自治体 クラウド 障害。 自治体クラウドで障害発生、統合システムの脆弱性とリスクの本質

自治体クラウドで障害、バグ修正中に「想定外の事象」 :日本経済新聞

Copyright c CBS Interactive, Inc. Jip-Baseは全国約100市区町村が利用。 今回の自治体クラウドにおけるデータ喪失事故の場合は、多くが再作成や再取得が容易、もしくは可能なものでした。 問題のストレージについてはEMCジャパンと保守契約を結んでおり、障害が発生した4日にEMCジャパンとともに調査を行ったという。 大規模なシステム障害に発展した。 そして、クラウドシステムとは、一言でいえば、ネットワーク上で繋がっていて、利用者からは明確に理解出来ない先にあるコンピュータシステムの事です。 その後、12月6日の報告で同社は、「復旧方法について目途が立ち、Jip-Baseの12月9日の全面復旧を目指して作業を進めている。

Next

【セキュリティ ニュース】自治体向けクラウド基盤で障害

2019年12月5日 日本電子計算がJip-Baseでシステム障害が発生し、原因がストレージのファームウェアと発表。 本クラウドサービスにおける責任分界点の詳細は分からない。 バックアップが見つからない15%には、このうち33自治体のデータが含まれるという。 日本やオーストラリアなどのユーザーはメールの受信が遅れ、復旧に半日ほどを要した。 確かに、オンプレミスなら自分たちで自由にITインフラをコントロールできる。

Next

クラウドの障害からデータを護れ~ユーザー部門の学び~

自治体クラウドの事故を扱った多くの記事では、SSDのファームウェア不良が多く取り上げられましたが、このような不良は想定内であり、それを問題点とするのではなく、その後、データ喪失に至った原因に注目すべきでした。 庁内職員向けのシステムで県民への影響はない。 さらに東京都練馬区や千葉県浦安市、愛知県岩倉市など合計全国47の自治体および6つの自治体関連組織(広域事務組合や図書館)でシステムが停止した。 あらゆる情報がデータ化され、新たな利便性が提案される。 12月9日時点でもサービスの大半が稼働できず。

Next

「33自治体のデータがIaaSから消失」、日本電子計算がシステム障害の詳細明かす

問題のストレージについてはEMCジャパンと保守契約を結んでおり、障害が発生した4日にEMCジャパンとともに調査を行ったという。 1つ目の障害:ストレージのファームウェアバグ(12月4日発生)• 一般ユーザーでも知らずに使っているクラウド さて、ここまでは、「業務で使うシステム」を意識して説明をしてきました。 ただし、この15%分は完全に復旧できないわけではなく、「IaaS内にはデータがないが、自治体が独自に持っているバックアップデータから復元できるものもある」(日本電子計算の神尾拓朗公共事業部基盤サービス統括部部長)という。 昨今の自治体における重大インシデントを踏まえた対策の強化 ・神奈川県におけるHDD流出事案を踏まえ、情報システム機器の廃棄等について、情報の機密性に応じた適切な手法等を整理 ・昨年発生したクラウドサービスの大規模障害事案を踏まえ、システムに求められる可用性等のレベルに応じたクラウドサービスの選択や適切な契約等の締結を推進 5. 2.クラウド利用拡大におけるトレンド 日本国内における情報資産管理においては、情報漏洩防止、個人情報漏洩防止等の「情報セキュリティ」については、既に意識も高く、各組織内においても重点的にチェックされています。 その事故は、「メンテナンス作業のミス」をきっかけに発生しました。 同社は「EMCからファームウェアの修正バッチが届いていなかった」としたうえで、「仮に届いていても重大性に気付かずアップデートしなかったかもしれない」と説明した。

Next

「33自治体のデータがIaaSから消失」、日本電子計算がシステム障害の詳細明かす

All Rights Reserved. 大阪府和泉市でもほぼ同時刻に「システムが停止し、住民票を発行できなくなった」という報告が市役所の職員から上がった。 EMCジャパンは12月6日22時15分にファームウェアの修正など納品し、ストレージの復旧作業は完了とコメント。 東京都中野区役所の職員が異変に気づいたのは2019年12月4日午前11時ごろ。 2019年12月4日に日本電子計算の自治体向けクラウドが停止した。 施設予約やメールもできない状況。 同社によれば、12月4日10時56分ごろから同サービスで障害が発生。 日本電子計算が提供する自治体向けIaaS「Jip-Base」で障害が発生し、全国53の自治体と団体で影響が出ている件について、同社は記者会見で「33の自治体で一部のデータが復旧できない状態にある」と明らかにした。

Next

「クラウドは信頼できない」は本当か? AWS、Office 365、自治体IaaSの障害を経て、私たちが知っておくべきこと (3/3)

続いて11月には、米MicrosoftのOffice 365で障害が発生。 すでにストレージ関連の不具合が発生していたことは明らかにされているが、バックアップ機能にも不具合が発生しており、これによって全データのうち15%は単独での復旧が不可能な状況になっているという。 例えば和泉市はバックアップシステムとバックアップデータを使って、12月5日から応急的に一部のシステムを稼働させた。 15 — 12. (5)バックアップ先のデバイスとしては、バックアップデータ自体の喪失リスクのある磁気ディ スク、SSDだけではなく、喪失リスクの少ない磁気テープ、光ディスクを利用することが望まし い。 同社のシステムはストレージ製品をDell Technologiesが提供、EMCジャパンが保守を担当している。 それは、そのシステムの故障時に備えた対応を、ユーザーが取りづらい(または、取らなければならない、という意識を持ちにくい)という事です。

Next