埼玉 県 知事 選挙 予想。 【点描・永田町】思惑が錯綜する埼玉県知事選:時事ドットコム

【埼玉補選】N国・立花氏、上田前知事に“まさかの勝利”はあり得る?コケにされる野党

また、青島氏を推薦する自民党の支持層にも一部食い込み、無党派層からの支持では青島氏をリードしています。 SNSなどを見ていると、行田氏の不出馬にたいして「あやしい」「キナ臭い」といった意見が多く見受けられました。 保守層の基盤が安定している富士見市は、自民、公明両党の推薦を得ている星野氏が、がっちりと票固めをしている。 そんなギリギリまですったもんだしている両名に対して、出馬を断念させられた ? 行田氏は、4月に出馬を表明していて、実は、先日の参院選の不出馬を表明したのは、今年の1月です。 39 42. 44 56. 「上田県政が担ってきたこの埼玉県を、どんなことがあっても後ろに引き戻してはいけない」と声を張り上げ、上田路線の継承を印象づけた。 また、強力なリーダー シップと県内をくまなく歩く現場主義の下、着実に財政状況を回復し、多くの成果を上げてきた。 地元を常に意識した政策を実現• 15秒版と30秒版があり、30秒版では「埼玉県民にリーダーを選ぶ権利があるのか?」という問いに対して、8月25日は埼玉県知事選挙の投票日だと紹介し、「海は無い…空港も無い…だが選挙権はある!」「無関心はださいたま!! 知事選にはこのほか、国民民主党の大野元裕参院議員(55)も立候補する意思を固め、5日午後に記者会見を開く。

Next

【埼玉補選】N国・立花氏、上田前知事に“まさかの勝利”はあり得る?コケにされる野党

浜田氏以外は無所属。 政策にも強い真面目な候補者ではあるが、地域を盛り上げる力には若干欠けるところがあったのだろう。 64 35. 8月8日(木)に告示された埼玉県知事選挙(25日投開票)には新人5人が立候補し、連日厳しい暑さが続く中、選挙戦は最初の連休を迎えました。 立花氏の戦略は明快だ。 46%でした。 電気機器製造販売会社の社員歴もある。

Next

埼玉知事選の「番狂わせ」に悩む安倍1強の弱さ 衆院解散は「来夏の東京五輪後」が軸

コンピューターで無作為に発生させた番号に電話をかける方法で行い、実際に有権者がいる世帯にかかったのは1451件で、うち1015人から回答を得た。 同日夜の時点で家族も面会できていない状態だといい、 陣営の担当者は報道陣に「彼女の将来にも関わるので、本人の意思とは関係なく出馬を断念させる」と話した。 ・6月に大野氏が出馬表明。 必ず投票しましょう。 つまり、上田知事が政治を私物化し、野党も埼玉で人気のある上田知事に乗っかったことになります。 スポンサーリンク 目次• 2019年7月の参院選比例代表で落選した。

Next

【埼玉知事選挙2019】大野もとひろ、青島健太、こうだ邦子、ほか【候補者まとめ】

補選は立花氏 vs. ・怒りの行田氏、動画で青島氏の支持を発表。 具体的には、特別支援学校・児童相談所の拡充に力を入れたいと考える。 そもそも今回知事選は、知事を4期務めた上田氏が、5選を狙って出馬するかどうかが注目されていた。 4期目を務める上田清司知事(71)は5選をめざすかどうか、進退を明らかにしていない。 みずほ台コミュニティセンター2階集会室(20~21日、9~20時)• 星野氏は1期目の水害対策、新型コロナウイルス感染症などで陣頭指揮を執ってきた。 1990年からは在アラブ首長国連邦日本大使館専門調査員として活躍。

Next

埼玉県知事選挙投票率の推移

47 24. 「しがらみのなさ」を掲げて立候補予定だった行田邦子前参院議員(53)が告示直前に出馬を断念したことで、大野陣営は行田票の取り込みを狙う。 児童手当の増額支給• 今の市政よりも私に任せてもらった方がうまくいく」 【 政策・公約】• 現職は上田清司知事で、現在4期目で5選出馬すれば多選批判を浴びるのは必至で、もともと3期12年で退く考えだったそうです。 ・行田氏を陣営が説得。 ネット調査ではスマートフォンアプリのダウンロードユーザーを対象にしたアンケートツールにより実施。 まず、この選挙は、現職が出馬しません。 政治経験が豊富な大野氏が無難という見方が広がる一方で、自公の組織票が青島氏を下支えしているという構図だ。 内部進学で慶應義塾大学法学部政治学科へ入学し卒業後、国際大学国際関係学研究科修士課程を修了する。

Next

埼玉県知事選挙2019開票結果速報 立候補者の公約・経歴・情勢予想

もともと上田氏は自民党の二階俊博幹事長と近い。 49 25. コロナ対策は最優先課題として捉えている。 32 60. 自民、公明の両与党は新顔のスポーツライター青島健太氏(61)を推薦。 96 35. ところが自民党も独自候補擁立を断念して上田氏に事実上相乗りした。 すでに自民党が推す元プロ野球選手でスポーツライターの氏(61)、野党陣営から現職参院議員で元防衛大臣政務官の氏(55)=国民民主党を離党=と、希望の党前幹事長の氏(53)=同党を離党=がそれぞれ出馬表明しており、与野党入り乱れての混戦が予想されている。

Next

埼玉県知事選挙2019開票結果速報 立候補者の公約・経歴・情勢予想

市の緊縮財政の打開策として、企業誘致の積極的な推進• 4k件のビュー 2020年7月10日 に投稿された カテゴリ:• 川口市は自民県連の新藤会長の地元でもあり、政財界の一部では支援を巡り大野氏と青島氏の「股裂き状態」が生じている。 情勢を予想すると、星野氏の再選が確実とみられる。 16年ぶりに新人同士の争いとなった選挙戦は、自民、公明が推薦するスポーツライターの青島健太氏(61)が、上田清司知事と立憲民主、国民民主、共産、社民の各県組織などが支援する元参院議員の大野元裕氏(55)を僅差でリード。 富士見市内でも7月21日発表分まで、24人の新型コロナウイルスの感染者が確認されている。 知事選は25日に投票、即日開票される。 31 晴. そうなれば、青島氏に有利に働くことは間違いありません。

Next