他社 の 選考 状況。 「他社さん、どこ受けてるの?」に正直に答えてはいけません|就活サイト【ONE CAREER】

面接で「他社の選考状況」を聞かれた時の答え方を人事担当者が解説!

就活の面接で趣味を聞かれた時の回答を考えている人「なんで趣味を聞いてくるの?正しい趣味の回答方法はあるの?他の人はどんな風に回答をしているの?」 こう[…]. 探ってみるか。 AとBの2人が面接を受けにきました。 答えるときのコツとしては、次のようなものがありますね。 回答例2 商品企画の仕事に携われる企業を中心に、現在は3社ほど選考を受けています。 正直に伝えてしまうとデメリットが2つあります。 例えば、「あの人は東大生です。 応募先の業種・職種に関連する企業の選考状況のみを伝える 受けている会社の業種・職種がバラバラだと企業選びに一貫性がないと思われてしまいます。

Next

「他社さん、どこ受けてるの?」に正直に答えてはいけません|就活サイト【ONE CAREER】

どこに就職するかは学生さんが決めるべきことです。 例えば、業界トップのA社の内定がある学生に対して、面接官は「あの企業に受かったのだから優秀に違いない」という印象を持つでしょう。 例えば 同じITのエンジニアで考えていますがその中でも、 ・幅広く仕事が出来ること ・優秀な人が正当に評価されていること ・行ってみて話してみて雰囲気の良いところ の三つを重視しているので、面接進んでみて色んな社内の人に会ってみて判断します。 そこで、「他社の選考状況」「他に受けている企業」を聞かれた時の、上手な答え方を例文つきで、解説いたします! まず、そもそもなぜ企業はこんな質問をするのか?を見ていきます。 他社の選考に関する質問をする人は人事担当者に多いですが、他社との選考の差別化を考えていることが多く、情報を聞き取るために聞いているだけの場合もあります。

Next

逆転内定の僕が考える就活の面接で他社の選考状況を聞く理由

他所の選考状況を答える際に注意したい4つのこと さて、質問意図からある程度注意すべきことが見えた人もいるでしょうが、ここで注意したいことを明文化しておきます。 志望軸の動機をつくる 面接官によっては「なぜその軸で企業を選ぶことにしたの?」と聞いてくることもあります。 嘘はバレたりしない? 結論、 バレません。 私の目標が『新しい価値を生む製品を作る』なので その点ですごく働きたいと思っております。 4 転職活動を進めると、志望順位は入れ替わることが多いのと、上と同じく第一志望以外に 順位を伝えると不利になるからです。 企業側もコントロールしにくい「6月に面接解禁」というルールについて皮肉を交えて話しつつ、「練習のつもりが、図らずも内定を取ってしまった感」を醸し出せれば、 あなたの有能さと御社への忠誠を感じさせられるのではないでしょうか。

Next

面接対策│「ほかに受けている企業は?」への答え方/NG回答事例

たとえば、他に3社の面接を受けていて、それぞれ2次面接や最終面接などへ進んでいるとします。 だから、他社の応募状況を聞いて、自社の優先順位を探ろうとするんですね。 ただし、実際に選考が始まっているわけではないので、明かすのは企業名のみに留めてください。 特に、内定が出ていないのに「A社から内定をもらった」と答えたり、他の企業も受けているのに「御社しか受けていません」と答えたりするのは避けましょう。 その他、皆さま優秀な方がいらっしゃるとも思いました。 他社の選考状況を答えている途中に「御社が第一志望です」と答えてもらいたいというのが本音です。

Next

【面接対策】「ほかに受けている企業」のベストな答え方を例文と合わせて解説

ちゃんとした軸を作るのは難しいですが、自分が何を大切にしているか、何が好きか、世の中にはどんな仕事があるのか改めて見ていってみましょう。 他社を受けていない場合 御社が第一志望のため、他に受けている企業はありません。 それはいやだから、他社の選考状況聞いて、内定とりそうだったら、早く選考するようにしよう」 優秀な人材を他社に取られないために、早く内定を出すべきか、判断の1つにするわけです。 これを受けることで基本的なマナーを理解することができますし、意図せぬマイナス評価を防げるようになるはずです。 求職していくといくつも同時に面接を受けることになると思いますし、意外と大切な質問なのでしっかり対策していきましょう。

Next

就職活動状況欄・他社の選考状況欄の書き方

この通り、かなり詳しく教えてくれます。 ただし、これも例外があります。 「3社で不採用でした」と言ってしまうと、落ちまくっている印象になり面接官から不審がられるかもしれません。 現在進行中の選考状況のみを答える• しかし、人事が 皆他社の掲示板を見ているわけでもなければ、そもそも掲示板の情報は正しいとも限りません。 (1)選考状況の伝え方 上述のとおり、選考状況を詳しく明かしてしまうと内定辞退を申し出る際、採用担当者に内定先を推察されやすくなってしまいます。

Next

他社を受けていると評価が落ちる?他社の選考状況のうまい伝え方のコツ!|S転職 やりたいが見える転職メディア

一貫性がないと思われます。 「他社への志望度のほうが高い」と言い切ってしまうと、どんな優秀な応募者であっても面接官は採用を躊躇してしまいます。 逆に 複数の企業を受験しているにも関わらず、その事実を伝えない事にはあまり意味がありません。 自分の強みや考えを伝える時は、それらを裏付けるエピソードがあると説得力が増しますし、エピソードを盛り込むことであなたの人柄が伝わりやすくなります。 」と聞くと、「うちも内定を獲得した後も保留にされてしまうのではないだろうか?」などと思われてしまいます。 把握することは可能です。 それを防ぐために、 志望業界が変わって、選考中の企業がない場合のみこれから受ける予定の企業について言及しましょう。

Next

就活中に面接で「他社の選考状況」を答える3つのポイント【知らなきゃまずい】

面接官が他社の選考状況について質問するのは、業界や企業に対する本気度を測ったり、あなたの就活の軸を知りたいという思惑があるからです。 他社の選考状況を答える際、業界や企業選びへの基準に言及するとアピールになる• 御社と共通するところとして海外からのユーザーや観光客を取り込む計画で進んでいます。 後者は、応募している会社の規模や仕事内容がバラバラな時は注意してください。 企業は、この質問で、あなたが知名度にまかせて適当に会社を受けている学生ではないかと探っています。 企業選びの軸を知りたい 企業は、他社の選考状況を聞くことで、就活生の企業選びの軸を知りたいと考えています。

Next