【薬屋のひとりごと】8巻(1話~10話)のネタバレ情報満載!!

そして見事2連勝を飾る羅漢、ハラハラして見つめる壬氏。 それにしても面白いですよね! 絵が綺麗でかわいい! といっても、最初はタイトルにあまり惹かれず敬遠していました。

Next

【薬屋のひとりごと】8巻(1話~10話)のネタバレ情報満載!!

翠苓(スイレイ) 19歳。 また、個人としては善良な部類で職務上は関わる対象はともかく、罪もない者が理由もなく理不尽な目に遭うことには気に病む質。 17歳。

Next

薬屋のひとりごと

公開されている話数は少ないですが、スクエニ版で割愛された部分も含めて、こちらの方がより先の方までストーリーは進んでいます。 それもハンデを断った上で賭けとルールを決めた。 驚く壬氏だったが酒に入れたのは吸収をよくする砂糖と塩で、羅漢が下戸なことを告げる。

Next

【薬屋のひとりごと】第6巻28話(後):ジンシ、目的地に到着【ネタバレ感想】

でも、漫画では未だに明らかにされていない以上、皇帝の弟ではない可能性もある。 噂話と甘いお菓子が好きで色々な情報を仕入れてくるため、猫猫はお菓子を餌に聞き出すことが多い。

Next

【薬屋のひとりごと】第6巻28話(後):ジンシ、目的地に到着【ネタバレ感想】

また、 子猫の少女といった見た目の猫猫が使う渋い言葉遣いも『ギャップ萌え』といった感じで、魅力的に見えること間違いなしです! 背景に描かれる後宮の風景など、『薬屋のひとりごとワールド』にはまってしまうのは時間の問題。

【薬屋のひとりごと】壬氏と猫猫のキスは何話?小説5巻ネタバレ│アニドラ何でもブログ

花街で薬屋をしていたが森で薬草を探している所を誘拐され、後宮に売られてしまう。 佩芳(ベイファン) 音楽の才能があった先帝の中級妃。 翌日、柘榴宮にやってきた壬士と高順。

Next

薬屋のひとりごと最新刊レビュー。2種類のマンガと小説との違いも解説【ネタバレなし解説】

小蘭の爪に紅を塗る爪紅、花街でのお洒落に喜ぶ小蘭と遠巻きにそれをみて興味を見せる水晶宮宮女たち。 これだけの情報を聞けば、ジンシは『マオマオのオヤジさん』が誰なのか特定できると思います。

Next

【薬屋のひとりごと】壬氏と猫猫のキスは何話?小説5巻ネタバレ│アニドラ何でもブログ

『砂欧編』からは医官手伝いとして宮廷で働く。 無料期間内に解約をする 解約すること前提で31日間無料で楽しむも良し、気に入ればもちろん続ければ良し! にユーザー登録して損することはないと思いますので、是非お試しください。

Next