薬屋 の ひとりごと 壬 氏。 薬屋のひとりごと6巻のネタバレ感想!壬氏が猫猫の仕様人になる?

薬屋のひとりごと(漫画)1巻のネタバレ紹介!壬氏の色気をガチスルー!

それを謎解きの得意な下女に調べさせたい。 そのことを知った壬氏は人攫いの件を悪く思い、猫猫に簪を与えるのであった。 さて器の話に戻りますが、毒を盛ったのは、器の縁に触れた指の者だと猫猫はいいます。 名前は楼蘭(ろうらん) なかなかつかみどころのないキャラのようです。 猫猫の今の立場は、壬氏直属の下女である。

Next

【薬屋のひとりごと】最新35話ネタバレ。やぶ医者の悩みと李白が身請け⁉

猫猫は武人の生活習慣についての紙を持っており、武人はおそらく味覚がわからなくなる病気になっており、塩味がわからなかったのでは?と推理しました。 よくもまぁここまで引っ張ってくれたなぁと、作者の日向夏さんの展開力に脱帽する部分は有りますが、ここまでの内容が無ければ読者をうならせる結末は書けなかったかな?と考えると仕方ないかなとも思います。 それがかえって壬氏には気になるようで、そばかすのない猫猫にデレデレする様子がかわいかったりします。 壬氏の言葉で以前も同じように抱き運ばれたことがあると猫猫は知る。 武官の身内の女性が刑部の高官の息子に乱暴された。

Next

薬屋のひとりごとのあらすじ(ネタバレあり)と漫画の違いを解説

なるほどねー。 でも、前話のことを考えると妓楼関係なんじゃないかと思った。 李白は早速、緑青館の三姫の1人「白鈴(ぱいりん)」のところへ連れて行かれました。 その料理屋に猫猫を連れて行くという展開になった。 興味のあるものは専ら碁と将棋と噂話という変人らしい。 武人は辛党から急に甘党になったと言っていたが、実際は破片に粒がたくさん残るほど塩が含まれていたお酒を飲んでいました。 口から唾液のようなものを流し、苦しんでいる二人。

Next

薬屋のひとりごとの壬氏(じんし)には秘密が…?

どっちが良いの? 私は・エニクスです。 高順と壬氏は猫の様子を見に医局に訪れた。 派手な色合いの織物や装飾品そして西から取り寄せた葡萄酒まで売っている。 〜 さて、猫猫は仕事をしようとしましたが、あいにく今はお客様がきており、仕事がなくなってしまいました。 当然妃である玉葉妃も参加する必要があり、その侍女達も同伴となる。 勉強しようと努力するも、寝落ちしてしまうのです。

Next

【薬屋のひとりごと】8巻(1話~10話)のネタバレ情報満載!!

・女の子の姉がその男に身請けされる予定だった ・急に身請けが白紙となり姉は自殺をした ・その男は口説いては身請けをほのめかし、飽きたら捨てるを繰り返していた。 ソバカスがない猫猫が見られてラッキーだと思いましょう。 西都の徴兵も子の一族の反乱の可能性もあり、玉葉后が利用されるのでは?と危惧される。 男たちは、バッタを捕まえては焼き捕まえては殺していった。 そして爆発の原因は小麦粉でした。 壬氏は文官の話を聞いて、所用の為の金が入った財布を渡し、自分用も合わせて買いに行かせる。 それから同じ荷が置かれているという隣の建物に入り、荷を確認した後、猫猫はちょっとした実験をすると言い出す。

Next

『薬屋のひとりごと~猫猫の後宮謎解き手帳』最新第7集が発売。 さらに櫻井孝宏さん、悠木碧さんが声優を務めるCM、PVも公開中!

壬氏ドギマギ これほどの美貌をもつ壬氏。 自分をねぎらってくれたと思ったやぶ医者でしたが、その葛湯は湯飲みに張り付いて飲むことができなかったのです。 こちらの記事もよく読まれていますので、よろしければご覧ください。 猫猫は、彼女に対して惜しい化粧の美人だなと思いながら、仕方なく薬の実験でぐちょぐちょになっている包帯の下の腕をさらし、壬氏は私のようなものにまで食い扶持を与えてくださる方なのだと説明する。 また、猫猫の実父である羅漢の変人軍師のストーカーのような動きもあって面白い。 しっかり師匠の言いつけを守る姿や官女にからまれて嘘泣きしてかわす様子なども可愛らしかったです。 なぜ壬氏は女じゃないのか…。

Next

薬屋のひとりごと

昔話でよく聞くあれの素養を壬氏は持ってるんじゃないか疑惑。 老人の袖から不思議な色の石が滑り落ちるのを目撃した。 そして麻美が来てからは、雑用はそれぞれの部署に押し付ければいいとアドバイスを受けそれぞれの部署に渡す。 あと絵が可愛い。 事件が解決し、やっと落ち着くと思ったら、また新たな登場人物が。

Next