永井龍雲 つまさき坂 歌詞

永井龍雲 つまさき坂 作詞:永井龍雲 作曲:永井龍雲 爪先上がりの坂道で 偶然君と出会ったのは 春の日にしては肌寒く 日射しの頼りない午後の事 うつむき加減に坂を下りて来る君を 僕はもう疾くに立止まり見ていた ふと目を上げたその顔は まるで病葉 わくらば が散るように 微かに揺れた その場に二人は立ち尽くし 暫くは思い出に迷い込む 再びざわめきが戻って来ると 軽く会釈をして通り過ぎた 擦れ違い様のあるなしのそよ風に 君の香水の芳りが漂う 更多更詳盡歌詞 在 それはいつでも君からの 便りにそっとさりげなく 添えられていた 随分君も変わったね 薄く口紅も引いてたみたい お化粧嫌いの君を誰が そんなに自由に操っているのか 徒らに過ぎる時に戸惑いながら 僕はまだ君の面影に逡巡 ためら う 足早に行く君の背は 雲に濾 こ された日の光に 空しく消えた 雲に濾 こ された日の光に 空しく消えた. 爪先上がりの坂道で 偶然君と出会ったのは 春の日にしては肌寒く 日射しの頼りない午後の事 うつむき加減に坂を下りて来る君を 僕はもう疾くに立止まり見ていた ふと目を上げたその顔は まるで病葉 わくらば が散るように 微かに揺れた その場に二人は立ち尽くし 暫くは思い出に迷い込む 再びざわめきが戻って来ると 軽く会釈をして通り過ぎた 擦れ違い様のあるなしのそよ風に 君の香水の芳りが漂う それはいつでも君からの 便りにそっとさりげなく 添えられていた 随分君も変わったね 薄く口紅も引いてたみたい お化粧嫌いの君を誰が そんなに自由に操っているのか 徒らに過ぎる時に戸惑いながら 僕はまだ君の面影に逡巡 ためら う 足早に行く君の背は 雲に濾 こ された日の光に 空しく消えた 雲に濾 こ された日の光に 空しく消えた. posted by 歌にタイトルに 「坂」のつく歌 01.つまさき坂(永井龍雲) 02.無縁坂(さだまさし) 03.雨降り道玄坂(ふきのとう) 04.風の坂道(小田和正) 05.硝子坂 高田みづえ 06.桜坂 福山雅治 07.赤坂の夜は更けて(西田佐知子) 08.長いのぼり坂(長渕剛) 09.無言坂(香西かおり) 10.青春の坂道(岡田奈々) 11.坂道の少女(沢田聖子) 12.あぶな坂(中島みゆき) 13.かげろう坂(西島三重子) 14.あじさい坂(森昌子) 15.出世坂(島津あや) 16.雨の権の助坂(ビートきよし) 17.カルマの坂(ポルノグラフィティ) 18.夫婦坂(都 はるみ) 19.雨のオランダ坂(渡辺はまこ) 20.陽のあたる坂道(Do As infinity). 歌手: 作詞: 作曲: 爪先上がりの坂道で 偶然君と出会ったのは 春の日にしては肌寒く 日射しの頼りない午後の事 うつむき加減に坂を下りて来る君を 僕はもう疾くに立止まり見ていた ふと目を上げたその顔は まるで病葉 わくらば が散るように 微かに揺れた その場に二人は立ち尽くし 暫くは思い出に迷い込む 再びざわめきが戻って来ると 軽く会釈をして通り過ぎた 擦れ違い様のあるなしのそよ風に 君の香水の芳りが漂う それはいつでも君からの 便りにそっとさりげなく 添えられていた 随分君も変わったね 薄く口紅も引いてたみたい お化粧嫌いの君を誰が そんなに自由に操っているのか 徒らに過ぎる時に戸惑いながら 僕はまだ君の面影に逡巡 ためら う 足早に行く君の背は 雲に濾 こ された日の光に 空しく消えた 雲に濾 こ された日の光に 空しく消えた. 爪先上がりの坂道で 偶然君と出会ったのは 春の日にしては肌寒く 日射しの頼りない午後の事 うつむき加減に坂を下りて来る君を 僕はもう疾くに立止まり見ていた ふと目を上げたその顔は まるで病葉(わくらば)が散るように 微かに揺れた その場に二人は立ち尽くし 暫くは思い出に迷い込む 再びざわめきが戻って来ると 軽く会釈をして通り過ぎた 擦れ違い様のあるなしのそよ風に 君の香水の芳りが漂う それはいつでも君からの 便りにそっとさりげなく 添えられていた 随分君も変わったね 薄く口紅も引いてたみたい お化粧嫌いの君を誰が そんなに自由に操っているのか 徒らに過ぎる時に戸惑いながら 僕はまだ君の面影に逡巡(ためら)う 足早に行く君の背は 雲に濾(こ)された日の光に 空しく消えた 雲に濾(こ)された日の光に 空しく消えた. 永井龍雲 ながい りゅううん つまさき坂 作詞:永井龍雲 作曲:永井龍雲 爪先上がりの坂道で 偶然君と出会ったのは 春の日にしては肌寒く 日射しの頼りない午後の事 うつむき加減に坂を下りて来る君を 僕はもう疾くに立止まり見ていた ふと目を上げたその顔は まるで病葉 わくらば が散るように 微かに揺れた その場に二人は立ち尽くし 暫くは思い出に迷い込む 再びざわめきが戻って来ると 軽く会釈をして通り過ぎた 擦れ違い様のあるなしのそよ風に 君の香水の芳りが漂う もっと沢山の歌詞は それはいつでも君からの 便りにそっとさりげなく 添えられていた 随分君も変わったね 薄く口紅も引いてたみたい お化粧嫌いの君を誰が そんなに自由に操っているのか 徒らに過ぎる時に戸惑いながら 僕はまだ君の面影に逡巡 ためら う 足早に行く君の背は 雲に濾 こ された日の光に 空しく消えた 雲に濾 こ された日の光に 空しく消えた.。 。 。

Next

つまさき坂/永井龍雲の歌詞

Next

永井龍雲 つまさき坂 歌詞&動画視聴

。 。

Next

つまさき坂 永井龍雲

Next

つまさき坂 歌詞 永井龍雲 ※ images.dujour.com

。 。 。

Next

つまさき坂 歌詞 永井龍雲 ※ images.dujour.com

。 。 。

Next