シータ ミッツ ァイル リペア。 現環境トップシータミッツァイルデッキ解説

【バーンメアデッキ 2020】優勝デッキレシピ,回し方,相性の良いカードを紹介&考察|バーンメアジョーカーズ,シータバーンメア

マナドライブ6を中心としているので、マナが溜まるまでに勝負を決められてしまうとどうしようもありません… ジョーカーズ ジョラゴン型 に対してはシータミッツァイル側がバックラスターをどれだけ積んでいるかによると思います。 歴史を辿ってみましょう。 このように、 どのタイミングでどのゾーンに存在しても活躍できるカードとなっているので、【シータミッツァイル】には 必ず採用したいカードです。 ツッパリキシ/絶対絶命ガロウズ・ゴクドラゴン 使用、ユウキング 優勝1回準優勝1回 このリストは、 マナを伸ばす事を重視しながら、マナを伸ばした先の展開を用意する。 《 鼓動する石版 》 序盤はブーストにも使え、《DROROOONバックラスター》のパワーをあげることも出来ます。

Next

【ミッツァイル】

相手のデッキには、《堕呪ギャプドゥ》が入っているため、SSTケアも忘れずに vsシータミッツァイル ミラー この対面はいかに相手を妨害しながら自分が展開できるかが勝負になります。 はじめに 「零誕!魔神おこせジョルネード1059!!」に収録されたGRクリーチャーは、そのパックの名の通り環境の台風の目となりました。 マンガノキャッスル ほとんどデッキの核と言っても過言ではないカードです。 軽減効果を生かした赤青型(現環境暴れてる赤青Jミッツァイル) 軽減効果使わずに雑に6マナ払ってアドバンテージを稼ぐ、従来の形に入れるか。 そのままキーカードをサーチして場に出してアタック。 ]この山を作るにあたった経緯 「なんかの山に覇道を合わせた新しい山組てぇ... 幸いバーンメア自身が引けないとダメなので『メインデッキとかの構築や運に阻まれる』のですがエモGなどを活用してしまったりしてターン経過による対策を狙うなども考えていきたいです。

Next

《BAKUOOON・ミッツァイル》

・《バーンメア・ザ・シルバー》への依存度が大きいのが弱点。 ケープもあるため場持ちも非常に良いです。 バーンメアデッキ:まとめ バーンメアデッキ:まとめ 「 バーンメアデッキとして大事なのは「マナ加速を行いつつGRを出す事」に限るのですが、水文明のインフレやGRの効果もあって非常に強いテーマとして注目されることになりました。 場面にもよるが 受けトリガーになる。 相手はこれをされるだけで相当厳しくなります。

Next

【ミッツァイル】

自分の中ではデッキを構築した段階で出来るプレイが必然的と限られてて、構築さえ理解してれば プレイングも自ずと理解出来る。 *各GRクリーチャーをチェックしよう! ここで、このデッキに採用されている6種のGRクリーチャーについてみていきましょう。 また、バーンメアデッキとしては3色の混合デッキなので4コスト代ではシャッフ・ディールなどの相手の動きを防げるクリーチャーを早期に出せるのも大きいです。 ・《機術士ディール/「本日のラッキーナンバー!」》 お馴染みGRメタ。 これにより何度もマナブーストすることが可能。 GRにクリスマという同じようなマナ回収カードがありますがデッキ内にもマナ回収枠が1つは欲しいと考え採用しています。

Next

BAKUOOON・ミッツァイル の評価

自分の一番好きなツインパクトカードでもあります。 デッキ選択の自由度をはるかに下げ、ゲーム中の戦略はミラーの場合のみ。 このデッキタイプを表すなら間違いなく 【マナドライブ6】が正しいと言えます。 存在そのものを許さない殿堂だと思います。 この2つの弱さをカバーしてくれるのが《龍装艦 チェンジザ/六奇怪の四 ~土を割る逆瀧~》でした。 ランダム要素が強いゆえにかなりコストパフォーマンスが高く設定されているGRクリーチャーですが、このカードを用いることで実質的な分母が10となり、狙ったカードが出せる可能性も高まります。 マナを伸ばしつつ盤面を取れる《グレープダール》。

Next

《BAKUOOON・ミッツァイル》

ただ、ミッツァイルとトリガーケアが軒並み規制されたので、受けの固い手段は新しく模索する必要があるか。 ザッと思ったのはこんなところ。 頭に浮かんだ時は「絶対にこれしかない」という自信で満ち溢れました。 正直新弾のマナドライブ6はやばいカードしかいない。 動きの幅が広いという事は、様々なデッキタイプに対応できるというだけでなく、相手の結果的なプレイミスに繋がりやすいというメリットにもなります。 採用してからは各種デッキに対するキーカードになりました。 こういったサーチ手段は「チェンジザドンジャングル」にもあるように各種コンセプトを活かした構築では必須なので最終的にこういった「サーチ+マナ加速手段」はかなり重要な要素として注目されるでしょう。

Next

【殿堂構築】シータエモGミッツァイルと《無双と竜機の伝説》

あとはマナクラ、ファイナルストップ等を打ちつつウェイブでそれらを使い回してコンしチェンジザをしっかり着地させる事が出来ればあとはこっちのもんです。 ・《グレープダール》の強さ 6マナ時に《マリゴルド》から出てもマナドライブ6をキープしながらまたJチェンジ6が出来ます。 これらのカードの2枚目は、コスト軽減に寄与するわけではなく、あくまで手札入れ替えの効果しか果たさないので、無理に使う必要はありません。 シータミッツァイルはクローシスカラーのドギラゴンバスターデッキと同じで、シールドトリガーが完全封殺できる為本当に強いですよね。 ラキナン4枚ポチったけど、どうしましょ。

Next

赤青ジョーカーズミッツァイル概要

そこで組み合わせたいのが 《オレちんレンジ》です。 ここから先は有料で「シータミッツァイル調整記 通常 新殿堂対応」になります。 (未だにカリヤドネと戦った事ない) ガヨンダム以外には赤白や赤青やゼンノーに対して強いブルンランブルが候補でしたが、流石にカードパワーを優先して今回はガヨンダムに。 」 緊急事態宣言が出され、コロナウィルスの影響でどこのcs、ましてやショップのデュエマフェス等も中止になる中、家に監禁された僕がこんな事を考えたのは必然だったのかもしれません。 また次回の投稿でお会いしましょう! see you next time!!! では、このデッキにおいてはどうか。

Next