グリーン パーク ふき われ。 人気のキャンプ場、グリーンパークふきわれはファミリーキャンプに最適!

直火で焚き火ってなかなか楽しい!~グリーンパークふきわれ(群馬県)

真夏でも涼しく過ごしやすいです。 周辺には、日本百名山の武尊山、日光白根山、皇海山、至仏山 尾瀬にある など、たくさんの高い山があり、自然豊かな場所です。 見た目は…ですけど、おいしかったです。 お風呂に入って就寝。 一緒に行ったメンバー全員の総意は 『トイレがめちゃくちゃキレイ』 ということ。

Next

グリーンパークふきわれ|初めてのオートキャンプ。初心者が注意したいこと5つ。

夕方の写真かな?と思いきや…。 来月は、来れるかな?難しいかな。 フリーサイトも場所、選び放題だと思ってましたが良さそうな場所はまだ他のキャンパーさんがいました アーリーチェックインが裏目に出ましたねw 撤収まで待つのも何なんで空いていて少し木陰のある所に設営 今回は幕はソロで使ってるワイオミングトレイル、タープは久しぶりにシャドーキャスターにしました。 そうそう、今回もマリポサ大活躍。 食事開始の実際の写真 ワクワクしてきましたか? グリーンパークふきわれキャンプ場で楽しむには、まだあと一つ紹介しておきたい観光スポットがあるんです。 夜になると当然下がる気温…。

Next

グリーンパーク吹割で川遊びキャンプ(後編)

なんでこんなに美味しいんだろう。 栗とか投げ入れちゃって弾けたり。 以下の印をつけた場所にグリーンパークふきわれキャンプ場があります。 ハイジのブランコはスリル満点! 写真はフリーサイトにあるツリーハウス。 雨が降っている状況で外で寝るというのはいい経験でした。

Next

キャンプとギアと洋服と...時々音楽も...:グリーンパークふきわれより帰宅…

ブログは利用日の近い記事や、わかりやすい記事をピックアップ キャンプ場の感想やレポート記事、場内やサイトの様子がわかる記事、また、楽しい過ごし方や周辺観光情報などが掲載されているような記事を中心に紹介させていただいています。 キャンプ場のリニューアル後に、なっぷの口コミが増えて、キャンプ場の管理人さんも驚いているとか、そういうお話など。 最後に高速インター付近の沼田市街にある 望郷の湯 雄大な沼田の河岸段丘を臨める露天風呂があります。 周辺には東洋のナイアガラともいわれる「吹割の滝」、尾瀬国立公園などの観光の拠点にもぴったり。 せっかく吹割に来たので 吹割の滝 雰囲気のある土産物が軒を連ねています。 何度か行ってますが子供が行って楽しめるかは微妙な気もしますが・・・(個人的に)雨が少なく水量が少ない時などは特に・・・ 他にはブログにも書いた田園プラザも車で30分で行けますし、ラフティングなどのアクティビティのツアーをしてる所も近くにあると思います。

Next

直火で焚き火ってなかなか楽しい!~グリーンパークふきわれ(群馬県)

キャンプの楽しみは焚き火にあり! 管理棟で買った採れたて新鮮なとうもろこしも焼いていただきました。 東洋のナイアガラと呼ばれる天然記念物「吹割の滝」までは約1. シンプルなつくりのバンガローや、二段ベッドやテーブルがセットされた屋根付きデッキのあるキャビンなどの宿泊施設もある。 後編へ続く。 自然を多く残した林間にあるフリーサイトは車の乗り入れや直火もOK。 直火ができるキャンプ場はとても少なくなってきましたね。 群馬県沼田市の「グリーンパークふきわれ」 区画サイトは広めで日当たり良好 出典: 木陰の少ない区画サイトは、春や秋でも遮光性の高いタープやテントが必携です。 食後の川遊び ダム作り、川の虫とり、 オタマジャクシすくいなどできました。

Next

【群馬県】避暑にオススメ!私のお気に入りキャンプ場「グリーンパークふきわれ」

炊事用品 など 充実のレンタル用品で、コンパクトにキャンプを楽しみたい場合にもぴったりですね。 吹割の滝が近いので観光としてもGood! 気持ちの良い、午後の天気。 夏はありがたいのですが、 春や秋のキャンプではなかなか気温が上がりません。 子どもたちはミニ焚き火台を使わず、石と枝を集めて自分たちの焚き火を作りました。 フリーサイトとリバーサイド、どっちがおすすめ? 今年は 7月末くらいが見ごろで、 数十匹が一度に観察できたそうです また、珍しいことに 直火もOK。 フリーサイトでテントを張る場所によりますが、真ん中からだとどこへ行くにもちょっと遠いかな。

Next

グリーンパークふきわれ【 口コミ・宿泊予約 】

。 天ぷら屋さんごっこは楽しい。 アーリーチェックインで予約の為10時着を目指し自宅を8時半位に出発。 出典: キャンプ場オーナーさんの畑で採れた野菜は管理棟で購入可能。 サイト使用料・レンタルテント・シュラフ・テーブル、イスセット・ランタン・BBQグリルがセットになった「手ぶらキャンプ プラン」が用意されていて、農業を営むキャンプ場の支配人の畑で採れたて新鮮野菜と群馬県産もち豚を中心とした食材付きのプランも選ぶことができる。 山なので基本的に土ですが、ところどころ大きな石もあります。

Next