Sg 焼酎。 九州の焼酎3社 共同ブランド「The SG Shochu」発売

自由で創造的な焼酎の楽しみ方を提案。新感覚の焼酎ブランド「The SG Shochu」が誕生|haconiwa|「世の中のクリエイティブを見つける、届ける」WEBマガジン

伝統的な本格焼酎でありながら、Barで使いやすいようにと、度数を40度前後に高めた、カクテルでもシンプルな飲み方でも、多様なスタイルで楽しめるブランドとのことです。 ・SG Group(東京・上海・NY) 国内外で新しいコンセプトのバーを企画・運営するインターナショナルなバーテンダー集団。 ご質問の趣旨とはちょっと違うのですが、日本酒2リットル+焼酎1リットル=合計3リットルまでなら免税でシンガポールに持ち込めるのではないでしょうか。 求められる酒質を出すのは難しかったが、結果として納得できるものができた。 ・三和酒類株式会社(大分県宇佐市) 麦焼酎で国際的なアワードを受賞。 カクテルにしても、素材の魅力を存分に味わえるように考え尽くされているんです。 焼酎の新しい楽しみ方を提案する新ブランド「The SG Shochu」をご紹介します。

Next

世界的バーと日本を代表する3つの酒造のノウハウを結集した新焼酎ブランド「The SG Shochu」|たのしいお酒.jp

フルーティーで豊かな香りと芋焼酎らしいやさしい口当たりが特徴です。 ザ エスジー クラブ 関連ランキング:バー 渋谷駅、明治神宮前駅、原宿駅. 関連情報. (何も隠してなかったから何にも問題なかったけど) 日本からの便で選ばれやすいのは、男性、出張風、荷物が異様に多い、逆にあまりに身軽、免税店や機内販売の手提げを持ってる。 作り手の技術も素晴らしく、味も抜群においしい。 Bacardi Legacy Cocktail Competition 2012世界大会に米国代表として出場し、劇的な最終審査を経て優勝。 東京・上海で運営する3店舗が世界のベストバー50にランクインするなど、国際的に高い評価を得ているSG Groupがコンセプトやデザイン、酒質を全面的に企画監修し、焼酎の新しい楽しみ方を提案。 「KOME」は米の発酵に由来する吟醸香を、「IMO」は紫芋と貯蔵芋の力強いフレーバーを、「MUGI」では樽熟成の豊かなアロマを楽しめる。 日本の伝統的な文様と洋酒的なデザイン要素を融合させたラベルとしたことで、ブランドのコンセプトを表現。

Next

焼酎用種麹|種麹(麹菌)の研究・製造 ビオック

長い海外経験で養った大胆な着想と、 日本人としての繊細さを併せ持ったバーテンディングで、 新しいカクテルの世界を切り開いている。 日本の伝統的な文様と洋酒的な要素を融合させたデザインで、バーテンダーが注ぐといっそうサマになります 米、芋、麦それぞれの作り手とタッグを組む その発想から生まれたのが、40%近いアルコール度数の本格焼酎。 主力商品「白岳」「しろ」。 でも世界のベストバーにはまだ、焼酎がない。 たしかに世界的に注目を集めているメスカルもそう。

Next

シンガポールチャンギ空港の免税店には日本酒・焼酎は売っているか?

世界でも珍しい一回蒸留で、素材の持ち味や洗練されたフレーバーを引き出せるのは、日本の職人技。 シンプルなソーダ割にも最適で、ウォッカやジンのようにカクテルベースとしても幅広く活躍する。 ラインナップは、米の発酵に由来する吟醸香が特徴の「KOME」、紫芋と貯蔵芋の力強いフレーバーが特徴の「IMO」、樽熟成の豊かなアロマが特徴の「MUGI」の3種類。 より美味しさを求めて、今も進化し続けています」 「ボトルをよく見ていただくと、A Tradition In Evolution、そして、Sharing Gratitudeと書いてあります。 詳細は「The SG Shochu」のインスタグラムをご覧ください。

Next

焼酎の可能性を世界に開く、「The SG Shochu KOME / IMO / MUGI」|たのしいお酒.jp

また、業界の垣根を越えた共同プロジェクトは大変意義深いものとしてとらえており、本格焼酎の新しい楽しみ方のご提案につながるものと期待しています。 カクテルにした際にもしっかりとベースのフレーバーが生きるよう、味わいも個性的に仕上げられています。 MUGIは「いいちこ」などを手がける三和酒類が、そしてKOMEは「白岳」などを手がける高橋酒造が製造しており、各業界のトップランナー同士がタッグを組んで誕生したのが「The SG Shochu」です。 世界トップバーテンダー・後閑信吾氏率いる「SG Group」と3つの酒造がコラボレーション 国際的な受賞歴を持つバーテンダー後閑信吾氏が創業し、独創的なコンセプトで国内外にバーを展開する「SG Group」が企画・監修した「The SG Shochu」。 そんな伝統的な本格焼酎ならではの特徴を大切にした「The SG Shochu」では、米、芋、麦のそれぞれの味わいが最大限に引き立っていますよ。 現に今月頭、緑の申告無の方に向かったワタシは申告有の赤い方のテーブルに呼ばれてスーツケースの中を調べられてます。 カクテルでもシンプルな飲み方でも、多様なスタイルで美味しく楽しめる新しい焼酎が誕生しました。

Next

こんな焼酎、見たことない! 「世界一のバーテンダー」が世界に問う前代未聞の「SHOCHU」3種

今世界で最も注目されるバーテンダーの一人。 進化する伝統、それが「The SG Shochu」。 数年後には焼酎の時代が来ると信じている」。 華やかな香りで米焼酎に革命をもたらす。 世界に日本の焼酎文化を発信しようと企画。 そこからが後閑さんならではのスピード感。

Next