神奈川県川崎市高津区の郵便番号

から東へ約3km、 から西へ約2. 〒213-0032 神奈川県 川崎市高津区 久地• 363。 品川宿の助郷は負担が重く、何度も免除の嘆願を行なっているが、これが容れられることはなかった。

Next

神奈川県川崎市高津区(さ) 郵便番号:マピオン

川崎市立新作小学校 《小学校》• 〒213-0012• (12年)- 橘村がに編入され、当地は川崎市 末長となる。 1964年(昭和39年)- 杉山神社が火災で焼失(1972年再建)。

Next

神奈川県川崎市中原区の郵便番号

(平成24年)10月1日 - 発足に伴い、郵便事業高津支店を高津郵便局に統合。 14 ち 千年 ちとせ 住居表示未実施地区 ち 千年新町 ちとせしんちょう 住居表示未実施地区 ひ 東野川1・2丁目 ひがしのがわ1・2ちょうめ 住居表示実施地区です。 「稲毛領 末長村」『新編武蔵風土記稿』巻ノ62ノ5、内務省地理局、1884年6月。

Next

神奈川県川崎市中原区の郵便番号

24 2丁目 平成25. (5年)- が当地に立ち寄ったと伝わる。 (平成19年)10月1日 - に伴い、併設された郵便事業高津支店、ゆうちょ銀行高津店に一部業務を移管。

Next

神奈川県川崎市高津区の郵便番号一覧、住所・地名の読み方

〒213-0003 神奈川県 川崎市高津区 瀬田• 1966年(昭和41年)- 東急田園都市線の溝の口駅 - 長津田駅間が開通。 しかし、(15年)に日本光学(現・)が水田を埋め立て当地に工場を設置し、海軍の光学兵器の生産を始めた。

Next

神奈川県川崎市高津区の郵便番号

5 1丁目 平成22. 戦後の1955年(昭和30年)には日本光学の跡地に八欧電機(現:富士通ゼネラル)が進出し、周囲に社宅が建つなど、宅地化が進行していった。

川崎市高津区:主な公共機関・施設・サービス

瑞祥地名であるとする説/村域の形状から生じたとする説/丘陵地帯のある地形から生じた「セナガ」が転じたとする説なお、源義家が後三年の役からの帰途に、当地の奇妙な石を見つけて、弓矢を納めて武運を祈り、この地の民が末永く栄えるように願ったという伝承が、「新編武蔵風土記稿」にも残っている。 〒213-0011 神奈川県 川崎市高津区 久本• 363-364。 1868年(明治元年)- 明治維新。

Next