予告解禁!ジョン・トラボルタ史上最狂!熱狂的なファンの愛が歪みゆくストーカー・スリラー『ファナティック ハリウッドの狂愛者』

All rights reserved. 予告編には、入念に準備をしてダンバーのサイン会に向かうが、ムースの直前でサイン会が中止なってしまうシーン、サインを貰おうと裏で待ち伏せするもダンバーに冷たくあしらわれる場面、ダンバーの家に侵入し、冷蔵庫を物色したり、ダンバーの歯ブラシで歯を磨いたりする様子、「僕はストーカーじゃない!」と叫ぶ姿などが映し出されている。 一見、日々好きなことの為に生きて楽しそうなムースだが、彼の潜在意識の底では自己肯定感が低く、それゆえ承認欲求が肥大化していく。 そして純粋すぎるが故に暴走してしまう。

ジョン・トラボルタが映画オタクのストーカーに スリラー映画『ファナティック』9月公開|Real Sound|リアルサウンド 映画部

憧れは憧れとして、距離感を保っておくっていうのが一番なんだろうね…。

Next

ジョン・トラボルタがヤバいストーカー演じる『ファナティック』、ブチギレて首を締めてしまう劇中カット

なんとかサインをもらおうと裏で待ち伏せするも、ダンバーに冷たくあしらわれてしまう。

Next

ブラッド・ピットがハリウッドの小児性愛犯罪を暴露(日本や世界や宇宙の動向) こーるてん

そのくらいの怪演というか、一世一代の迷演。

Next

ブラッド・ピットがハリウッドの小児性愛犯罪を暴露(日本や世界や宇宙の動向) こーるてん

ハリウッドスターのトラボルタが、自身のキャリアをかなぐり捨てるかのようなストーカー役を怪演し、新境地を見せる。 『ナイト・オブ・ザ・リビング・デッド』を観ていないのかと怒る。

Next

映画『ファナティック ハリウッドの狂愛者』公式サイト

人気俳優ハンター・ダンバーの熱狂的なファンであるムースが、参加したサイン会で冷たくあしらわれたことをきっかけに、次第に狂気に満ちたストーカーに変貌していくというあらすじだ。

Next

【映画みんなの口コミレビュー】映画『ファナティック ハリウッドの狂愛者』の感想評価評判

<ストーリー> ハリウッド大通りでパフォーマーをしながら日銭を稼ぐムースは大の映画オタク。 「ムース無茶するな!」「ムース危ない!」「ムースがんばれ!」「ムースお前は独りじゃない!」「ムース気を付けろ!」「ムース騙されるな!」「ムース!ムース!」そうペンライトを振りながら叫んで劇場のみんなとムースを応援してみたかった。

Next