Sic 半導体。 次世代パワー半導体 GaN・SiCへの取り組み |サンケン電気

動き出すSiCパワー半導体、省エネルギーの切り札へ (1/2)

ある分野でのシェアNo. 本質的な課題である電力抵抗による電力損失についても、無視できないところまできていました。 ところで、時代に合わせ柔軟に変化を続けながら第一線を走り続けられるのはなぜなのでしょうか? 開発を始め、多くの現場に長年携わり続けるパワー半導体プロジェクトマーケティングユニット長、金澤博さんにその理由を語っていただきました。 機器の中はその熱を回転ファンやヒートシンク(放熱器)で外に逃がして故障を防ぐ「放熱」のしくみが備わっているが、パワー半導体それ自体の電力損失、熱の発生が少なければ、電力消費を抑えて省エネルギーになるだけでなく、熱の問題、放熱の必要性もある程度まで解消し、機器をより小型化することができる。 さらに、インテリア照明などで人気の高い面発光の有機EL照明では、電源も非常に薄くすることが求められており、極薄電源の実現にはGaN素子が効果的であると考えられます。 エアコンと冷蔵庫の消費電力量は家庭内の総消費電力の約4割を占める。 製品についてのお問い合わせはこちらからどうぞ 次のページでは次世代パワー半導体の採用が期待される用途の中から9つをご紹介します。

Next

SiCパワー半導体とは何か? 先頭切るローム、20倍に急成長する「次世代素子」市場で花開くか |ビジネス+IT

お客様の様々な要求を叶え、車載製品にも広めていきたいですね」 確かな品質と安全性が認められ、鉄道にも使われているパワー半導体と、その基盤材料であるSiC。 、静水圧成形、、スリップキャスト成形、、などの成型法、、常圧焼結、加圧焼結、再焼結などの焼結法が行われている。 この炭化ケイ素の製造には多量の電力が必要で、安価な電力が得られる立地で行われることが多い。 これらに用いられるモータ駆動回路の効率を上げるため世界的にインバータ化が進んでいますが、さらなる効率向上のために、低損失なSiCデバイスの適用が期待されます。 電圧ストレス耐性も向上しており、信頼性についても問題ない」と木本氏は述べる。

Next

SiCパワー半導体とは何か? 先頭切るローム、20倍に急成長する「次世代素子」市場で花開くか |ビジネス+IT

この結晶は系の hexagonal 対称性を持つから、2Hと記号し、また、( が1つだから、ジグザグを11と書く。 炭素とシリコンが強固に結合しており、単結晶のシリコンよりも安定した結晶構造であるため、絶縁破壊強度が高く、活性層を非常に薄くすることができます。 そういった仕事の仕方も、他社に比べてやりやすい土壌のようです。 インバーターやDC-DCコンバーターを一体化したPCU(パワー・コントロール・ユニット)はデンソーが供給する( 図2)。 項目 単位 Si 4H-SiC 6H-SiC 3C-SiC GaN GaAs ダイヤモンド バンドギャップ eV 1. バンドギャップが広い方がより高い電圧に耐える性質を持つが、一方電子移動度が大きいものは高速動作が可能となる。 環境対策 [ ] のするの集塵用フィルター()材料としての用途。

Next

逆転の発想でSiCパワー半導体の高品質化に成功 -非酸化による酸化膜形成で高品質化10倍- — 京都大学

とエネティック総研が研究成果を製品化 し炭化ケイ素繊維や複合材を販売・輸出している。 この市場調査は、このレポートの理解、範囲、および適用を強化する包括的なデータを提供します。 省エネ志向の高まりもあり、今後もこの動きは加速していくと考えられます。 これはどのような半導体でも起きる現象だ。 これまで実験室レベルでは、Si基板上に成長できるSiC膜の厚さは約0. の弟分、あるいはとの中間的な性質はここからくる。 GaAsは、高速動作向きで、高周波デバイスで有利• GaNは、スイッチング電源などの小型・高周波用途で有利 と言われています。 2016年5月7日閲覧。

Next

SiCパワー半導体とは何か? 先頭切るローム、20倍に急成長する「次世代素子」市場で花開くか |ビジネス+IT

30年来の課題 最も大きな課題の一つが、SiC-MOSFETにおいて、SiCと酸化膜(SiO2)の接合界面に多数存在する欠陥だ。 これにより、高品質のゲート酸化絶縁膜が形成できるようになり、トランジスタ性能の向上につながった。 シビアな品質基準を乗り越えることができたSiCウエハが車載用途として積極的に採用されるようになります。 省エネが叫ばれる時流の後押しもあり、次世代パワー半導体の基盤材料としてこれからますます活躍の舞台が増えそうです。 従来型に比べて電力損失が約70%減という最先端の試作品を発表したのも、ロームである。 上「」 : Moissanite と呼ばれ、また、末に工業化した会社の商品名から「 カーボランダム」と呼ばれることもある。

Next

SiC半導体

調査には、2015年から2020年までの履歴データと2026年までの予測が含まれます。 2-kV SiC-MOSFET Device", PCIM Europe 2020. アルミ精錬の副産物ガリウムを窒素と化合させてつくる。 また、電気自動車等ではこれに加えて燃費の向上が見込まれる。 今後は民生用スイッチング電源等への導入も期待される。 。

Next

トヨタとホンダが続々採用、 新パワー素子は本命SiCへの“つなぎ”

7 12. 炭化ケイ素(SiC)半導体によって、従来のシリコン(Si)半導体を凌駕する小型で電力損失が少ない半導体素子を実現することが可能であり、電力、鉄道、家電などの様々な分野で電力制御用素子としての応用や、宇宙・原子力施設で使用する半導体素子への応用が期待されている。 この現象は電界効果と呼ばれ、これを利用して駆動するトランジスタが電界効果トランジスタ( Field Effect Transistor、略称FET)である。 新手法は、特殊な装置や高価な原材料は一切要らないので、導入もしやすい。 Terashima, N. シリコンは地球上にありふれた元素であり、安定したダイヤモンド構造をしているので半導体の材料として非常に重宝されてきました。 ローム株式会社. 2016年5月29日閲覧。 ワイドバンドギャップ半導体は格子定数が小さく、原子間の結合力が大きくなります。

Next

逆転の発想でSiCパワー半導体の高品質化に成功 -非酸化による酸化膜形成で高品質化10倍- — 京都大学

その中で、代表的なものが、図1に示すような立方晶と六方晶である。 「SiCパワーデバイスではコストが高いというのが課題の一つなので、これを従来の2分の1、3分の1にできるということだ」(木本氏) その他、チャネル長を数倍、ゲート酸化膜を数倍にしてもオン抵抗が同等レベルに抑えられるので、信頼性の向上につながる。 文献 1 松波弘之:「SiC パワー半導体への期待と課題」,電気評論,pp. その第1層の上に乗る第2層の正四面体は、第1層の頂点たち、すなわち三本足つき黒丸を足場に並べることになる。 PCやタブレット、太陽光パネルのようなバブル的なものとは違う印象がある。 製品の塊から不純物を除き、粉砕し、さらに不純物を除き、粒度ごとに篩い分け、製品にする。

Next