[家畜伝染病予防法]

家畜伝染病予防法施行令1条• 5.病原学的検査 肝臓の凍結生材料またはホルマリン固定材料から、RT-PCR、ELISA、免疫組織化学染色などによりウイルス核酸またはウイルス抗原を検出する。 2 電子情報処理組織を使用して前項の規定による届出をしようとする者については、第2項の規定を準用する。

Next

家畜伝染病予防法|条文|法令リード

2 前項の畜舎、船車その他これに準ずる施設の所有者は、同項但書の場合を除き、家畜防疫員の指示があるまでは、当該施設を消毒してはならない。 5%、肉用鶏98. ) 都道府県知事の定める箇所(牛及び水牛にあつては、耳を除く。 )の発生を予防し、及びまん延を防止することにより、畜産の振興を図ることを目的とする。

Next

病原体の輸入手続:動物検疫所

ただし、電子情報処理組織を使用して第1項の規定による届出をした者から輸入検疫証明書の交付の請求があったときの当該証明書は、当該届出をした者が別記様式第二十三号に記載すべき事項についてその者の使用に係る電子計算機(入出力装置を含む。

Next

家畜伝染病予防法の改正について

2 前項の規定による命令により実施する検査(ブルセラ病、結核病、ヨーネ病又は伝達性海綿状脳症に係るものに限る。 (と殺に関する指示) 第十九条 家畜防疫員は、家畜伝染病のまん延を防止するため必要があるときは、第十七条の命令又は前条の届出に係る家畜につき、殺す場所又は殺す方法を指示することができる。

Next

家畜疾病図鑑Web

)の種類、性及び年齢(不明のときは、推定年齢) 五 新疾病にかかり若しくはかかつている疑いがある家畜又はこれらの死体の所在の場所 六 発見の年月日時及び発見時の状態 七 発病の推定年月日 八 その他参考となるべき事項 (新疾病についての届出義務の除外)第六条 法第四条の二第二項の農林水産省令で定める場合は、指定検定機関が医薬品医療機器等法第八十三条第一項の規定により読み替えて適用される医薬品医療機器等法第四十三条第一項の検定のため係留する家畜が当該検定のため新疾病にかかり、又はかかつている疑いがあることを発見した場合とする。

衆法 第201回国会 2 家畜伝染病予防法の一部を改正する法律案

第5章 病原体の所持に関する措置(第46条の5 - 第46条の22)• 一 鶏の初生ひなにおけるその病原体のicpi(脳内接種試験により得られた病原体の病原性の高さを表した指標をいう。 3 第一項の規定による検査は、動物検疫所又は第三十八条の規定により指定された港若しくは飛行場内の家畜防疫官が指定した場所で行う。

Next

「家畜伝染病予防法施行規則の一部を改正する省令案」に対するパブリックコメントを提出しました。

)を把握するための家畜防疫員の検査を受けるべき旨を命ずることができる。

Next

家畜伝染病予防法の全文・条文

第59条 - の負担• 2 前項の公示には、の規定を準用する。 (検疫信号)第三十九条 外国から入港した船舶であつて指定検疫物(郵便物として輸送されたものを除く。

Next