イスカ 寝袋。 登山におすすめしたい7つの寝袋。いいものだけをチョイスしよう

【楽天市場】送料無料 ISUKA イスカ 寝袋 エア 300SL マミー型 軽量 コンパクト シュラフ 洗える 春 夏 秋 ダウン 羽毛 キャンプ 登山 車中泊 キャンプ用品 登山用品 登山グッズ キャンプグッズ ツーリング ソロキャンプ 冬用 防災 ISU1491:ハイカム 楽天市場店

寝袋・シュラフの専門メーカーという肩書に恥じないよう、快適な睡眠を提供することを課題としています。 また、寒さに敏感な足元部分には多めのダウンが封入され、適度なゆとりをもたせた逆台形形状になっています。 返品・交換を希望される場合は、商品到着後7日以内にメールにてご連絡をお願いします。 1ではないでしょうか。 その他の寝袋でも大体は使えるはずです。 500gほどの物から2Kg近いものまで、種類や商品によって重さには幅があります。 イスカ(ISUKA)とは? イスカという会社名は、創立当時の社員のイニシャルを並べて付けられたといわれています。

Next

初心者にもおすすめ!寝袋で使うインナーの種類と選び方

軽くて性能がいいけどお高いダウン、重いけど耐久性があってお安い化繊。 ウルトラライト 軽量性とコンパクト性を優先した、夏向けの寝袋です。 各メーカーの羽毛シュラフは表面生地が防水、透湿性や撥水性を持たせているものが多いのですが、冬山で寝袋を湿気や寒さから守るためには、シュラフカバーをかけることが必要です。 下位モデルのエアSLのラインアップを見てもそれがわかります。 また、ダウンの充填量を部位ごとに変えることで、限られたダウンを最大限活用し、保温性と軽量性の両立が図られています。

Next

登山や日本一周で使うシュラフ(寝袋)を検討!モンベル・イスカ・ナンガどれが良い?

安さと使用機会などを考慮すると とても使い勝手の良いオールラウンダーな寝袋です。 超撥水「ナイロン66」 「エア300SL」のアウターシェルには優れた引き裂き強度を持ち、耐摩耗性、耐熱性を持った「ナイロン66」を採用、さらに強力な超撥水加工を施すことにより、テント内の結露や壁面への接触による濡れを防いでいます。 次にモンベルとイスカを比較してみます。 購入するまで気づけないのは、寝袋の外から締めた時にはほとんど噛まないから。 750FPの高品質ダウンを使用。 魅力2. — おから okara345 イスカエアの購入タイミングの評判・評価・口コミ 買っちまった…シュラフ。

Next

冬山の寝袋(シュラフ)の選び方

山の上は肌寒く、空気を遮る壁がないテント泊では 外気温が睡眠時の気温になります。 また シュラフは全身包み込まれているという安心感もあり睡眠の質を向上させます。 濡れに弱い。 ナンガは日本製なのに安いので結構好きですが、ダウンの良さと日本の裁縫だけに頼らないで 構造をもっと工夫して頑張って欲しい。 C、ジッパーの内側にドライチューブと言われる中綿の詰まったものが配置されています。 可能であれば実際に試して触り心地が好みか、顔まわりがしっかり頭まで保温できるかというのも確認してから購入できるといいですね。

Next

【楽天市場】送料無料 ISUKA イスカ 寝袋 エア 450X ショ−ト AIR 450X short エアモデル マミー型 軽量 コンパクト シュラフ 洗える 春 夏 秋 キャンプ 登山 車中泊 キャンプ用品 登山用品 登山グッズ キャンプグッズ ツーリング ソロキャンプ 防災 ISU1489:ギーク

イスカの歴史 イスカの創業は1972年。 メンテナンスサービスも実施 出典: どんなアイテムにも言えますが、性能をそのままに長く使うためにも、シュラフには正しい手入れが必要です。 春山といわれる残雪期(3月、4月、5月)登山であれば、エア630EXが目安です。 そのため温度の調整がとてもしやすいものだといえます。 1、適度なフィット感 2、体の熱を外に逃がさない 3、コールドスポットを作らない 基本的なことだけど、他の国内メーカーは出来てない(やってない)から評判に差が出る。 勿論、エア450Xもマミー型なので、 めっちゃ広々寝返り自在! なんてことはありませんが、 先の3D構造のひとつとして、「足元は逆台形型&足先に向けてわずかに傾斜」 するようになっているため、窮屈さを感じづらい工夫がされています。

Next

寝袋を選ぶならNANGA(ナンガ)、ISUKA(イスカ)?季節・用途に合わせて選ぼう!!

最新の中綿の開発や導入なども行っています。 縫製方法ひとつで性能と耐久性に大きく影響するため、最高品質の素材を確かな技術で素材を生かし仕上げています。 わかりづらい使用温度表示 各メーカーではその寝袋の使用温度を表示していますが、メーカー独自の基準で表示しているところもあれば、欧州の統一基準(EN13537)で表示しているところもあります。 今回選んだブランドは、登山用品で有名なモンベル、国産のダウン製品を扱うナンガ、シュラフ専門ブランドのイスカです。 モンベル ダウンハガー800 3• 厳冬期用。

Next

寝袋を作り続けて40年。シュラフ専門ブランド「イスカ」の魅力とおすすめ6選

また各種のラボに依頼し検証や測定を行うラボテストを実施しています。 その中でもエアは日本の山の定番モデルとしてメーカーで紹介されており、登山での使用を視野に入れるのであればしっくりきます。 元のジッパーが大きく滑りがいいためイスカほど重くなる感じがなく快適です。 ダウンと比べると重く、大きいですが価格がリーズナブルです。 ただ一点、タケモはリーズナブルで本格的なシュラフを作っているメーカーなので、検討の価値があると思います。 その他も高機能が満載 A、ドローコードは、伸縮性のあるゴム製コードを全モデルで使用しています。

Next