エーステ 秋 単独。 エーステ秋組単独感想①

エーステ歴代キャスト全図鑑!これまでの公演やキャラの詳細など

しおり• わたしたちはきっとそれを連想させられている。 お芝居のすべてが「ここが俺の居場所」という言葉のためにあるのでは、と思うほど。 人を頼れない。 軽率に口にしていたこの言葉、今では重たく響く言葉として心の底から紡ぎたいです。 その間にたまったものをようやく発散できるなという思いです。 「MANKAI STAGE『A3! そしてなにより、おめでとう!って叫べたのも幸せすぎて。

Next

迫力のある演技が必見の『エーステ』新作、秋組単独公演が開幕。囲み会見インタビュー&ゲネプロレポート

これは万里推し目線の超主観的な感想ですが、 秋単独全体を通して万里の人生のワンシーンが切り取られたと捉えています。 本公演では秋組にスポットを当て、秋組第二回公演『異邦人』、第三回公演『任侠伝・流れ者銀二』の2ストーリーを展開します。 カテコで太一巻きこんで投げキスするのも「摂津万里」。 それに秋単独を観ていて、五人にとって秋組が居場所なんだなってつよく感じた。 わたしが観た中ではこの回がいちばんきらめいていて、至高でした。 』製作委員会2019. これがエモいと言わずになんと言おうか。 そしてここのくだりの水江万里くんのお芝居が非常によい。

Next

エーステ秋単独見てきました座席とかの感想

まとめ いやーー…かっこいいなあ…… かっこいい。 綴と元?幼馴染の水野くんの関係。 咲かせてください!」 東京の郊外の街、天鵞絨 ビロード 町。 幸せになってほしいと思う。 いつも協力しあってるふぉろわさんが今回も結果記事であげてと言ってくださったので備忘録としてあげました。 。 でも劇場では客席に監督がいるから、5人の集合写真を撮る演出になるのかなーって。

Next

舞台オタクの記録

らせん階段を駆け上がるような昂ぶりを胸に灯して。 びっくりした。 その間にたまったものをようやく発散できるなという思いです。 MANKAI STAGE『A3! しんどくなればなるほど、好きになる。 』2020 冬組単独公演開幕!『主人はミステリにご執心』『真夜中の住人』を展開は爆サイ. だからエーステではいわば生粋の万里推し。 水江万里くんに「わがまま」という響きを当てたのが天才すぎる。 つらくてしんどくなるシーンもあったけれど、なんだかもうずっといとおしくて、にこにこしていたと思う。

Next

[エーステ]MANKAI STAGE『A3!』2020 冬組単独公演開幕!『主人はミステリにご執心』『真夜中の住人』を展開

これ聞いた瞬間ぶわっっっときて、ここから怒涛の情緒攻撃タイムがはじまるわけですが……万里くんにとってお芝居と出会えたのと同じくらい秋組の仲間たちに出会えたことがとても大きなことなんだなあって。 このときのOPで(イージーモードなのだからおそらく当然のように)ちゃんとダンスはこなしているのに気怠さ、適当さを感じさせる演技込みで踊っていた建太くんに今更また感動した。 話方とか特徴とらえるのも上手い。 ほんとうにこれなんですよね。 だから、ここまできたら最後までやりきるだろうと思っていました。

Next

Don't give way in Autumn./摂津万里くんを追いかけた秋単独――MANKAI STAGE『A3!』~AUTUMN 2020~

わたしは秋組のみんなが大好きなんだって、しあわせを噛み締めた。 皆様の期待を越えられるような劇中劇になっていると思います。 あと衣装がすごい だって眼帯してるんだよすごい衣装考えた人にお金振り込みたい。 こんなに東愛で溢れる堪大さんに東をやって頂けて感謝です。 万里推し目線で見る秋単独は、ひとつの "摂津万里の物語"として完成していました。

Next

上田堪大 公式ブログ

八角じぃちゃんの宝物を見つけ、三角ももう一人じゃないんだって事に気付けて良かった。 記録用の完全なる自己満記事です。 全体を見て、考えて、決断し、力強い言葉で流れを変える。 』〜WINTER 2020〜が2020年8月16日より開幕しました。 登録は。 茂木に手を下してしまうシーンの悲劇感が好きすぎる。 これらがぜんぶ本音であることにちがいはないけれど、いざ何かを与えられると実はつよがっていたのかもって思うんですよね。

Next

【動画】MANKAI STAGE『A3!』~WINTER 2020~(エーステ)公開ゲネプロ

絶望と表裏一体の渇望、数えきれぬ後悔、諦念……そういうものを一人で抱えてきた五人。 この子はすごい役者だよ何目線だよ。 だけど。 …幸くんは強がってても弱いとこあるから。 (見ていて"驚く"ほど心を動かされたってことですよね…ほんとう、すごい。 誰かいたのかな。 今回の秋単独でも出演予定だったのですが、叶わず。

Next