマンVは、旧型のルマン4の時から、静粛性、乗り心地、低燃費性能も良く、リピーターが多いユーザーの評価の高いタイヤです。 「ブルーアースGT」は耐摩耗性やドライ制動性能はブルーアースAと同等の性能を確保しながら、ウエットでの旋回性能や操安性の向上、転がり抵抗低減を実現しています。 ヨコハマのブルーアースと比較しているならEC202でしょうか? 単純にラベリングという省燃費タイヤの評価をそのまま使うなら、 エナセーブEC202 低転がり性能(=燃費性能) A WETブレーキ性能 C ブルーアースAE01 低転がり性能(〃 ) AA WETブレーキ性能 C ということでカタログスペックだけなら、ブルーアースのほうが発売が新しいこともあり、燃費性能がいいようです。 何しろ乗り心地が一番好きです。 深溝のアウト/インのブロックに大小の横溝を入れ、排水性能やグリップ性能などをコントロール。 クルマ好きなお父さんも、燃費が気になる奥さまも、乗り心地が大事なお子さまも。

Next