健勝 を 祈る。 「益々のご発展」の正しい使い方は?例文と言い換え方も紹介|MINE(マイン)

間違う人も多い「ご健勝」「ご多幸」の意味と違い・使い方と例文

ご健勝は、相手の健康をお祝いする、祈る、願うという意味です。 それでは乾杯の音頭をとらせていただきますので、皆様、ご唱和願います。 先程より丁寧さが際立つ言葉になります。 ビジネスシーンや、お祝いの席でも一般的に使われる言葉です。 今後のご健勝を祈念して 「今後のご健勝」ということから、これからの相手が心身共に健康であることを祈りますという意味で使われるため、転勤する人に向けの挨拶や、退職、転職する人のはなむけに使われます。

Next

「ご多幸」の使い方と「ご健勝」「ご活躍」との違いと例文集

「皆様のご健勝をお祈りします」のように使われます。 ご健勝とご活躍をお祈り申し上げます 「ご健勝とご活躍をお祈り申し上げます」は、取引先やクライアント宛ての手紙やメールで文章の最後に付け加えたい表現の一つです。 この『祈る』という行為は、本来宗教性の非常に高い行為です。 「健康に気を付けてください」のような相手をねぎらうメッセージとしての意味も持っています。 」 日頃、お世話になっている方への挨拶、 何か用件がある場合の手紙やメールの 書き出しとしては最適です。

Next

健闘を祈るの意味・相手別使い方・例文・敬語表現の仕方

「ご健勝」は目上の方に使う場合、 「ご健勝をお祈りいたします」 「ご健勝をお祈り申し上げます」 とした方が丁寧です。 春暖の候、皆様におかれましては、ますますご健勝のこととお慶び申し上げます。 この問題の答えを見いだす道が念仏の教えであり、あらゆることに迷う必要のない世界が開けてくるのです。 ただし、「ご多幸」の中には「健康であること」も含まれていると考えることができますので、「ご多幸」の方が広い範囲での幸せを願い、「ご健勝」はより健康に重きを置いた言葉だと考えることができます。 2:「皆様のご健勝を心よりお祈り申し上げます」 こちらは、メッセージの最後に結びの挨拶としてよく使われるパターンです。

Next

ビジネス文書での「ご清祥」の正しい意味や使い方!「ご健勝・ご清栄」との違いも徹底解説

それでは皆様ご唱和願います。 相手が病気を持っている、高齢であるなどの健康上の配慮がより重要だと感じられる場合はご健勝の方が良いでしょう。 気遣いをスマートに示すためには、語彙を増やすだけでなく実際に普段から使うことができなければなりません。 チャレンジの多い職場環境なら、より言葉が伝える効力も期待できるため、「ご健勝」と併せて手紙やメールでの結びとして使うと良いでしょう。 他にも、ご活躍を使った表現には多くの種類があります。

Next

推敲百話【16】「ご健勝とご健康を」の巻

末文と同じく続く言葉があり、この場合は「お慶び」がセットとなります。 」というように、対象が団体であることを示すことが大事です。 文書の冒頭で使用する場合 こちらもメールや文書での使用を前提とし、冒頭 文頭 で使用する場合の例文です。 ・立春の候 御東様には益々ご健勝にてご活躍のこととお慶び申し上げます。 ちなみに目上の人から目下の人に対して、また目下の人から目上の人に対しても使うことができるため、立場を気にすることなく使用できます。 読み方と意味 「ご健勝」は「ごけんしょう」と読みます。

Next

「ご健勝」の使い方と例文:手紙やメールを長くするお決まりの文言集

この「多幸」に尊敬語の「ご」がつくことで、相手の方に失礼のないように「ご多幸」という言葉を用いることができます。 「〇〇様の今後益々のご健勝を、深くお祈り申し上げます」という文章なら個人宛なので問題ないでしょう。 年賀状や忘年会・送別会のスピーチなど、様々なビジネスシーンでよく使われています。 前述したように「健闘を祈っております」などと、尊敬語を含めて表現しましょう。 」 20、「皆様の ご健勝をお祈り申し上げます。 これに「ご活躍」を足して「ご健勝とご活躍をお祈り申し上げます」とすると、送別会の言葉としてふさわしいものになります。 We pray you all being in good health. 「ご活躍」の意味は、「めざましく活動すること。

Next

「ご健勝」の意味や正しい使い方、類語や例文

この会社で培った経験すべてを今後も活かし邁進いたす所存です。 この2つは、個人に対してではなく、会社や組織に対して使用するのが一般的です。 仕事も家庭も一層頑張りましょう。 I pray that you will be in good health. それでは皆様ご唱和願います。 こうした挨拶の中では定番のフレーズとなっていますので、書く機会があればぜひ使ってみましょう。

Next

「ご健勝」と「ご多幸」の違いとは?意味や使い分けを知っておこう

まとめ 「ご健勝」は「元気で健康であるさま、すこやかな様子」を表す言葉で、ビジネスメールやビジネス文書での挨拶や結びの表現として活用できる便利な言葉です。 「清祥」は文書に特化した挨拶の言葉です。 たまに企業宛に使っている例も見られますが、少し違和感がありませんか。 また、基本的にクライアントや上司など目上の人に折り返しの連絡を依頼するのは失礼なので、相手によってはこちらから電話をかけ直す姿勢も大切です。 それぞれ意味や使われ方が異なるため、例文を交えながらしっかりと理解しておきましょう。 「ご清祥」 「ご清祥」は「相手の健康と幸福を願う」時に使われる言葉です。

Next