インターネット エクスプローラー キャッシュ クリア。 IE11で更新前のホームページが表示される場合がある

更新したのに反映されない…そんなときは「キャッシュ」を疑え!

ピンク枠で囲われた3箇所だけにチェックをいれて「削除」をクリックします。 (〔ツール〕ボタンの色は通常は白。 項目名 詳細 お気に入りWebサイトデータを保持する 「お気に入り」に追加しているホームページを、クッキーやインターネット一時ファイルの削除対象から除外します。 () 1.まずはページを「強制再読み込み(スーパーリロード)」してみる 「キャッシュ」の程度によっては、 「強制再読み込み(スーパーリロード)」するだけで解決することも。 もっと手軽にキャッシュクリアした状態を実現したいというときは、シークレットモードを使うと便利です。 消したく無い場合にはそれぞれのチェックを外して置きます。

Next

Windows10のInternet Explorerでキャッシュを削除する方法

よく見るサイトで記録されていたパスワードなどもクリアされてしまいます。 [インターネット一時ファイルおよびWebサイトのファイル]をチェックして「削除」ボタンをクリックして削除完了となります。 これでキャッシュが削除されるので、すでに表示されているページなら読み込み直しをすると新しい情報が表示されます。 見た目やメニュー名はWindows 7 版とほぼ同じです。 クッキーとWebサイトデータ ホームページごとのログイン情報やホームページの設定などです。 その横にサブメニューが表示されるので、その中の〔閲覧履歴の削除〕をクリックします。 マウスの読み込み中アイコンが消えたら削除完了です。

Next

IE のブラウザキャッシュの削除方法(Internet Explorer 11)

マウスポインタを合わせたりクリックしたりすると、青に色が変わります。 ですので、先ほども紹介したディスククリーンアップを定期的に使っている場合などは、一度試してみるとよいでしょう。 そんなわけで、キャッシュの役割は「データの一時保存」ですから、削除してもパソコンに不具合が生じたりすることはなく、心配はいりません。 3.閲覧履歴の削除のところの〔削除〕をクリックします。 最後に「データ消去」をタップしてキャッシュエリアの全削除が完了です。

Next

キャッシュとは?IT初心者でも分かるように解説

しかしWindows10のバージョン1709以降のものについては、自動削除機能を使うことが可能となっています。 Chromeのキャッシュクリア Chromeでキャッシュクリアする理由は2つです。 メニューアイコンから[設定]をタップします。 テキストデータはだいたいこれで更新されますが、一部の画像データなど変化しない場合があります。 変わらない場合には、別の原因が考えられます。 右上にある歯車アイコンをクリックしてください。 通常の設定だと「履歴」などもまとめて削除されますが、ここで削除されるデータは、どれも削除しても不具合が起きることはありません。

Next

「IE(Internet Explorer)」のキャッシュクリア方法

キャッシュメモリの削除アプリ CCleaner CCleanerを起動すると現在のストレージとメモリの使用状況がわかります。 ホームページのデータを更新し、アップロードした。 なので本来は、パソコンのパフォーマンスを向上させるためのものであり、その存在や機能自体は、パソコンを快適に使うために必要なものだと言えるでしょう。 デスクトップ版でクッキーを残す設定にしておいてストアアプリ版で閲覧履歴を削除するとクッキーは削除されず残りましたが、 デスクトップ版でクッキーを削除する設定にしておいてストアアプリ版で閲覧履歴を削除するとクッキーが削除されました。 iphoneの場合 Iphoneの場合はスマホよりも操作はシンプルで簡単にキャッシュの削除ができます。 「Internet Explorer」のキャッシュクリア方法 では本題である 「Internet Explorer」でのキャッシュクリアの方法について解説していきましょう。 対処1: ページを強制再読み込み(スーパーリロード)の方法 Windowsの場合は、キーボードのF5キーを押す、またはURLが表示されているバー付近の丸まっている矢印をクリックして再読み込みをするだけで更新が反映される場合がありますが、それでもキャッシュが効きすぎて(強くて)変化が見られない場合もあります。

Next

「キャッシュ」とは?ブラウザのキャッシュを削除する方法

「IE11」「Microsoft Edge」で共通のショートカットキー キーボードで 「Ctrl」+「Shift」+「Del」キー で、キャッシュ(閲覧データの消去)の削除画面が表示。 〔インターネット一時ファイルおよびWebサイトのファイル〕にチェックが無ければ、クリックしてチェックを入れます。 下に表示されている[フォルダーの移動]をクリックすると、フォルダツリーが表示され、好きな場所を指定することができます。 「プライバシー」の項目の[閲覧履歴データの消去…]をクリックします• 4.削除が完了するとウィンドウの下のほうに「選択された閲覧の履歴が削除されました」と通知が表示されます。 更新したのに反映されない…そんなときは「キャッシュ」を疑え! みなさんがホームページを閲覧するとき、 はじめて見るホームページと、いつも見ているホームページでは、 「はじめて見るホームページのほうが表示されるのが遅い」 「いつも見ているホームページはすぐに表示される」 と感じたこと、ありませんか?これ、思い過ごしではありません。 また、CSSなどの外部ファイルの変更が反映されない場合は直接その外部ファイルのURLを開き、更新し、それからホームページを更新することで変更を確認できる場合があります。 キーボードのショートカットで行える簡単な方法なので、まずはこちらを試してみましょう。

Next

Webサイトが最新の状態にならないときの対処法【スーパーリロード・キャッシュクリア】 : ビジネスとIT活用に役立つ情報

ブラウザ右上の「メニュー」から「オプション」をクリックします。 この作業には多少時間がかかる場合があるため、その際は暫く待ちましょう。 タスクバーの検索窓で「ディスククリーンアップ」を検索して、アプリを起動させます。 片方で削除を行うと、両方のインターネット一時ファイルが削除されます。 〔インターネット一時ファイルおよびWebサイトのファイル〕にチェックが無ければ、クリックしてチェックを入れます。

Next