たか を くくる 意味。 「たかをくくる」の語源「鷹を括る」説

高を括る(たかをくくる)の意味・由来や使い方は?

それも「大方のことは体験した・経験してきた」からではないでしょうか。 はかる。 タカと発音する言葉には他に何があるだろうか。 高をくくる たいしたことはないと思って相手をみくびることをいう。 たかをくくるの類語で、よく聞く言葉にはこのような言葉があります。

Next

「たかをくくる」の意味と使い方を解説!「たかをくくる」を使った例文を紹介

くみしやすいと見る:扱いやすい相手とみる。 小学生だから弱いに違いないと、 高を括って腕相撲をしたら、見事に完敗した。 この時間に出れば間に合うとたかをくくっていたが、やはりきちっと調べてから出ればよかった。 」という場合にも使うことができます。 戦争も同様で、誰かは得をするだろうが、全体としてみれば非合理の塊だ。 石という単位は重量単位ではあるが、米の体積を表すものとして代用された 2020年8月24日付け日経新聞夕刊の最終ページに連載の小説、朝井まかて「秘密の花壇」にて目にとまった言葉が「高を括る」でした。 つまり元々は、事物は変転するものだという真理を知らずに油断する人の愚かさを象徴する句であり、敵を見くびるという意味ではなかった。

Next

たかをくくるの意味とは?その使い方や例文は?

決意を固める。 「高殿」「高照らす」• ・アクセス過多が原因で、現在そのサイトを見ることができなくなっている。 「自分がたかをくくっていなければ、こんな結果にはならなかっただろう」• 要するに使われているうちにことばの意味は変容していくものだ。 本命の大学の受験の前に、練習用に格下の大学を受けたが、格下と 高を括っていたことが仇となり、落ちてしまった。 これを「粗相(そそう)」と呼んでみます。

Next

「たかをくくる」の意味と使い方を解説!「たかをくくる」を使った例文を紹介

現代では多く「たかをくくる」の形で用いる。 ㋐形や位置が高い意を表す。 かつてカール・マルクスは資本論に「我が死んだ後なら洪水が来ようと知ったことか。 そうした発話例を聞いた人が、相手の力量を低く見て安心する意味だと誤解していったとしても不思議ではない。 「高を括る」の使い方• 小学生相手だしと、 たかをくくっていたら中学生よりも背の高い子や体格のいい子もチラホラといる! これは練習とはいえ気が抜けないな! 1つ目の例文では、たかをくくることで失敗した!という使い方をしていますね。

Next

「多寡」と「過多」の意味の違いと使い分け

そこから、「高を括る」だけで戦を仕掛けることは、無謀であるというたとえから、「安易に予想している」とか「大したことはないと見くびる」ことを「高を括る」というようになったと言われています。 「私の過大視でなければ良いのですが」「課長は過大視されているかもしれません」などと使い、やはり懸念や謙遜の意味で使われます。 去年、大きな災害があったからといって、当分、このような災害は来ないだろうと 高を括ってはいけない。 私の疑問の中心は、たか が高であるならば、では 「括る」 とは何を意味するのか?ということです。 そう考えると、鷹狩りがことばの由来であったという可能性は一考の余地がある。 高はくくれないが、鷹ならくくれる。 意味を直訳とすると 「見積り総額をまとめる」 という感じの意味になります。

Next

たかをくくるの意味!語源と使い方を分かりやすく紹介!

およそことばの起源や意味を知りたいという読者の要求に真摯に答える責任ある姿勢が感じられない。 類語をみても分かるように、「たかをくくる」基本的には相手をバカにしたときに使う言葉です。 なぜなら緊張しぃなんですね。 緊張しておしっこが近くなるのではなく、普通にしていても近いのです。 「たかをくくる」の 「高」は、物の数量や金額を見積もった時の合計額や 「石高(こくだか)」のことを指します。 ここまでは、それぞれの単語の意味の説明として間違ってはいない。

Next

「たかをくくる」とは?意味や使い方をご紹介

ところで、高(たか)にはもう一つ語義がある。 例えば、「人員の多寡を問わない」と使います。 例文 ・彼は正義感が強い人で、報酬の多寡に関わらず依頼を引き受けている。 「高をくくる」の「高」は、近世の日本において米の生産量の単位として使われた「石高(こくだか)」に由来しています。 ㋒りっぱだという意のほめことばとして用いる。 同じことを書くテクストが増えれば増えるほど、人は信用性が高いと思い込んでしまう。 文章全体を通じて、考えた痕跡が乏しく、論理が粗雑である。

Next

たかをくくるの意味とは?その使い方や例文は?

武士としては恥ずべきことであったに違いない。 「たかをくくる」とは「鷹を括る」と言う説がほぼ正しいのではと思いますが、1点だけ気になるところがあります。 その後、「たいしたことはないと思う」 といった意味でも「高を括る」が使用され 現在の意味のように変化していきました。 「その程度だろうと安易に予測する。 ・彼は脂肪過多だから、食生活の見直しと運動をした方が良い。

Next