バックス 対 ウルブズ。 NBA 今日のレイカーズ対バックスの試合を観てどう思われましたか?

今季から参入の日本チーム「サンウルブズ」など、スーパーラグビーで活躍する日本代表/トップリーグ選手を一覧にしてみました|ジャパンラグビートップリーグ公式サイト

85m 205 lb 93kg 1. 元ロケッツのエースだったマーティンは控えから出場予定。 2年後にと改名するアルシンダーは1年目からチームにインパクトを与え、1969-70シーズンのバックスは56勝26敗と勝ち数を倍以上に増やした。 NBA2014年〜15年シーズンのペイサーズの60試合目、対ニックス戦の感想です。 一方、イースタン・カンファレンスではトップのボストン・セルティックスに1. NBA2014年〜15年シーズンのペイサーズの36試合目、対ジャズ戦の感想です。 。 プレーオフでは1stラウンドでに2勝4敗で屈したが、がシーズン終盤から先発に起用されるなど、実りの多いシーズンとなった。

Next

NBA 今日のレイカーズ対バックスの試合を観てどう思われましたか?

」 キャット「後半はまずロケッツがアリーザの加点で突き放しに掛かり(59-52 、ハーデンとディーモーも決めて、ウルブズは堪らずタイムアウトを取ったよ(63-54 タイムアウト後にもハーデンがスリーを決めて、再びリードを二桁に乗せるが、中盤前にルビオが速攻からの加点に続き、ハワードを交わす技ありのカウントプレイ、タウンズの加点などで9-0のランを食らったロケッツのリードは3点になってしまった(66-63 だがディフェンスで積極的に司令塔ルビオへダブルチームを仕掛け、ウルブズのオフェンスを揺さぶることに成功したロケッツは、その隙にビバリーからハワードへ繋がったダンク、速攻でハーデンからアリーザへ通るなど、8-0のランで巻き返しに成功したんだ(74-63 中盤過ぎもリズム良く加点を続けていたが、ウルブズもウィギンズの得点力のあるところを見せていたね(81-74) 終盤に入ってウルブズのシュートが決まらない時間帯を尻目に、ロケッツはハーデンとカペラが加点を続けるなど、リードを二桁に戻して第3Qを終了出来たよ(88-78 」 シンキ「再びリードを拡げに掛かりましたね。 」 キャット「ビバリーいぬなら俺がとばかりに、テリーがドライブからのレイアップを決めて、また4点リードしたロケッツだが、終盤になるとウルブズはウィギンズにボールを集め、その彼は期待に応えるように加点して追いすがる(101-99 負けたくないウルブズは、ハワードへハック作戦を仕掛け、懸命に流れを変えようとするが、それを見事に断ち切ったのはベテランのテリー。 NBA2014年〜15年シーズンのペイサーズの23試合目、対ラプターズ戦の感想です。 天理ラインアウトから展開もノットリリース。 外の古賀君に回してもおそらく個人技で取りきれたであろう。 日本(とシンガポール)以外の開催地はすべて南半球なので、日本の春・夏にあたるこの時期は、向こうでは秋・冬です。

Next

中村昌也:NBA新シーズンはサンダーが優勝? ゲームでシミュレート済み「いいチーム」と手応え

試合速報 早稲田岸岡君のキックオフで試合開始 コイントスで勝って奥深くへ蹴り込む 松永君のキックが2度ほど早稲田の選手の手にあたる。 NBA2014年〜15年シーズンのペイサーズの39試合目、対76ers戦の感想です。 」 キャット「ジャズ負けちゃったかー(苦笑) ロッタリー指名権が欲しいからホント歯がゆいよね。 またフローターを打たせることで体の接触も減るため、 必然的にフリースローの機会も減り、1試合で平均11. このペースなら今日のゲームは大丈夫だろう。 ナゲッツはオールスターフォワードのが欠場するものの、12月16日(同15日)のペリカンズ戦にセンターで主砲のが戦列復帰し、13得点11リバウンド4アシストと、早速勝利に貢献している。 」 シンキ「第4Qの見通しについてはいかがですか? それとタイムアウト中にもいろんなことやっているんですね(笑)」 キャット「リズム的には悪くないし、ウルブズはターンオーバーが多いから、勝手に自滅する可能性も考えられるよ。 彼も故障ですか?」 キャット「連戦の翌日は休養日みたいよ(笑) レジェンドの特権みたいなものだろう。

Next

記事読み

NBA2014年〜15年シーズンのペイサーズの5 1試合目、対キャバリアーズ戦の感想です。 ここが大きかったです。 そのハーデンがフローターで加点すると、攻守でリズムが悪くなっていたウルブズはタイムアウトを要求へ(89-86) タイムアウト後、ウルブズはロケッツのディフェンスに苦しみ加点出来ない。 私もワオワオ言っておりました。 」 またこの日、ロケッツの エリック・ゴードンと PJ・タッカーのスリーポイントシュートも不調で、計13本中12本のショットを外しています。

Next

NBA プレイオフ1回戦の対戦カードが遂に決定

」 キャット「まあそんなところだな。 その間にロケッツはハーデンが面白いように得点を重ね、結局第1Qは17点までリードが拡がって終了したね(38-21 」 シンキ「こういう時に限って大量リードになるんですよね(笑)」 キャット「だよね(苦笑) いいときはすごくいいんだけど、ダメな時はとことんダメなのが今季のロケッツだったね。 今日絶好調のタッカーはギブソンのチェックを振り切ってスリーを決めた! 次のプレイでウルブズは、ロケッツの怒涛の攻撃にフラストレーションを溜めたクロフォードがポールへ悪質なファール。 ハーデンがここまで得点するのに苦しんだ理由の一つとして、バックスの エリック・ブレッドソーや ジョージ・ヒルらの 徹底したディフェンスがあります。 CJマイルズはペイサーズに加入して、はじめてFG率が50%を超えたのではないでしょうか。 カークも休養十分で動きにキレがあり、密集プレーで活躍しており ボールにも絡らんでいました。

Next

ミルウォーキー・バックス

クラッチは全米でも人気のあるマスコットみたいですよね。 取らせず。 ここから手を緩めずにアルティメットクラッシュ。 ここで流れが完全に切り替わった。 心配なのは相変わらずラインアウトでの不安定さ。 ローソン獲得大失敗のツケだよ。

Next

バックスが20点差からの逆転勝利

NBA2014年〜15年シーズンのペイサーズの68試合目、対キャバリアーズ戦の感想です。 585 1回戦敗退 3, バックス 0 1991-92 31 51. ウルブズもタウンズとティーグを戻してきた。 森島 4 3. NBA2014年〜15年シーズンのペイサーズの47試合目、対ラプターズ戦の感想です。 そして、その他トップリーグと大学生から11名です。 NBA2014年〜15年シーズンのペイサーズの38試合目、対セルティックス戦の感想です。 出すところは出すで良い。

Next