麻雀 本場。 日本麻雀規則

images.dujour.com: 東一局五十二本場 (角川文庫 緑 459

アリアリルールで鍛えられ、喰いタンに精通して、イザというときには速攻で逃げられる実力が無いと大マケにつながります。 這種洗澡方式通常稱為「砂浴」。 脂汗がしたたる。 名無し麻雀選手 一本場で和了ったけど、また3900オール 芝棒付いて4000オールだけど 655. 科学する麻雀』とこちらの本書のおかげで 四段から六段まで昇段出来ました。 1本場、2本場と増えていくのを、積み棒または場棒といいます。 特にこんな人におすすめ・・・初心者、麻雀の勉強をしてみようという人 麻雀テクニック おなじみ福地誠氏の著作。

Next

麻雀が中々勝てないと悩んでいる人必見! この本を読めば変わります!

進位之後的變成30符。 中張牌(ちゅうちゃんぱい)とは 数牌(すうぱい)の2~8の事。 つまり 本場の100点棒は親が出すのです。 実はこれは局収支で考えると 危険牌を切りテンパイ料を取れる選択をした方が総合的に プラスになると考えられています。 2011年8月31日閲覧。

Next

35.積み棒(ツミボウ)、供託(キョウタク)(約5分)

これはたとえ流局してもです。 名無し麻雀選手 マジか、それ? 665. これが一番正式に行う場合の点数の申告の仕方です。 如果再加上八冧莊的話就七倍役滿。 光も憩も咲へのリベンジに燃えている。 当たり前ですが同じ良形なら受け入れが多い方が良いですよね? 実戦だけでは気付きにくい複雑な形も受け入れ枚数を出して解説してくれるのでとても勉強になります。 六段から七段に中々上がれない方や、 鳳凰民の方などにはオススメです。 麻雀の風牌と役牌のポイント ここからは、風牌の事について集中して説明をしていますが、麻雀初心者の人にとっては、覚えておくべき内容になっています。

Next

連荘(レンチャン)と芝棒(しばぼう)の計算

順子: 相同花色,相連的3張組成一組。 1-1.。 いわゆる「魅せる麻雀」「華のある麻雀」ではなく「現実的な麻雀」「勝つ麻雀」をするにはどうすればいいかという戦術論の基本的な動きを解説しているイメージです。 同氏の「ネット麻雀・ロジカル戦術入門」という本のリメイクです。 な 流れ(ながれ)とは 流局する事。

Next

麻雀 てんほう おしひき

もっと勝つための現代麻雀技術論 実戦編 上述「現代麻雀技術論」と同じネマタ氏と福地誠氏の本。 しかし、今は、そう言った局面でもない。 け 現物(げんぶつ)とは 聴牌している人が捨てている牌の事。 東三局、咲の親。 一発役は即ともいいます。

Next

コンセプト通りの内容で、上級者であれば身についているであろう考え方やセオリーを丁寧に解説しています。 どれが正しいってわけではなく、その場のルールによるわな。 全5章79ケースで構成されています。 3-2-3. こんなことが、ありうるのか? ありうるのである。 「たまに流局の場合でも本場数が増えることがある」のではなく、 流局なら必ず増えるはずです。 在此規則下,只有門前自摸平糊會被算為20符,因此表中略去了20符2-4翻的榮和分數。 なぜなら 親の連荘があるからです。

Next

第1回 人狼麻雀 東場

彼女の麻雀配信には、多い時には約10,000人以上のファンが集まることも! そんな麻雀VTuberである夜桜たまが今回なんと初心者向けの麻雀入門書を執筆! 7月に刊行が決定いたしました! その中身は、麻雀のルールを覚える本に留まらず、読めばきちんと自分なりに打つことができるようになる! という大変なスグレモノ。 本場ボーナスは上がった人の権利ですし、増えてくると場の緊張感が高まり面白くなります。 名無し麻雀選手 祝+141 687. う 浮くとは 持ち点が3万点以上ある時に「浮いてる」という。 2章がこの本の真髄である読みについての解説で、3章ではさらにネット麻雀での実戦譜を追う形で読みを解説しています。 如果計算符的話,合計42符,進到50符。 副露(ふーろ)、食うともいう。 庄家自摸,每名闲家向和牌者支付2N。

Next

麻雀破壊神傀 鉄火場の掟 本の通販/天獅子悦也の本の詳細情報 |本の通販 mibon 未来屋書店の本と雑誌の通販サイト【ポイント貯まる】

衣は、ここでも東三局と同様に、敢えて聴牌せずに一向聴のまま場を進めた。 大変な情報量なので最初からしっかり読もうとしないで下さいと本の中で注意喚起されているくらいです。 平糊的計算例子 [ ] 東場時,南家以的形式立直,之後的第一輪自摸食糊(懸賞牌表示牌是、里懸賞牌表示牌是)。 そこに他の役が加われば加わるだけ、翻数が上がります。 また、様々な戦術だけではなく、「麻雀ってこんなゲーム」の章は確率論の真髄やメンタル面に対する小林プロの考え方など、非常に興味深い章になっています。

Next