images.dujour.com : 米外交官狙った「音響攻撃」、原因はマイクロ波の可能性大 米専門家委員会

テレビ番組「」が企画を三度試みた他には例がないものの、この偉業を再び実演しようとする幾度かの企画は若干の成功を収めた。 日によって、時間によって、携帯基地局から発生する電磁波が変わるのであれば可能性はありますが。 (CNN) 中国やキューバに駐在する米国の外交官が「音響攻撃」を受けたとされる事件で、被害者が脳に負った損傷は指向性マイクロ波エネルギーの使用による損傷と一致しているという説を、米国務省の要請で原因究明に当たっていた専門家委員会が発表した。

Next

15分でインド軍全員が嘔吐…銃撃せず勝利した中国の秘密兵器

レーザー兵器は通常、短時間に高出力のパルスを生成する。 脳や生体への干渉には、極超長波長~長波の電波と、磁気が利用されるケースが多い 人間の脳波は、極超長波~長波です。

Next

中国、マイクロ波兵器使用か インド軍否定:時事ドットコム

Contents• 敵の親しい兵員達の間に、間接的に思い込みを与える可能性。

Next

米外交官らがキューバで体調不良、マイクロ波攻撃の可能性=米報告書

日本の場合、大陸や半島の勢力に吹き込まれた連中が 公安などのマークを受けていますが、 それば別に監視するだけで、実態はやりたい放題になっています。 また、エルンスト・シャイボルトは他の方法を模索しており、に近いグロスオストハイムにて1943年から「レントゲンカノーネ」が研究された。 この次に、兵装システムはポジティブ・フィードバックループ(促進的にフィードバックを繰り返す回路)を用い、射入と逆のレーザー波を増幅する。

Next

CIA工作員や米外交官も被害。中国が印に使用「マイクロ波攻撃」の恐怖

国務長官マイク・ポンペオは、キューバと中国の医療報告内容は両方とも「完全に一致している」と述べた。

Next

「マイクロ波」という見えない兵器 外交官の不調と関係は:朝日新聞GLOBE+

・一般的な音のように、耳で聞こえないが、身体で感じられる。

Next

中国、マイクロ波兵器使用か インド軍否定:時事ドットコム

また、「指向性エネルギー兵器は中枢神経系を目標として神経生理学的な障害を引き起こすが、これは1980年のを犯す可能性がある。