ことわざ/竹馬の友(ちくばのとも)とは?

まさに「竹馬の友」とは「良きライバル」であったということが理解できます。 この二人は、若い時から競い合ったライバルだったんだな~~ 「殷浩」が順風だった時の言葉。 「たけうま」は誤り 「竹馬の友」は竹でできた昔の遊具「竹馬」と書くために、「たけうまのとも」と読み間違えてしまうこともあるでしょう。

Next

竹馬の友は誰の言葉?由来と意味は?英語表記と例文を考えてみた!

今でこそ竹馬の友は「仲のよい幼馴染」という意味になっていますが、元々の意味合いでは、自分の後塵をいつも拝していたやつだった、という意味になります。

Next

桓温~断腸の思い、竹馬の友の故事で有名な東晋の武将~

今、私たちが「幼なじみ」として使っている「竹馬の友」という言葉の使い方。 「竹馬の友」は竹でできた遊具「竹馬」と書きますが、「たけうまのとも」ではないため、読み間違えないように気を付けましょう。

Next

ことわざ/竹馬の友(ちくばのとも)とは?

二人はそろって偉大な人物となったわけです。

Next

「竹馬の友」の意味とは?読み方や語源、類義語も(例文つき)

つまりは、 昔から一緒に遊んでいた友人ということです。 この時桓温はこう言ったという。 たとえば、、、、、など。

「竹馬の友」って正しく読める?

【意味】 気の知れた幼ななじみの事。 その一方で東晋の軍団は北方より流入してきた人たちによる北府と外戚であった庾一族の率いる西府の2つに分裂しており、お互いがお互いをけん制しあっている状態がつづいていた。 竹馬の友の存在が人生を豊かなものにしてくれるようです。

Next

【友達】刎頸の友、杵臼の交わり、竹馬の友、知音、肝胆相照らす

「美名を後世に流す事は出来ぬならば、悪名を万世に残すべし」 これは桓温が遺したとされる言葉だが、この言葉にこそ桓温という人間がよく表れていると言えるかも知れない。 激しい戦闘を潜り抜け長安近郊までやってきた桓温であったが攻めきれず、一度荊州の都襄陽まで引き返した。 晋というのは結局のところ一人の名君も出なかった王朝である。

Next

「竹馬の友」って正しく読める?

これらは、読めているつもりでじつは間違っていた!ということが起きやすい日本語の代表格と言えるでしょう。 「竹馬の友」の言い換え、反対、似た言葉 【同義語】 — 【類義語】 騎竹の交わり/竹馬の好/鳩車竹馬の友 【対義語】 —. (たまたま、私の勤務する会社と、友人の勤務する会社との取り引き担当での機会を得る。