青 の フラッグ 最終 回。 【ネタバレ注意】ジャンプ+の「青のフラッグ」の最終回が衝撃的すぎると話題に・・・

漫画『青のフラッグ』完結 同性愛含めさまざまな“純愛”描いた話題作

同性を好きになるのってどんな気持ち?と聞く伊達も結局男性と結婚する。 だからこその不安 作中でハッキリ語られないからこそ、意見や解釈も分かれるんですよね。 登場人物の言葉や表情から、最大限、読み取ってみました!• 「高校時代、純愛してても、大学もあるしね」「別れちゃったんだな」「大人になったら、それも仕方ないよね」 そう解釈してたけど、違っていました。 トーマとのわだかまりも解け、全て解決ハッピ~なんて思ってたらめくりで 「オレは二葉と別れた」 え? 言葉を失いほぼ無の状態で最終ページまでフリック。 ケンスケ達が教室を出た後も、周囲が彼らを責める声は止まりませんでした。 トーマ視点じゃん。 ただその時は太一も誰か別のいい人ができたのかもなーと、そのくらいにしか思ってませんでした。

Next

【青春ブタ野郎】13話(最終回):感想と原作との違いについて

やがて、同性が好きで双葉に恋愛感情を抱いている真澄など、周囲のいろいろな悩みを抱えた友人を巻き込みながら物語は動き出します。 【漫画】青のフラッグ最終回8巻をお得に読む方法 「青のフラッグ」の単行本は全8巻となっています。 選んだ未来、そしてその先へ…。 は選んでいるわけじゃないんです。 その後二葉と再会したのは5年が経ってからで、この時点で太一が選んだ道はまだ読者には分かりません。

Next

「青のフラッグ」完走の感想(完全版)

俺の親友として」と告げます。 訪ねてきたケンスケを見て、周囲のクラスメイトはトーマを傷つけたことを責めます。 今は受験も控えていて余裕はないとは分かりつつも休日に二人はトーマに会いにいくことにします。 そしてそこに麻衣さんが現れ、梓川家が修羅場化するという流れになって「青春ブタ野郎はおるすばん妹の夢を見ない」は終わります。 最初に書いたように私は「三人の物語」として 読んでいる読者だったので (そして似た者同士のヘテロ高校生カップルかわええ目線) ひとまず『青のフラッグ』というタイトルの 物語は、ここで完結でいいのだと思います。

Next

【ネタバレ】「青のフラッグ」の最終回について。

進路の悩みも丁寧に描かれていたので。 菊之丞を通して朱音の過去を芝居にし、自分で身請け金を作ったのです。 それはかつて、4人で見た映画の最終章で、広告には『選べ、親友か恋人か』と書かれていました。 「青楼オペラ」は以下の動画配信サービスや電子書籍サービスを利用するとお得に読むことができますよ。 最終巻楽しみにしております。 少しずつ、マナは翔に反抗の意思を示すようになりました。 途中からは不定期連載になって、話も少し冗長にはなってきたけど、しっかりと同棲を好きになること、人を好きになることを描いてきた。

Next

『青のフラッグ』54話

話し合いってたしかに大事だけど大人になるにつれ腹割って話すのってものすごく体力気力を消耗するので簡単じゃないとも思いながら読んでました。 思うのは勝手だけど何を読んできたんだ。 しかし双葉は納得しません。 そんな時、台風が島に迫ります。 学校からの帰り道に彼は猫が轢かれる瞬間に立ち会わせてしまいます。

Next

青楼オペラ【最終回】ネタバレ!幸せそうな二人…娘にデレデレの惣右助もかわいい│シロカミエンタ

彼女は本当はだったんでしょうか?それとも、だけど二葉以外の女性に興味が持てなくて男で妥協してしまったんでしょうか? ラスト、太一が手を繋いでるのって99%トーマですよね? 太一って結局だったんですか?それにしても、太一はやたらと「二葉は彼女、トーマは親友」というスタンスを最終回まで一貫して崩してなかったですよね。 アーカイブ• 以前の記事で青のフラッグについての不満点を書きまして、その後最終回だけ読んだら「えっそうなるの?なして?」って思ったわけなんですよね。 続けて双葉は、「だから選べる自分になりたい。 少年ジャンプ+で連載されていた青春漫画 『青のフラッグ』完結巻です。 子供のころにトーマとすごろくで 「親友パワーでみんなを幸せにする」と書いたことやこれまでのトーマとの思い出が溢れてきて涙する太一。 自分が太一やトーマや二葉だったらどうするかとか考えたり周りの登場人物も皆すべてではないけど共感できる部分を持っていてだからこそ結論を出したり解決するのが難しいのだと改めて思った作品でした。

Next

【青のフラッグ】最終話ネタバレ、考察まとめ

「そうですよね」「彼女はどの女性より、どの男性より、ボクを特別だと選んでくれたのですから」 「まあ…そのせいで自分はどこにも属せなくなったって、よくボヤいてますけど」 そこへ戻ってきた真澄に、驚く実透。 何故???と思っていたらあとがきでの作者さんの言葉。 利一郎は娘の子守りをし、二人を待っていました。 仲がよかったはずなのになんとなく「部類」が違う人間に思えてきて距離ができて、でも本人を嫌いなわけではなく、他の友達と一緒にいるのが嫌ってこれ自分も学生時代に経験あって今振り返ると全然たいしたことじゃないのに、当時は結構頭抱えていたように思います。 放課後に、トーマの兄・誠也が学校に来ていましたが、太一はそれも避けます。 知って欲しい。

Next

【青のフラッグ】最終話ネタバレ、考察まとめ

双葉からの言葉を受け、太一とトーマは二人で話し合うことになります。 翔はマナを看病するのでした。 少し世間話を交わしますが、核心に触れる話題に発展します。 。 余韻とか想像の余地というなら、あの海のシーンで終わった方が想像の余地が残ったように思う。 むしろ悪意があって傷付けてくる人の方があしらいやすい、そうでないから人と人とが関わるのは難しいと強く思いました。

Next