米津玄師『Flamingo』歌詞の意味・考察と解釈 ~独創的な歌詞の秘密とは? ~

遊女の前で阿保晒ししてしまう男 御目通り 有難し 闇雲に舞い上がり 上滑り 虚仮威し 口遊み 狼狽に軽はずみ 阿呆晒し 御目通り… 貴人にお目にかかること 上滑り…物事の表面だけを見て、深く考えないこと 虚仮威し こけおどし …見せかけは立派だが、中身のないこと 狼狽に うろたえに …不意を打たれ、驚いたり慌てたりして取り乱す様子 男は遊女のお目にかかれたのですが、舞い上がってしまったようです。 愛想がない ひどくもの静かで寂しい 遊女のサービス時間を終えた後の 主人公 客 の心模様を表しています。

Next

Flamingoの歌詞

続くBメロでは、「半端に稼いだ泡銭 タカリ出す昼鳶」と、ヒット曲を出して有名になり、大金を生み出すようになった自分と、その名声や金に引き寄せられてくる人々を揶揄しています。 「眥」は目じり。 また、男は遊女に対する未練がありながら「畜生め 吐いた唾も飲まないで」と言っており、恨む気持ちもあるようです。

Next

米津玄師 Flamingo 歌詞

なんか、凄い、さらっと、ストンと府に落ちると言うか、リズム好きです!! へんてこでみっともない人間を肯定する あなたフラミンゴ 鮮やかなフラミンゴ 踊るまま ふらふら笑ってもう帰らない 寂しさと嫉妬ばっか残して 毎度あり 次はもっと大事にして 自分自身を「へんてこなもの」「みっともないもの」という米津玄師は、生きづらさや悩みを抱えながらも、素晴らしい表現者として多くの作品を作りだしてきました。 *見受け=芸妓・娼妓などを身の代金を払って年季のすまないうちに、その商売をやめさせること。

石川優子 フラミンゴ

「それ」は「恐ろし」いもので、「ふわふわ浮かんで」消えてしまいます。

Next

Flamingo 歌詞『米津玄師』

この古い日本語は、どこか江戸時代の花魁(おいらん)ことばを連想させます。

Next

米津玄師『Flamingo』深読み〜歌詞の意味と考察〜みっともない自分の死と再生〜

その不毛な争いのことを 笑えないこのチンケな泥試合 他の客たちのことを、 あらましき恋敵 と言っているのかも知れません。

Next

syudou フラミンゴ 歌詞

夜の街で働く女性でしょうか。 蠱惑的かつあれよな、なんかこう、後悔というか弁明というか -- 餅 2018-08-02 07:54:34• 是非合わせてごらんください。

Next

Flamingo 歌詞「米津玄師」ふりがな付|歌詞検索サイト【UtaTen】

米津玄師さん独特の世界観にただただ圧倒されます。

Next